新型ハリアーから消え今や風前の灯 動物エンブレムの日本車5選


 2020年4月に次期モデルが発表され、6月に発売が予定されているゴージャスなミドルSUVであるトヨタハリアーは実車を見る前の段階では盤石に近い印象のモデルだ。

 しかしひとつだけファンにとって残念なところがあるとすれば、歴代ハリアーのアイデンティティだった鷹の一種となるチュウヒをモチーフにしたフロントマスクのエンブレムがトヨタマークに変わったことかもしれない。

 これは日本専用車だった現行ハリアーに対し、次期ハリアーはレクサスRXの日本向けだった時代と同様に海外でも販売されそうなことも関係しているようだ。

新型ハリアーのフロントグリルセンターのエンブレムは、伝統のチュウヒをモチーフとしたもの(写真下)からトヨタマークに変更されてしまった

 現在車種オリジナルのエンブレム自体が減っているなか、動物をモチーフとした個別エンブレムはもはや風前の灯状態にある。

 過去の日本車にはハリアーのように動物のエンブレムを使いながら、フルモデルチェンジなどで使わなくなったモデルというのもあり、当記事ではそんなモデルを振り返る。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、ISUZU、SUZUKI

【画像ギャラリー】動物をモチーフとした個別エンブレムは絶滅危惧種!! 現行モデルでは何が残っている?


トヨタソアラ

日本の高級パーソナルクーペとして1981年にデビューし初代、2代目が大ヒット。当時は老若男女から憧れの存在だった(写真は初代)

 ソアラは1970年代のオイルショックや排ガス規制などにより、日本車がスポーツモデルでもパワーを失うなどした悪夢のような時代から立ち直り始めた1981年に初代モデルが登場した。

 初代ソアラは2.8L、DOHCエンジンやデジタルメーターの採用に加え気品あるスタイル、豪華なインテリアなどを持ち、当時のクルマに対する夢のようなものが詰まった、見方によっては実にクルマらしいクルマだった。

写真左は2代目のエンブレムで、写真右が3代目のもの。3代目はメタリックのワインレッドになっているほかデザインも若干変わっている

 ソアラはキープコンセプトの2代目、レクサスブランドでアメリカにも輸出されるようになった3代目、メタルトップのオープンの4代目と歴史を重ね、歴代エンブレムに使っていたのは鷲の翼を含む上半身とライオンの下半身を持つ伝説上の生物であるグリフォンだった。

 しかし2005年に日本でもレクサスブランドが開業し、モデルサイクル中盤だったソアラもそれに伴い車名も輸出名と同じレクサスSCになったためエンブレムもレクサスのマークとなり、グリフォンのエンブレムも姿を消した。

トヨタMR2(初代モデル:AW11)

乗用車として日本初のリアミドシップレイアウトを採用して1984年にデビューしたMR2。中古マーケットで今も根強い人気を誇る

 1984年に登場したトヨタMR2の初代モデルは、当時のカローラなどのエンジン横置きとなる小型FF車のパワートレーンをそのままキャビン後方に移動した日本初の量産ミッドシップカーである。

 登場時は1.5Lの実用エンジンと1.6Lのスポーツエンジンでスタートし、途中1.6Lスーパーチャージャーを追加するなどしながら年々スポーツ性を高めていった。

 初代MR2のエンブレムは鋭い爪とくちばしを持ち、哺乳類などに襲いかかる鳥である猛禽類をモチーフにしたもので、なるほどシャープなハンドリングが最大の特徴だった初代MR2にはよく似合っていた。

初代MR2のエンブレムは猛禽類をモチーフとしていて、高価な七宝焼きとなっていた。2代目ではトヨタマークに変更されてしまった

 なおこのエンブレムは初代MR2がそれほど高くないクルマなのに関わらず、コストの掛かる七宝焼きだった。

 初代MR2の猛禽類のエンブレムは1989年にMR2が2代目モデルになった際に現在も使われるトヨタのマークに変わった。

 これは2代目MR2が登場したときがちょうどあのトヨタのマークが使われ始めた時期だったのもあり(1号車は初代セルシオ)、選択の余地もなかったのだろう。

 MR2の後継車であるMR-Sでは、鷹をモチーフとした個別エンブレムが復活したものの、単発で終わってしまった。

MR2の後継のMR-Sのエンブレム。登場時はカマキリと間違える人もいたが、Rを鷹に見立てたすばらしいデザインだ

次ページは : 日産レパード