新たなBMW人気を獲得したホモロゲモデル BMW M3 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回は1987年登場のBMW M3取り上げます。BMWが欧州各地のツーリングカー選手権制覇を狙い、グループAのホモロゲーションモデル(モータースポーツへの参戦を前提に開発された車種)として開発されたのがM3。M1や635CSiに搭載された3.5L直6エンジンから2気筒切り取った2.3L直4エンジンを採用した新世代のモータースポーツ直系モデルでした。このM3とメルセデスベンツの190 2.3-16の対決がドイツツーリングカー選手権(DTM)を大いに盛り上げることになります。’86年10月26日号初出の徳さんのミュンヘンでの試乗記を振り返りましょう。

※本稿は1986年9月に執筆されたものです
文:徳大寺有恒
ベストカー2016年8月10日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


■フォアのM3で、果たしていいのか?

 モータースポーツで高い技術を磨き、自社のクルマの優秀性を証明する。メルツェデスはこのモータースポーツを大いに活用し、今日の座を得たことは有名だ。

 そしてBMWもかつてヨーロッパツーリングチャンピオンシップを取り、その後フォーミュラ2、フォーミュラ1に進出して一時代を築いたことは、まごうかたなき事実だ。

 BMW M3はツーリングカー選手権を勝つために生まれたホモロゲーションモデルである。しかし、“BMWはストレート6に限る”、私もそう思っている。V12ならともかく、フォアが主役になることは、まず考えられない、そう思っていたわけだ。

 M3はフォア、しかも1気筒が約600ccという大きさだ。フォアにすれば高回転が可能になる。むろん間違いではない。しかし、ストレート6もまた高回転に有利なファクターを持っているではないか。もちろん、モータースポーツで勝つためにはエンジンが軽く、コンパクトにできることは有利であろう。フォアがいいこともわかる。

なんといっても大きく張り出したブリスターフェンダーとリアスポイラーがM3の特徴
なんといっても大きく張り出したブリスターフェンダーとリアスポイラーがM3の特徴

 とにかくこのエンジンでヨーロッパのさまざまなツーリンカー選手権で勝とうというのだ。もちろん、ライバルはメルツェデス190E 2.3-16となる。

 M3のエンジンはM1や635CSiに搭載されたM88から2気筒を取ったもので、ボア×ストロークは93.4×84.0mmとM88とまったく同じ。シリンダーヘッドの形状も同じである。圧縮比は10.5:1でBMW=ボッシュのデジタルエレクトロニクスでコントロールされる。

 パワーアウトプットは200馬力、24.0kgm(後に導入される日本仕様は195馬力、23.4kgm)である。組み合わされるトランスミッションは5MTでシフトパターンはローギアが左下で、Hパターンを形成するレーシングスタイルだ。

(上)M88型直6、3.5Lから2気筒切り取った2.3L直4エンジンの最高出力は日本仕様で195ps。ちなみに当時のBMW F1マシンはM88型
にターボを搭載したもの(下)トランスミッションはクロスレシオの5速MTが与えられた
(上)M88型直6、3.5Lから2気筒切り取った2.3L直4エンジンの最高出力は日本仕様で195ps。ちなみに当時のBMW F1マシンはM88型
にターボを搭載したもの(下)トランスミッションはクロスレシオの5速MTが与えられた

■レーシングカーを思わせるレスポンス

 ビッグボアの4シリンダーエンジンは中速までけっしてスムーズとは言えない。特に3000回転付近はヴァイブレーションも大きい。

 しかし、そいつが問題とは誰も考えないだろう。5000回転以上のシャープな吹け上がりとスムーズネスは文字通りレーシングエンジンのような鋭いフィーリングなのだ。

 そして、この高回転のフィールはストレート6のM88とはまったく異なり、レーシングカーを思わせるレスポンスとサウンドなのだ。

 これならフォアでも文句は言えないと思ってしまう。

 リッターあたり80馬力という数字は凄い。日本車のDOHCエンジンにはとうてい望み得ないものだ。

 トップギア2000回転でも充分走ることができるが、こいつの真価は、やはり5スピードギアボックスを駆使してレブカウンターの針を5000回転以上にはり付けておくところにある。

 それにしてもこのギアレシオは見事である。エンジンももちろん違うが、325iなどと決定的に異なるのは、このスポーティなギアレシオにある。このギアのおかげでM3はまことにスポーティに走れるし、エンジンを楽しむこともできるのだ。

DTMでM3はメルセデスベンツの190E 2.3-16と激しく争い、ドイツのモータースポーツを牽引していくことになる
DTMでM3はメルセデスベンツの190E 2.3-16と激しく争い、ドイツのモータースポーツを牽引していくことになる

■コントローラブルなハンドリング

 M3のサスペンションレイアウトは基本的には3シリーズと同じである。しかし、フロントのジオメトリーはまったく違うし、リアも強化されている。

 M3のスティアリングは意外にスローだが、コーナーへの切り始めのフィールは生産型よりもずっといい。このターンインのシャープさに比べ、リアはやや早めに滑り出す。しかし、25パーセントのリミテッドスリップディフのおかげもあって、そのコントロールはとてもやさしい。古典的というかきわめて安全でコントローラブルだ。

M3 スポーツエボリューション。DTMのレギュレーション変更で2.3Lから2.5Lになった最終仕様で最高出力は238ps。可変式となったリアスポイラーが外観上の変更点だ
M3 スポーツエボリューション。DTMのレギュレーション変更で2.3Lから2.5Lになった最終仕様で最高出力は238ps。可変式となったリアスポイラーが外観上の変更点だ

 BMW M3は従来の“スポーティな乗用車BMW”ではなく、ハッキリとした目的を持つスポーツセダンである。

 ただし、リアシートがあり、充分な日常性を兼ね備えている点が現代風ではあるが。

 M3はドライバーにある種の緊張感を要求する。そのことこそ従来のBMW族との最も大きな差であり、このクルマの最大の価値といえる。

ミュンヘンにて。キマってます
ミュンヘンにて。キマってます

◎BMW M3要諸元
全長:4345mm
全幅:1680mm
全高:1365mm
ホイールベース:2560mm
エンジン:直4DOHC
排気量:2302cc
最高出力:195ps/6750rpm
最大トルク:23.4kgm/4750rpm
トランスミッション:5MT
車重:1280kg
サスペンション:ストラット/セミトレ
当時の価格:658万円
登場年:1987年

メーカー公表値
0~100㎞/h加速:6.7秒
0~1000m加速:27.3秒
最高速度:235km/h

 

最新号

ベストカー最新号

ベストカー 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「ベストカー」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ