VW新型Tクロス&最新ゴルフ年内発売!!! これすげえ売れそう!!

 日本で最もポピュラーな輸入車「フォルクスワーゲン ゴルフ」と、同車が繰り出す最小型SUV「Tクロス」が、いよいよ日本上陸! 注目の出来栄えは?

 2019年に日本国内で1万9524台を販売した定番輸入車、フォルクスワーゲン(VW)ゴルフが、ついに通算8代目の新型へ! すでに欧州では発売が開始されており、日本導入も間近となっている。

 そして、そんなVWの新鋭が、同社で最も小さいSUVのTクロス。国内SUV販売No.1ホンダ ヴェゼルよりもさらに小型なだけに、まさに日本にもジャストなサイズ感の注目SUV。こちらはすでに日本国内で2019年11月より発売済だ。

 日本になじみ深いVWの二大巨頭は、果たしてどのように仕上がっているのか? 

文:ベストカー編集部、塩見智
写真:西尾タクト、VW
ベストカー 2020年1月26日号

【画像ギャラリー】サイズ感はどのあたり?? Tクロス&新型ゴルフと競合車を比較


ヴェゼルより小さい!! VW最小SUV「Tクロス」の出来栄えは?

VW 新型Tクロス。全長4115×全幅1760×全高1580mm
エンジンは直3・1Lターボを搭載。WLTCモード燃費は19.3km/L

 カタヒジ張ってないのがいいんだよね、Tクロス。

 VWの末っ子SUVで、お兄さん格となるのは「ティグアン」、そして2020年中に日本導入が決定している「T-ROC」が“ちぃ兄ちゃん”。SUVだけどFFだけで4WDの設定がないのだけど、現実的に4WDを選ばないSUVユーザーが多いのだから、別にそれでいいという割り切り。

 全長4115mm、全幅1760mm、全高1580mmでサイズ的にはロッキー/ライズをひと回り大きくして背を低くした感じ。直3、1ℓターボエンジンを搭載するってのもロッキー/ライズと同じだ。

「カタヒジ張っていない」という印象をまさに体現したカジュアル感があるインテリアが、Tクロスの真骨頂

 ドアを開けるとオレンジの差し色が施されたインパネはアソビ心があって楽しい。7速DCTのセレクターレバーは、オーソドックスなシフトレバータイプで、パーキングブレーキはレバー式なのでオジサンドライバーにも違和感なし。

 でも、LEDを使ったメーターパネルやタッチパネルのモニター画面は最先端のイメージで、使い勝手も良好。そうそう、USBポートは前後に4つ備わってるのでスマホやらの充電にも困らない。

 シートに座った感じやステアリングを握った印象はVW車そのもの。ガチッとした剛性感を感じさせながらも操舵力自体は軽快で、でも接地感をしっかりと伝えるフィーリングはゴルフやベースとなっているポロなどと同じで安心感を感じさせてくれる。

3気筒の1Lターボというスペックながら、トルクフルでレスポンスのようにエンジンとトランスミッションで、走りも機敏なTクロス

 直3、1Lターボエンジンは最高出力116ps/最大トルク20.4kgmというスペック。アイドリング付近ではちょっと3気筒らしいブルブルブル……という振動を伝えるけれど、1500rpmも回っていれば気になる振動は感じない。

 このあたりの回転域からグググググっとトルクが立ち上がって、おおッ速い! と感心する。けっこうパワフルなのよ、実際。7速DSGの繫がりもよく、ストレスフリーに街中から高速道路までスイスイ走る。

 本格的な不整路や雪道走行の機会は少ないけれど、普通のコンパクトカーじゃあ面白くないって人、Tクロスに注目だぞ!

【編集部】

輸入車ド定番!! 新型ゴルフは年内にも日本導入

通算8代目となる新型ゴルフ。全長4284×全幅1789×全高1456で、エンジンは1.5Lガソリンターボと2Lディーゼルが主力

 東京からポルトガルまでひとっ飛びして8世代目となるVWゴルフ国際試乗会へ参加した。

 ゴルフが長年Cセグメントハッチバックのベンチマーク的存在であることは言わずもがな。世界中のFFハッチバックが目標としてきた。1974年、ビートルに代わるフォルクスワーゲン=国民車として初代が発売され、現在までに世界累計3500万台以上が発売された。

 新型は現行の7代目が初めて採用したエンジン横置き用モジュラープラットフォーム「MQB」を引き続き採用。ただし、一部モデルのフロントサブフレームをアルミ化するなど各部に改良が加えられている。

リアにまわると現行モデルのスタイルと近く、キープコンセプトであることがわかる。ガラリと変わったフロントとは対照的にボディラインは現行を踏襲

 サイズは現行モデルとさほど変わらないが、26mm長く、36mm低い(ドイツ仕様同士の比較)。全高を低めたのは空力性能向上のため。それによって前面投影面積を小さくでき、Cd値も0.3から0.275へと向上させ、空気抵抗を減らし、燃費を稼いでいる。

 低さによってややスポーティな印象を得たものの、スタイリングに新鮮味はあまりない。LEDヘッドランプを駆使してシャープな見た目を目指しているのは感じる。

 歴代ゴルフを見ればわかるが、世界中で街の風景の一部になるほど売れるこのクルマに奇をてらったスタイリングはふさわしくない。

 ドイツ本国はじめ欧州各国では実に幅広いエンジンラインナップを展開するが、2020年後半以降に予定される日本導入時に設定されるのは、1.5L直4eTSIエンジン(ガソリン)と2.0L直4TDIエンジン(ディーゼル)の2種類だ。

相変わらず高いボディ剛性と乗って感じる上質感

動力性能そのものは現行モデルを踏襲しているものの、スムースさが増した新型ゴルフ

 現地でその両方に乗ることができた。従来のTSIに「e」が加わった新ガソリンエンジンは、48ボルトの電源システムを用い、通常のオルタネーターに代えて若干の駆動アシストと減速エネルギー回生に活用するスタータージェネレーターが付くもの。

 走らせてみると、まず発進がスムーズ。アイドリングストップからのエンジン再始動は、かかったことに気づかないくらい振動がない。ブレーキペダルをリリースするとエンジン音がするものの、EVのようにスルスルと発進する。

 力強さそのものは現行型が積む1.4L TSIと大きくは違わない。TDIはさらに現行モデルに近い挙動を見せる。ただしエミッション対策が進化した。

 エンジンを問わず、静粛性が向上し、乗り心地もさらによくなった。車体剛性感は相変わらず高く、ドイツ車らしさを味わうことができる。全体から〝モノのよさ〟が漂うのは歴代に通じる魅力だ。

インテリアはコンサバながら音声認識システムをはじめ、最新のデバイスがふんだんに盛り込まれている

 モデルチェンジのキモは動力性能面ではなくデジタライゼーションだ。インパネのスイッチの数は大幅に減り、多くを中央部のタッチスクリーンで行うようになった。

 スマホの操作が苦手という人は新型のUI(ユーザーインターフェース)をあまり好まないかもしれないが、「ハローフォルクスワーゲン」で起動する音声認識システムが備わるので「温度を上げて」とか「吉幾三をかけて」などと声で操作すれば問題ない。

 本国仕様にはインフラや他車とリアルタイムの情報をやり取りして事故予防に役立てる「CAR2X」という車々間通信および路車間通信システムが備わるのだが、通信環境が異なるため日本仕様には(少なくとも当面は)実装されない。

 その出来栄えに満足して帰国したのだが、本国で2019年12月に登場したのに日本導入が丸々1年後以降というのは待たせすぎだ。前倒しを望む。

【塩見智】

【画像ギャラリー】サイズ感はどのあたり?? Tクロス&新型ゴルフと競合車を比較

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ