アバルト124スパイダーはエキサイティング!! 広島生まれのイタリア車試乗 


 今年の10ベストカーにも選ばれたアバルト124スパイダー。マツダロードスターとプラットフォームを共通にする兄弟車だが、両モデルの違いはどのくらいあるのだろうか。その走りを存分に確かめてみた。

 文:鈴木直也/写真:小宮岩男
ベストカー2016年10月10日号


存在感も主張もさすがのイタリア車

 見ても乗っても「思ったよりロードスターとの違いが出てるじゃん!」。注目のアバルト124スパイダーの第一印象は予想以上にサプライズ感がいっぱいだった。

 実車を目の前にするとサイズ感がかなり違う。前後をきゅっと絞り込んだロードスターに対し124スパイダーはどーんとひと回り大きく見える。事情を知らなければ、シャシーが共通とは思えない。

 エンジンはフィアットオリジナルの1.4Lターボ(170ps/25.5kgm)だが、スターターを回した瞬間からバボォン!! と弾けるようなエキゾーストサウンド。

 ロードスターだって標準1.5Lよりスポーティな音が演出されてるけど、とてもそんなレベルじゃない。「これで騒音規制とおってるの?」と思うくらいのボリュームだ。

加速の124スパイダー、軽快さのロードスター

 走らせてみると、ターボだからパフォーマンス的にはNAのロードスターよりあきらかに速い。最大トルク25.5kgmはロードスターの1.6倍以上。

 東名大井松田あたりの登りなんか、6速のままでもぐいぐい加速してゆく。今回はMTしか試していないけど6ATだとアバルトのほうがダントツだろう。

 ただし加速“感”に関しては、ロードスターユーザーは心配しなくていい。

 高回転域までスッキリ抜けのいいスムーズな吹き上がり感は、6000rpmあたりから頭打ちが始まるアバルト124スパイダーより洗練度では上。ターボならではの豪快な加速感も魅力だが、ロードスターの研ぎ澄まされたようなピュアな走りもまたよしだ。

 アバルト124スパイダーのドライブモードは絶対に「スポーツ」を選択しないと本来のパンチ感やきびきびしたレスポンスが味わえない。

次ページは : 好みで選べる魅惑の2台

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ