【かつて危険の代名詞…今は?】最新軽自動車の安全装備 案外ある機能差と性能差

 軽自動車は危ない、と言われた時代は確かにあった。軽量化、安価に仕上げるためにボディ外板が薄かったりしたし、衝突安全性能など考慮されていなかったのも事実だ。

 しかし、現代の軽自動車は安全装備も充実している。かつては高級車、高額車から順次下に拡大採用していくケースの装備も、軽自動車から搭載し始めるケースもある。

 最新の軽自動車は、パッシブセーフティ、アクティブセーフティとも大きく進化しているが、安全装備関係はメーカーがそれぞれ独自の名称などを使って展開しているため、横比較が難しい。

 本企画では、軽自動車を販売している中でホンダ、ダイハツ、スズキ、日産、三菱の最新モデルの安全装備を個別に見ていく。さて、どのクルマ、メーカーの安全装備が優れているのか?

文:諸星陽一/写真:HONDA、DAIHATSU、SUZUKI、NISSAN、MITUSUBISHI

【画像ギャラリー】~各種安全装備~軽自動車で初搭載したのはどんなクルマ?


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ