日常でも空力を感じるのよ……”実効空力”で差をつけろ!! シビックタイプRの純正オプションウィングがスゴイ【PR】

日常でも空力を感じるのよ……”実効空力”で差をつけろ!! シビックタイプRの純正オプションウィングがスゴイ

 ただでさえレベルの高い新型シビックタイプRの走りを、さらにグレードアップするモデューロの純正アクセサリー「テールゲートスポイラー」。サーキットなどに出かけなくても、ワインディングや高速といった日常のシーンで空力効果が体感できるアイテムとして話題だ。

 はたして本当にすごいのか? 今回はチューニング業界で活躍する自動車ジャーナリストにタイプRのステアリングをあずけ、「街乗り」「高速道路」「ワインディング」という3つのステージで「テールゲートスポイラー」の効果を確認してもらった。スポイラー付きのクルマに山ほど乗ってきた男はいったいなにを感じ、どんなジャッジを下したのだろうか!?

文/加茂 新、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】美しさもピカイチ! テールゲートスポイラーをじっくり見る!(21枚)画像ギャラリー

リアスポイラーはコーナリングに弱い?

純正アクセサリーモデューロの「テールゲートスポイラー」を装着したシビックタイプR
純正アクセサリーモデューロの「テールゲートスポイラー」を装着したシビックタイプR

 ホンダアクセスが、2008年にFD2型シビックタイプRから取り組んでいるのが『実効空力』というキーワード。日常速度域からでも体感できる空力効果のことで、速さを狙うためのものではなく、「誰でももっと安心して、気持ちよく走れる」ということを目標に開発している。

 そこで今回の新型シビックタイプR向けに開発されたのが、純正アクセサリーの「テールゲートスポイラー」だ。ノーマル車でもこの部分にはウイングが設けられているが、そのステーはそのままにウイングのみを交換するタイプ。翼断面形状が異なり、材質もドライカーボン製。価格は27万5000円だ。

 そして、下面に設置されているのがキーとなるシェブロン形状の実効空力デバイスだ。

ウイング下面には鋸歯状のシェブロン形状が見える
ウイング下面には鋸歯状のシェブロン形状が見える

 シェブロンとは山形のパターンのことで、この「テールゲートスポイラー」ではウイングの下面にギザギザの鋸歯形状の造形が配置されている。ここがまっすぐでないことであえて小さな乱流を発生させることで、より多くの場面で体感しやすくなっているのだという。そもそもウイングは古くからあるもので、走行風の効果によってボディを下面に押し付ける役割がある。もしくはボディが持ち上げられるのを防ぐもの。それによる効果は1970年代からレースで実証されてきたが、難しいのはクルマは曲がるということ。

 いつも真っ直ぐに走っていれば、ウイングはフラットな形状で良いのだが、クルマは曲がる乗り物。ストレートでは良くても、ちょっと曲がりだすとフラットな羽ではその効果が弱くなりやすかった。直進では良いが曲がりだすと急にリアが不安定になる、といったことがレースの世界では言われていた。

次ページは : ギザギザ形状が乱流を細かく切り刻む

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ