「寒いし面倒だからいいか」は大惨事を招く!! セルフスタンドで静電気除去パッドに触れずに給油は絶対NGな理由

「寒いし面倒だからいいか」は大惨事を招く!! セルフスタンドで静電気除去パッドに触れずに給油は絶対NGな理由

 クルマのドアノブに触れた瞬間に「バチッ」とする静電気。誰でも経験があるのではないでしょうか。駐車場で起こる場合は、ドキッとしてちょっと痛いくらいで済みますが、これがスタンドで給油中に起こると、ガソリンに引火する可能性があり、非常に危険です。

 これを回避するため、ガソリンスタンドには、静電気除電パッドが装備されていますが、急いでいたりすると面倒で端折ってしまう人もいるようです。静電気除去パッドの効果と、触れずに給油する危険性について、ご紹介します。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:写真AC_ grace7777minori/写真AC_こぬぬこ
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】ガソリンスタンドの静電気除去パッドの効果と、触れずに給油する危険性(7枚)画像ギャラリー

冬は静電気が発生しやすく、逃げにくい

 1998年にセルフスタンドが解禁され、多くのガソリンスタンドでユーザー自身が給油できるようになりました。ただこれを機に、給油中の静電気による火災事故が散発することに。給油する際、ユーザーの人体に帯電していた静電気がクルマの給油蓋など金属部に放電し、その火花によって給油口周辺に浮遊するガソリンの蒸発ガスに引火してしまっていたのです。

 総務省消防庁の報告書では、2001年からの5年間で、セルフスタンドで人体に帯電した静電気を十分に除去しなかったことによる火災が18件発生。18件の内訳は、給油キャップを開けた際の着火が6件、給油中に着火(再開時、終了後を含む)が12件です。また、火災発生は冬場に集中し、6月から9月の暖かい期間には1件も発生していませんでした。

 静電気は、異なる物質が擦れ合うときの摩擦で発生します。冬は、静電気が発生しやすい服を重ね着するので、それだけ静電気が発生しやすく、また、冬は空気が乾燥しているため、空気中や物質表面に付着する、導電性の高い水分量が減るので、人の体に帯電した静電気が逃げにくいのです。

冬は、重ね着するため静電気が発生しやすく、空気の乾燥によって帯電した静電気が逃げにくい。そのため、金属などに接触すると、一気に放電が発生(PHOTO:Adobe Stock_komta)
冬は、重ね着するため静電気が発生しやすく、空気の乾燥によって帯電した静電気が逃げにくい。そのため、金属などに接触すると、一気に放電が発生(PHOTO:Adobe Stock_komta)

ガソリンは寒い冬でも簡単に引火する

 人間の体は静電気を溜め込みやすい性質があります。普通の日常生活でも、例えば、歩いている時は靴の裏と繊維系のカーペットなどが何度も擦れ合いますし、着ている服も擦れ合います。クルマを運転中も、運転操作によって服とシートが擦れ合うなど、人体は知らないうちに静電気を溜め込んでいるのです。

 静電気は、導電性の高い金属などに接触すると、一瞬のうちに電気が流れて消失します。静電電圧は、数千ボルトに達することもありますが、帯電している静電気の量が少なく、電流量も少ないので、多少の痛みを感じることはあってもそれほど危険ではありません(一般的な100V供給電源のように電流が供給され続ける場合は、人体に大きな被害を与えて非常に危険です)。

 静電電圧が高いとき、金属などとの間隙が狭くなると、接触する前に空気中で絶縁破壊を起こし、空中に火花が飛びます。これが、静電気による放電で、エンジンの点火プラグの火花放電と同じ現象です。この火花が、冒頭で説明したように給油口付近で飛ぶと、周辺のガソリン蒸発ガスに引火して、最悪の場合に発火に至る場合があるのです。

 ガソリンは、低温でも蒸発しやすく、点火源を近づけて発火する引火点は、マイナス40度以上です。マイナス以下の寒い冬でも、キャップを開けたガソリン給油口付近には、人間の目には見えませんが、ガソリンの蒸発ガスが数十cm内に浮遊しており、ガソリン蒸発ガスの空気との混合気濃度が可燃限界内であれば、着火する恐れがあるのです。ちなみに、着火する可燃混合気濃度(ガソリン蒸発ガスの体積/混合気の体積)は、1.4%~7.6%です。

目に見えないが、給油口付近にはガソリンの蒸発ガスが浮遊。ここに、静電気による火花が飛べば、着火して火災に至るリスクが(PHOTO:写真AC_テクスチャ写真素材LA)
目に見えないが、給油口付近にはガソリンの蒸発ガスが浮遊。ここに、静電気による火花が飛べば、着火して火災に至るリスクが(PHOTO:写真AC_テクスチャ写真素材LA)

次ページは : 静電気除電パッドは、静電気をアースに流す役目

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!