【GT-R ロードスター RAV4】 すべての国産車から選ぶとどうなる!!? 2019年 10Best!!!


 2019年も実に様々なクルマたちが現れた。2020年はどんなクルマが私達を驚かしてくれるだろうか。いまから楽しみでしょうがない。

 ところで、カー・オブ・ザ・イヤーに代表されるクルマの賞は、選考期間に現れた新型車のみをその対象とするのが普通だ。

 では、2019年に存在したすべての国産車を対象にベストなクルマを選んだら一体どのクルマがもっとも魅力あるクルマ、いいクルマとして選ばれるのか? というのが今回の企画の趣旨だ。

 総勢20名のモータージャーナリストにそれぞれ自身の「2019年の現行国産車ベスト10」を選定してもらい、それをF1のポイントシステム(1位25ポイントから10位1ポイントまで)に合わせ得点化、総合の順位を決めるという流れ。

 果たしてどんな順位となったか? RAV4などの新鋭は現行車に混ざるとどの位置になるのか? ともあれ、本家カー・オブ・ザ・イヤーの選考も忙しい時期に選考を引く受けてくださった皆さんには感謝感謝である。

【画像ギャラリー】2019年 オール国産現行車ベスト10!!! 上位のクルマたちをギャラリーでチェック!!!

■日本車ザ・ベストテン決定方法
(1)20名のモータージャーナリストが現行日本車の1~10位を決める
(2)それぞれの1~10位車にF1方式でポイントをつける
1位25P 2位18P 3位15P 4位12P 5位10P 6位8P 7位6P 8位4P 9位2P 10位1P
(3)すべてのポイントを合計して総合順位を決定する

※本稿は2019年12月のものです
選定者:塩見 智、佐藤篤司、斎藤 聡、国沢光宏、片岡英明、小沢コージ、岡本幸一郎、大井貴之、石川真禧照、飯田裕子、渡辺陽一郎、渡辺敏史、吉田由美、諸星陽一、松田秀士、西川 淳、中谷明彦、竹岡 圭、鈴木直也、清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月10日号


■1位 日産 GT-R(222ポイント)

■日本が世界に誇る超弩級スポーツ!!!

 水野和敏氏統括のもと開発されたマルチパーパススーパーカーで、デビューは2007年。その後、一度のフルモデルチェンジも受けぬまま性能に磨きをかけ、現在も世界レベルの高い走行性能を誇る。

 搭載エンジンは3.8L、V6ツインターボのVR38DETT。デビュー時の出力は480psだったが、現在は熟成が進み、570psを発生するに至っている。

 組み合わされるミッションは2ペダルMTの6速DCT。4駆システムは第2世代GT-Rにも採用されたアテーサE-TSの改良版が採用され、あらゆる路面状況で卓越した走行性能を発揮する。

 600ps/66.5kgmに出力が上げられた究極のGT-Rとして、NISMOモデルも設定されている。

2017年モデルからセンターコンソールまわりのデザインが変更され、より洗練されたものとなった

■岡本幸一郎の評価

 ここまでの性能は出そうと思ってもなかなか出せるものではないんですよ。はるかに価格の高い海外のスーパースポーツとよく比較されることからも、GT-Rの凄さがわかると思います。

 走りですが正直、加速はさほど官能的でもないんです。でも速さに官能性は必要ないと言い切るほど、純粋に速さを求めたのは潔いですよね。

 近年のモデルは快適性も向上していて、正しく進化している感じがします。

職人による手組みで作られるVR38DETTエンジン。踏めば即パワーが湧き出る、レスポンスのよさも特徴

■中谷明彦の評価

 国産車のなかでは間違いなく速いといえる。僕の場合はメカニズムを理解して乗りこなすってことをするんだけど、それをやるとすごく速い。

 アテーサとかDCTとかの統合制御を凄い高いレベルでやってるのがわかる。まぁ、600ps級のスポーツだから、さすがに誰が乗っても速く走れるとはいわないけどね。

 でも、よく言われる、乗ると小さく感じるという意見に関しては少し疑問だね。もっと小さく感じるクルマはある。

フロントフェンダー上のエアアウトレットが特徴的な2020年モデルのGT-R NISMO。2420万円と、価格も究極レベル

●全長:4710×全幅:1895×全高:1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/エンジン:V6、3.8Lツインターボ/570ps/65.0kgm/WLTCモード燃費:7.8km/L/価格:1232万9900円(プレミアムエディション)

●GT-Rの順位
飯田裕子:─
石川真禧照:1位
大井貴之:6位
岡本幸一郎:1位
小沢コージ:5位
片岡英明:─
国沢光宏:3位
斎藤 聡:3位
佐藤篤司:1位
塩見 智:─
清水草一:3位
鈴木直也:10位
竹岡 圭:─
中谷明彦:1位
西川 淳:1位
松田秀士:─
諸星陽一:2位
吉田由美:─
渡辺敏史:3位
渡辺陽一郎:─

■2位 マツダ ロードスター(201ポイント)

■原点回帰を目指した4代目

 すでに消滅したと思われていたライトウェイトオープンスポーツ市場を掘り起こしたことで、世界中に多くのフォロワーを生み出した初代ロードスター。その初代への回帰を目指して開発されたのが、現行4代目のND型だ。

 アルミ、超高張力鋼板などの使用比率を3代目から引き上げ、グレードによっては初代の1.8Lエンジン搭載車と同レベルの、1トン切りという軽量な車重を実現している。

 搭載エンジンはソフトトップが132psを発生する1.5L、タルガトップのRFが積む2Lは、184ps/20.9kgmを発生する。

 クルマの性格上、6速MTが主役となるが、グレードによっては6速ATも用意される。美しいスタイルも自慢だ。

クルマの操縦に専念してもらうことを優先に作られたコックピット。逆にカップホルダーなどは使いづらい位置に

■斎藤 聡の評価

 多くのクルマが他車との比較で作られていくなかで、このクルマは「こういうクルマで楽しんでほしい」という作り手の気持ちが強く反映されているのがいい。その目標を目指して、エンジンから何から、すべてが決まっていったように感じる。

 実際、走らせてもいいよね。特に1.5Lは非常にコントロールしやすい。ちょっとアクセルを踏むとか、ちょっとハンドルを切るとか、ドライバーの「ちょっと」の操作と、クルマの動きが一致してる。

エンジンパワーに頼るクルマではないが2018年6月のマイチェンで2Lは26‌ps、1.5Lエンジンも1ps向上した

■清水草一の評価

 ソフトトップのデザインは世界最高傑作でしょ。こんな美しいデザイン、ほかにないよ。しかもサスティナブル(笑)。これからのスポーツカーはフツーに走っても楽しくないとダメなんだよ。モデルチェンジの必要すら感じないよ。マツダには今のND型をずっと売り続けてほしいよ。

 2018年のマイチェンで清楚な美少女を思わせるエクゾーストノートが少し野太くなったのは残念だけど、ぜんぜん許容範囲だよ。

RFの価格は約344万円~と安くないが、そのデザインは美しい。ダイナミックなルーフ収納アクションも魅力だ

●全長:3915×全幅:1735×全高:1235mm/ホイールベース:2310mm/車重:1010kg/エンジン:直4、1.5L/出力:132ps/15.5kgm/WLTCモード燃費:16.8km/L/価格:281万8200円(Sスペシャルパッケージ。MT)

●マツダ ロードスターの順位
飯田裕子:─
石川真禧照:─
大井貴之:2位
岡本幸一郎:2位
小沢コージ:─
片岡英明:─
国沢光宏:7位
斎藤 聡:1位
佐藤篤司:4位
塩見 智:1位
清水草一:1位
鈴木直也:─
竹岡 圭:5位
中谷明彦:─
西川 淳:2位
松田秀士:─
諸星陽一:1位
吉田由美:─
渡辺敏史:2位
渡辺陽一郎:10位

次ページは : ■3位 トヨタ RAV4(119ポイント)