【かつて危険の代名詞…今は?】最新軽自動車の安全装備 案外ある機能差と性能差


 軽自動車は危ない、と言われた時代は確かにあった。軽量化、安価に仕上げるためにボディ外板が薄かったりしたし、衝突安全性能など考慮されていなかったのも事実だ。

 しかし、現代の軽自動車は安全装備も充実している。かつては高級車、高額車から順次下に拡大採用していくケースの装備も、軽自動車から搭載し始めるケースもある。

 最新の軽自動車は、パッシブセーフティ、アクティブセーフティとも大きく進化しているが、安全装備関係はメーカーがそれぞれ独自の名称などを使って展開しているため、横比較が難しい。

 本企画では、軽自動車を販売している中でホンダ、ダイハツ、スズキ、日産、三菱の最新モデルの安全装備を個別に見ていく。さて、どのクルマ、メーカーの安全装備が優れているのか?

文:諸星陽一/写真:HONDA、DAIHATSU、SUZUKI、NISSAN、MITUSUBISHI

【画像ギャラリー】~各種安全装備~軽自動車で初搭載したのはどんなクルマ?


世界に先駆けて日本が衝突軽減ブレーキの装着を義務化

 高齢者のペダル踏み間違い事故がクローズアップされ、大きな社会問題となっています。

 実はペダル踏み間違いについては、高齢者だけでなく運転経歴の浅い若年層の事例も多く報告されていて、ドライバー全体の問題として取り組まなくてはならない課題となっています。

 そうしたなか政府は2021年11月以降に販売される新型車について、衝突軽減ブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)の装着を義務化しました。

 この義務化については世界中で実施していく旨の話ができていて、欧州では2024年前半以降に義務化予定となっていますが、日本は世界に先がけて装置の義務化に踏み切ります。

 先に書いたように国産の新型車については2021年11月以降となります。国産の継続生産車、つまり2021年11月以前に発売されたクルマについては2025年までに装置の装着が義務づけられます。

 輸入車の新型車については2024年6月頃、輸入車の継続生産車については2026年6月頃が期限。軽トラックについては2027年9月が期限とされています。

 とはいえ現在発売されている国産車は軽自動車を含めて多くの車種が衝突軽減ブレーキを装備しています。それは軽自動車でも装着率は非常に高いものとなっています。

 現在、日本では軽自動車が国民の足として非常に重要な役割を持っています。各メーカーの最近軽自動車について、安全装備の状況を調べました。

ホンダN-WGN

新車価格:129万8000~182万7100円

2019年7月にデビューしたN-WGNは、ホンダの軽自動車としては最新スペックのホンダセンシングが搭載されている。そのほかの車種へは順次拡大採用する

 ホンダの先進安全装備は「ホンダセンシング」の名前で呼ばれています。N-WGNには基本「ホンダセンシング」が標準装備で、最廉価版のN-WGN Gのみ非装着車が用意されていますが、特殊な例として考えていいでしょう。

 N-WGNに採用されているホンダセンシングは以下のものとなります。

※薄橙色:突軽減ブレーキ、水色:ペダル踏み間違い時加速抑制装置、薄緑色:車線逸脱警報関連装置、黄色:ACC、茶色:先進ライト、灰色:そのほか

 このうち注目なのは衝突軽減ブレーキ(CMBS)です。

 多くのメーカーの衝突軽減ブレーキが自動車や歩行者にしか対応していないのに対し、N-WGNの衝突軽減ブレーキは前方を横切る自転車にも対応しています。

N-WGNにはパーキングセンサーも用意されているので、駐車するのが苦手なドライバーにとって重宝すること間違いなし

 また衝突軽減ブレーキの作動速度が5km/h以上とかなり低い速度から対応しているのも大きな点といえるほか、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)も渋滞時に対応。

 先行車が停止すれば自動で停止、3秒以内なら自動発進、それ以上に長い時間の場合はスイッチの操作もしくはアクセルペダルを踏むことで再発進ができます。

次ページは : ダイハツタント