世界を一変させた名品 クルマ界に衝撃を与えた革命的カー用品5選


 カー用品はいろいろな新製品が登場しては廃れていくの繰り返し。トレンドもあり、当然新しいものに淘汰されるケースも少なくない。

そんななか、デビューとともに衝撃を与え、クルマ界、ユーザーの意識を一変させた名品についてスポットを当てていく。

文:永田恵一/写真:PIONEER、AMAZON、錦之堂、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】エコタイヤが大人気の今とは大違い!! クルマ好きを魅了したハイグリップタイヤRE71御用達のスポーツ&GTを懐かしむ


カーナビゲーション:パイオニアAVIC-1

パイオニアのAVIC-1が発売される前年の1990年にデビューしたユーノスコスモには、マツダと三菱電機が共同開発したGPSカーナビが設定されていた

 今やクルマにあって当たり前になったカーナビゲーション(カーナビ)の元祖と言えるのが、1991年に世界初の市販GPSカーナビとして登場したパイオニアのAVIC-1だ。

 ちなみに世界初のメーカー純正品としては、1990年にマツダと三菱電機が共同開発したGPSカーナビがユーノスコスモに搭載された。

 AVIC-1は人工衛星からの電波で誘導することから「サテライト・クルージング・システム」と命名され、当時F1のフェラーリチームに乗っていたジャン・アレジ氏が出演したCMキャッチコピーの「道は星に聞く」を覚えている人も多いだろう。

 AVIC-1は自車位置を地図上に表示するだけで、地図スクロール機能もなければ、目的地探索、ルート探索、ルート案内といったカーナビとしての基礎的な機能すら備えていなかった。スケールの切り替えも4段階と今から考えればかなりチープだ。

画面の小ささに比べてアンテナの大きさにビックリ。フルセットで50万円ほどしたカーナビも現在は安くなり、時の流れを痛感させられる

 しかも、当時は人工衛星の数が少なかったため、カーナビとして使えるのが1日に数時間に限定されるなど、今から考えればウソのよう。

 地図データも4枚のCD-ROMに分割収納されていて、地域によって切り替えるなど、ある意味不便極まりないものだった。

 価格はフルセットで当時50万円程度と高額だったため、一般ユーザーが購入の対象になるものではなかった。

 実際に商業的には成功したとは言えないのかもしれないが、GPSカーナビの存在をユーザーに認知させた功績は偉大だ。

ハイグリップタイヤ:ブリヂストンポテンザRE71

ブリヂストンは1986年に日本のタイヤメーカーとして初めてポルシェの純正タイヤに採用された。それがRE71で、ポルシェ版はポテンザの名称はつかず

 ポテンザはブリヂストンのスポーツブランドタイヤとして圧倒的な知名度を誇るが、ポテンザの名前を世界に知らしめたのがRE71だ。

 RE71は1986年に当時ロードカーとして世界最速、300km/hの世界を実現したポルシェ959に純正タイヤに採用された。

 またフェラーリF40の標準装着タイヤはピレリP-ZEROだったが、RE71も採用されるなど、日本のタイヤメーカーのタイヤで初めてポルシェ、フェラーリに純正採用された。

1980年代後半から1990年初冬にかけて日本車は著しく高性能化していき、それらのクルマにハイグリップタイヤのRE71はベストマッチだった

 リプレイスタイヤとしてRE71が発売されると、当時の日本車はスポーツ&GTが大人気でパワーウォーズも勃発していたのでたちまち大ヒット。ハイソカー時代はピレリP7が大人気だったが、一躍人気ナンバーワン銘柄となった。

 そのRE71は2014年に86/BRZの盛り上がりを機にRE-71R(新モデルはハイフンが入る)として復活し、少数派となったハイパフォーマンスを追求したハイグリップタイヤで独自のポジションを確立している。

写真は2014年に復活したRE-71Rの進化モデルであるRE-71RS。このタイヤを必要する元気なクルマがもっと出てもらいたい

次ページは : スピーカー:ケンウッドKSC-7900