キックス6月10日登場!? まさかのe-POWER専売!! 日産新型SUVの期待と不安


 2019年末に生産終了となった「ジューク」に代わる期待の新型車「キックス」が、2020年6月10日に発売されることがわかった。新型コロナ禍による生産現場の混乱があるが、もう間もなくの登場となりそうだ。

 2020年2月の販売台数では、日産「ノート」と僅差ではあったが、コンパクトSUVのトヨタ「ライズ」が好調な売れ行きを見せトップを走っている。新型車が少なく、国内販売で苦戦を知られている日産としては、形勢逆転の一手としてキックスの投入に期待が集まっている。

 進化版のe-POWERが搭載されるというキックス。今回はその最新情報をお届けしたい。 

文/遠藤徹
写真/NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】日本上陸時は意匠変更あり!? 期待の新人「キックス」の詳細をチェック!!


■パワートレーンは1.2L e-POWER! 海外仕様とは異なる意匠を採用!?

 日産は新型コンパクトSUV「キックス」を2020年5月20日発表、6月10日発売の日程でスケジュール調整をしている模様である。

 2019年末で生産中止したジュークの後継モデルの位置づけであり、若干サイズアップ、上級シフトさせ、大幅に改良したシリーズハイブリッドの「1.2L e-POWER」ユニットを搭載する。

 ジュークはSUVレイアウトのボディシェルで、フロントが鋭い目つきの異形ヘッドランプと大型丸目補助灯を組み合わせたマスクと、リヤルーフがクーペ的の組み合わせで、ひと目でそれとわかる個性的なデザインを採用していたが、新型キックスはガラリと変えて、シンプルで飽きの来ないクロスオーバーSUVデザインを採用する。

こちらは北米、中南米で発売されている2020年仕様の「キックス」。日本仕様は、すでに国内でテストしているところを押さえられているが、フロントグリルが現行型「セレナ」のような縦方向に広がった逆台形のデザインになると考えられる

 フロントマスクは、横長のヘッドランプケースに丸目2灯式LEDを埋め込んでいる。グリルは大型逆台形タイプで、まわりを日産独自のVモーション銀メッキ板を走らせている。リヤに向けてのルーフラインは、ジュークのようなファストバッククーペシェルではなく、なだらかな弧を走らせシンプルにまとめているので、室内はリヤ席での広い居住空間を確保したレイアウトで仕立てていることが伺える。

■ジュークに比べて大幅に向上した快適性

 キックスのボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mm、ホイールベース2620mm、トレッド前1520mm、同後1535mm。ジュークは4135×1765×1565mmだから、同モデルとの比較では全長がプラス155mm、全幅マイナス5mm、全高プラス45mm、ホイールベースはプラス90mmとなっている。

 したがって全長が長く、背が高くなり、ホイールベースは大幅な延長をしているから、室内の居住空間は大幅に拡大され、ヘッドクリアランスも十分に確保しているといえる。走行安定性もかなり向上させていることが伺える。これまでライバルのトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」に比べると小ぶりで見劣りがしていたが、サイズ&クオリティアップによって十分な商品力を確保すべく仕上げているといえるだろう。

キックスは全長4290×全幅1760×全高1610mm、ホイールベース2620mm。頭上空間が広く、ジュークと比べると後席の居住性に優れる
ジュークは全長4135×全幅1765×全高1565mm、ホイールベース2530mm。サイドビューを見るとわかるが、後席空間はあまり広くなく、前席をメインとして使うユーザー向けの設計だった
C-HRは全長4385×全幅1795×全高1550mm、ホイールベース2640mm。スタイリッシュなクーペスタイルを採用したため、後席の居住性が狭くなってしまっている

 搭載するパワーユニットは、シリーズハイブリッドである1.2L e-POWERのみ。基本的にはノートに積んでいるのと同じだが、これをベースに大幅に改良している。アイドリング時のエンジン音がうるさいとの指摘があるのでこれをエンジン自体の改良やマウントの工夫で大幅に低減。

 ペダルを離すと低速域でのブレーキが利き過ぎる傾向があったので手直しし、ワンペダル走行の操作性をさらに改善している。e-POWERユニットは、ノート用と同じでエンジンは1.2L 3気筒、発電用のみで動力には使わずモーターのみで走行する。

 エンジンの最高出力は58kW(79ps)/5400rpm、最大トルク103N・m(10.5kgm)/3600~5200rpm、モーター最高出力80kW(109ps)/3008~10000rpm、モーター最大トルク254N・m(25.9kgm)/0~3008rpmとなっている。

次ページは : ■グレード構成はシンプル! プロパイロットも搭載

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ