あおられる側にも原因あり!? 「あおられないための運転術」車間距離開けすぎ 追い越し 車線居座りは避けるべし!

あおられないための運転術 あおられる側にも原因あり!? 車間開けすぎ追い越し車線居座りは避けるべし!

 土日に首都高を走っていると、後ろからあおられていたり、遅いクルマを左から抜いてまた右側を走行する、といった光景をよく見かけます。

 その一方で、朝夕の通勤ラッシュ時には、極端に短い車間距離で前のクルマがブレーキを踏んだら追突しそうなクルマもよくみかけます。

 そこで、どんな運転をするとあおられるのでしょうか? そしてあおられないためにはどのような点に注意すべきなのでしょうか?

文/高根英幸
写真/警察庁、AdobeStock(トップ画像=yamasan@AdobeStock)

【画像ギャラリー】その車間距離で大丈夫!? あおる人を近づけないため&自分と周囲の安全のための運転術(5枚)画像ギャラリー

■あおっている側には自覚がない?

あおり運転がなくならないのは、自分がやっている行為があおり運転だという自覚が欠落しているというのも一因かと思われる(Imaging L@AdobeStock)

 厳罰化されたにもかかわらず、いまだになくならないあおり運転。それは妨害運転罪の制定を知らないというのではなく、自分がやっている行為があおり運転だという自覚が、そもそも欠落しているのではないだろうか。

 クルマは動かせ方ひとつでトラブルの引き金となってしまう。そう、あおり運転をするドライバーの中には、日頃のストレスをクルマの運転によって、それも周囲のドライバーに対して攻撃的な行動を起こすことによって憂さ晴らしをしてしまう人もいるからだ。カッとなって頭に血が上り、感情を抑えられずあおり運転をする人もいる。

 ヘッドライトの点滅やハザードランプの点灯などと同様、ハンドル操作やペダル操作によるクルマの動きでコミュニケーション(態度を示す、という意味で)を取ろうというのは分かるが、あおり運転は完全に「クルマによる暴力」だ。

 「クルマ同士が接触していなければいいじゃないか」というのであれば、街中で金属バットを振り回しても、誰にも怪我をさせないのであれば罪に問われないと言っているのに等しい。現実は暴行罪であり、クルマの場合はバイクや自転車、歩行者に幅寄せをした時点で暴行罪が成立するのだ。

 免許を取得していながら、そんなことも理解していない(教習所もこのあたりを厳しく教えるべきだ)ドライバーが存在することが本来は異常なのであり、もっとドライバーは運転の責任を自覚するべきだろう。

 一方で、あおり運転をされるほうのドライバーにも問題はある。あおり運転をするドライバーが悪いのは明白だが、そうしたドライバーにトリガーを引かせてしまうきっかけを作るドライバーのほうにも自らの運転を見直してほしいのである。

■あおられる側は周りの交通状況に気づいていない?

あおり運転のターゲットとなるドライバーは、車間距離をとり過ぎていたり、追い越し車線を制限速度を守って延々と走り続けたりと、周囲の状況が把握できていない場合が多い(metamorworks@AdobeStock)

 車間距離は本来、安全のために確保するもので、個人差はあるが距離を取り過ぎているのは無駄ということや、むしろ危険ということは断じてない。しかし弊害もあるのは否めない。

 あまり車間距離をあけすぎると後続のドライバーが、イライラする原因にもなる。特に片側2車線の道路の場合、車間距離を空けていると隣の車線からどんどんクルマが入ってくることになると、後続のドライバーは損した気分にさせられるのだ。

 これが前走車のドライバーに対しての怒りになり、あおり運転のトリガーになってしまうことになる。

 そんな状況になっていることや後続のドライバー、対向車に対して配慮ができないドライバーは残念ながら一定数は存在するようだ。

 もちろん、前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るように挑発する行為は法令違反となり、車間距離保持義務違反に相当する。

 他にも制限速度を守って追い越し車線を走り続けるような、周囲の状況が把握できていないドライバーがよく標的になる。あおり運転の多くは追い越し車線を譲らずに走り続けることがきっかけで発生しているのだ。

 追い越しが終わって安全に走行車線に戻れる状況にあるにもかかわらず、その車線をずっと走り続けると、たとえ法定速度以内であっても「通行帯違反」となり、違反点数1点で反則金6,000円(普通車)が科せられるのを忘れてはならない。

 高速道路や車線が2車線以上ある道路では、左側車線が走行車線、右側の中央寄りの車線は追い越し車線と規定されている。

 道路交通法では、「車両は車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければいけない」と記載されている。通常は走行車線を走り、追い越し時には追い越し車線を使って前走車を追い越した後、速やかに走行車線に戻るのがルールでありマナーなのだ。

 一方、追い越し車線はどれくらい走り続けていると違反になるのだろうか。 目安は2kmとなっているようだが、実際には2Km未満でも摘発されることもある。

 ちなみに、追い越し車線に前のクルマが走り続けているかといって、左車線からの追い越しは、追い越し違反になり、違反点数2点で反則金は9,000円になるので注意が必要だ。

次ページは : ■安全かつ現実的な車間距離を把握する

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ