もしかして世界一!? 無料の国もあるのに…日本の高速料金高すぎ問題

もしかして世界一!? 無料の国もあるのに…日本の高速料金高すぎ問題

 自動車を取り巻く料金は色々と「高い!」と言われている。高いと感じるものは様々だが、自動車関係の料金の中でも、海外から日本に来た人が驚かされるのが高速道路の料金だそうだ。日本の高速道路料金は諸外国に比べてどれほど高いのだろうか?

文:西川昇吾/アイキャッチ:moonrise-stock.adobe.com/写真:Adobe Stock、TOYOTA、NISSAN、SUBARU

高いと感じるけど1kmあたりの料金ってどれくらい?

普通車の高速料金は基本料金の150円に1kmあたりの料金×利用距離で計算(moonrise-stock.adobe.com)
普通車の高速料金は基本料金の150円に1kmあたりの料金×利用距離で計算(moonrise-stock.adobe.com)

 NEXCO中日本のホームページを見ると1kmあたりの料金は普通車で24.6円とされている。基本料金として150円が存在し、これに24.6×距離が料金として上乗せされる訳だ(消費税は別)。

 なお、東京・大阪の大都市近郊区間は29.52円。恵那山トンネルや飛騨トンネルなどの長大トンネル区間は39.36円となっている。ちなみに端数は四捨五入されて10円単位での料金設定とされる。

■無料の国も!! ヨーロッパも格安だった

ドイツやアメリカでは基本的に高速道路が無料となっている(eunikas-stock.adobe.com)
ドイツやアメリカでは基本的に高速道路が無料となっている(eunikas-stock.adobe.com)

 では24.6円/kmという料金は海外と比べて高いのだろうか? はっきり言えば高い。まず、高速道路が無料となっている国も多い。代表的な例で言えばドイツのアウトバーンやアメリカのフリーウェイだ。大型車など一部車種や区間が有料な場合もあるが、ほとんどがまだまだ無料だ。

 もちろん、高速道路料金が発生する国もある。フランスやイタリア、スペインなどだ。しかし、これらの国も日本に比べれば安い料金となっている。

 国土交通省の資料によるとフランスは2017年度末時点で15.6円/km、スペインは13.4円/km、2016年度末の時点でイタリアは平地部が8.7円/km、山地部が10.3円/kmとなっている。なお、1ユーロ120円での計算だ(2019年の資料であるため)。

 レートの違いこそあるが、現在の日本の高速道路料金の半分から2/3程度の料金と言えるだろう。

次ページは : ■なんで有料!? そもそもこんな高いワケって?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!