税金 マナー 免許返納… こんな時だから言わせろ! 自動車メーカー&クルマ業界 7つの提言


 新型コロナ禍の影響でなんだか重苦しい自粛ムードに包まれているニッポン。しかし、こんな時だからこそ言うべきことはしっかりと主張せねばならない! 

 ということで本企画では、業界の皆様に今一番声を大にして言いたいことを思いっきり好きに述べてもらった。

【画像ギャラリー】ぜひとも耳を傾けてほしい!!? 7つの提言をギャラリーでクイックチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:渡辺陽一郎、永田恵一、国沢光宏、松田秀士、鈴木直也、清水草一、小沢コージ/写真:Adobe Stock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号


■01:古いクルマに課される重い税金を改善すべし!

(TEXT/渡辺陽一郎)

 クルマ関連の問題で早急に改善すべきは、古い車両の重税だ。例えば2Lエンジンを搭載する自家用乗用車の場合、自動車税の標準税率は年額3万9500円だが、13年を超えると4万5400円に高まる。

 軽自動車税も自家用軽乗用車の場合、初度届け出が2015年4月1日以前なら年額7200円だが、初度届け出から13年を超えると1万2900円に跳ね上がる。

 この増税は自動車税と軽自動車税に加えて、車検の度に納める自動車重量税にも適用される。車両重量が1001~1500kgの場合、継続車検時に納める2年ぶんの自動車重量税は、エコカー減税車が1万5000円、そうでない場合は2万4600円だ。これが13年を超えると3万4200円に増税され、さらに18年を超えると3万7800円に達する。

 軽自動車の自動車重量税は、継続車検時の2年ぶんなら、エコカー減税車が5000円、そのほかは6600円に。これが13年を超えると8200円、18年を超えると8800円まで増税される。

愛情持って20年以上前に購入した愛車に乗り続けても、やってくるのは多額の納税書……

 古いクルマを増税する理由としては環境負荷が大きいことだが、増税額の具体的な根拠は示されていない。13年を超えた車両に増税する理由も「自動車の平均使用年数が約13年だから」という曖昧なものだ。

 特に古い軽自動車は、公共交通機関が未発達な地域で、高齢者が通院や買い物に使っているという背景がある。生活するために必要に迫られ、しかたなく軽自動車を所有しているのだ。そのような国が守るべき人たちから、多額の税金を巻き上げているのが今の自動車税制だ。

■02:視界が悪くても点灯しないドライバーが多いのでは?

(TEXT/永田恵一)

 関東地方が気温こそ暖かかったものの、時折りの強い雨に見舞われた3月某日、箱根ターンパイクでの取材を終えて小田原厚木道路から東名高速の道のりで帰京した時のことだ。激しい雨で先行車が巻き上げる水煙による視界悪化が気になったため、私はクルマのヘッドライトを即座に点灯した。

 よく状況を見て使わなくてはいけないバックフォグランプの点灯も考えながら走行していたところ、悪天候のなかでも無灯火で走っているクルマのほうが多かったのにこの時気づいた。

 ベストカー読者には言うまでもないが、自分の視界が確保できないのと同様に自車の存在を周囲にアピールできないのも非常に危険なだけに、小心者の私には日本の大動脈でのこの光景が信じられなかった。

 また、その数日後、トンネルが20km近く続く首都高中央環状線を走った際も、明るい照明があるとはいえ、たまに無灯火のクルマがおり、この光景にも驚愕した。

激しい降雨時には夜間でなくても視界は悪化する。ヘッドライトで自車の位置を知らせるべし

 オートライトが義務化されたことにより、今後は薄暮の無灯火は減っていくと思うが、悪天候時などのライト点灯までは対応してくれない。

 そのため、悪天候時のライト点灯に対する啓蒙活動やそういった判断力を磨くことが必要なのではないだろうか(このくらいは周りの様子を見てできそうなものだが、それもできないくらい日本人は劣化しているのか?)。

 さらに交通マナーといえば一般道、高速道路を問わず追い越し車線をマイペースで走り続けているクルマや、広い歩道を我が物顔で偉そうに走っている暴走自転車も絶えない。

 私は冗談半分で周囲に「クルマを運転しないのが一番安全ですよ~」と言うことがあるのだが、最近それもあながち冗談ではなくなりつつあるように感じられてならない。日本の道がそうならないよう早急な対策が必要だ。

次ページは : ■03:右肩下がりのマツダにガッカリ!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ