レクサスSUV選びは悩ましい? ハイブリッドのRXかBEVのRZ……あなたはどっち!!

レクサスSUV選びは悩ましい? ハイブリッドのRXかBEVのRZ……あなたはどっち!!

 レクサスブランドで人気のスポーティSUVであるRXは、2022年11月にモデルチェンジを行い、ガソリン車とハイブリッドからプラグインハイブリッドまでをそろえている。そして2023年3月30日に、EV専用SUVのレクサスRZ450eが発売された。サイズ感も雰囲気も似たこの2車種の違いはどこにあるのだろうか?

文/渡辺陽一郎、写真/奥隅圭之、平野学、トヨタ

■EV専用で前後モーターによる4WDのRZ

EV専用のSUVとして登場したレクサスRZ450e
EV専用のSUVとして登場したレクサスRZ450e

 最近はSUVと電気自動車の新型車が増えた。この2つの要素を併せ持つ車種も多く、直近ではレクサスRZが登場した。プラットフォームはトヨタbZ4X&スバルソルテラを基本に、改善を加えている。

 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2850mmだから、bZ4Xやソルテラと等しい。ハイブリッドを用意しない純粋な電気自動車だ。

 レクサスRZは、前後にモーターを搭載する4WDで、動力性能はbZ4Xなどの4WDとは異なる。RZの最高出力は、フロントモーターが150kW、リヤモーターは80kWだ。

 bZ4Xは、前輪駆動の2WDではフロントモーターの最高出力が150kWだが、4WDになると前後輪ともに80kWになる。RZは150kW+80kWだから強力だ。

 RZの駆動用リチウムイオン電池は、総電力量が71.4kWhで、この数値はbZ4Xと等しい。RZは1回の充電で500km以上を走行できることを目的としている。bZ4Xの4WDは540km(20インチタイヤ装着車は487km)になる。

 RZのボディサイズは、全長が4805mm、全幅は1895mm、全高は1635mmで、試乗したプロトタイプのバージョンLは、20インチタイヤを装着していた。車高の高いSUVスタイルになる。

 電気自動車にはSUVが多いが、その理由は、全高の高いボディによってリチウムイオン電池を床下に搭載しやすいからだ。天井の低いセダンでは、電池の搭載で床が高まると、室内高が不足する。

 シートの座面と、床の間隔も狭まり、腰が落ち込んで膝の持ち上がる着座姿勢になる。しかし全高を1600mm以上に設定したSUVなら、この問題を解決できる。窮屈な座り心地にならない。

 そのために日産アリアもSUVだ。サクラは軽自動車だが、基本的なボディ形状はデイズと同じだから、全高は1600mmを上まわる。従ってリチウムイオン電池を床下に搭載しやすい。

次ページは : ■人気のレクサスRXとサイズ感が近いRZ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!