GRヤリスの素のままグレード 競技ベース車5選は「買い」なのか

 2020年9月4日にGRヤリスが発売され、この際に明らかになったのが1.6Lターボ+4WDの競技ベースグレードで330万円となるRCの詳細である。

 RCの価格は一般仕様のRZ系が標準のRZで396万円、上級の456万円というのは考えれば「内容次第ではお買い得?」とも考えられるが、その割りにRCをシッカリ紹介している記事というのはあまりない。

 というわけで当記事では期間限定車のRZハイパフォーマンスファーストエディションが納車間近となっている筆者が、RCを紹介していく。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、MITSUBISHI、DAIHATSU、SUZUKI

【画像ギャラリー】1980年代から1990年代にかけて登場した競技ベース車&ホモロゲ取得用車の共演


GRヤリスRCの仕様

【GRヤリス価格】
■RZハイパフォーマンス:456万円
■RZ:396万円
■RC:330万円

■RS:265万円(FF・CVT)

GRヤリスに設定された競技ベース仕様のRC。パッと見たところ、外観上はRZなどと著しく差別化されているということはない

 GRヤリスRCは競技ベースということで、装備などが省略されて簡素な仕様になるのは明らかだった。

 また簡素な中にも程度があり、後述するトヨタ86の初期モデルにあったRCのように「前後バンパーが塗装されていないかもしれない」、「アルミホイールではなくスチールホイールかもしれない」といった憶測もあった。

 ではまず、市販されたGRヤリスRCの仕様をRZから省かれる、変更されるものを挙げていくと以下のよう多岐にわたる。

■走りの機能面
●省かれるもの 
 特になし。

●変更されるもの
 こちらは細部にわたるため、個別に紹介していく。

・ホイール&タイヤ  
 黒いエンケイ製ホイール+18インチのダンロップ→シルバーのエンケイ製17インチ+エコタイヤ

RC専用の17インチアルミホイールは10本スポークタイプ。タイヤは交換することを前提に205/45R17のエコタイヤを標準装着

・フロントブレーキローター
 18インチ径→15インチとなるグラベル用タイヤの装着を想定し、小径化した16インチ径(妙な表現だが)。これによりホイールを選ぶ必要はあるにせよ、グラベル用タイヤがブレーキに干渉せず、装着できるだろう。

グラベルラリーでは15インチタイヤを装着するケースが多いため、RCは16インチのフロントブレーキローターが標準となる

・フロントサスペンション
 RZはRZ用→ラリー、ダートに対応したステアリングナックルを採用(強度が強いということだろうか)。これは後述するが、RCを選ぶ際の大きな分かれ道となる要素だ。

GRヤリスはグレードによりサスセッティングが違うが、RCはラリー・ダートラで使われる15インチホイールに対応した専用ステアリングナックルを採用

■快適装備など
●省かれるもの
・エアコン

・ディスプレイオーディオ(モニター)
※ただ、これも微妙な要素として2スピーカーは装備される。

・USBポート

・プッシュポタンスタート&スマートエントリー→キーでエンジンを掛けるキーレスエントリー(イモビライザー付き)

RCのインテリアはダークシルバー加飾などが省かれ、素材もRZとは違う。多くの快適装備がレスまたはオプション化されている
RZのインテリアは上のRCと比べるとメッキ加飾がいろいろな箇所にあしらわれていることがわかる。ペダル類も素材が違う

●変更されるもの
 シフトノブ、パーキングブレーキのレバー、車内側のドアハンドルといった細かいパーツが安手のものになる。

 さらにメーカーオプションで設定されるものは以下のようになっている。

・寒冷地仕様/1万7600円

・エアコン/13万2000円

・トランスファー/5万5000円
 これは駆動力配分をフロント寄りとし、よりタイム重視になるものと思われる。

性能に直結する1.6L、直3ターボ、4WDシステムのGR-4はRZ、RZハイパフォーマンスと同じだが、RCにはオプションでトランスファーが用意される

・インタークーラーの冷却スプレー/1万1000円
 これはRZハイパフォーマンスに標準だが、RZには付けられない。

・18インチパッケージ/4万6200円
 これを付けると18インチホイールを含めたサスペンション、ブレーキローターがRZと同じものになる。

 これがGRヤリスRCを選ぶ際の大きな分かれ道なのだが、素の状態のRCはラリー、ダートに対応したステアリングナックルのためタイヤの切れ角が小さいようで、最小回転半径が6.0mと、ランサーエボリューションや現行のシビックタイプRのように非常に大きく、要するに小回りが利かない。

 それに対し18インチパッケージを装着すれば、RZと同じ「頑張ってもらい、ありがとうございました」と感じる5.3mとなる。

RCには18インチパッケージが用意されていて、18インチのエンケイ製アルミホイール、RZ用サス、ブレーキローターがセットで4万62000円と格安

 そのためグラベルのラリーやダートラといったグラベル用タイヤを履く使い方なら素の状態にするべきだろうが、ジムカーナなどの競技を含めそれ以外の使い方をする人は18インチパッケージを選んだほうが無難だ。

 さらにカタログには素の状態のRCには、RZの18インチホイールは後付けでも装着できないと記載されている。

 またカタログといえば、GRヤリスのカタログにRCのことは掲載されておらず別のカタログになり、こちらは筆者もディーラーで聞いたが、紙のカタログはないという。

 そのためRCのカタログはトヨタのGRヤリスのサイト(Gazoo Racingとは別だ)のWEBカタログのところにあるPDFデータしかない。

 RCのカタログのPDFデータは見たら、とりあえずパソコンなどに控えておいたほうがいいかもしれない。

GRヤリスRCは意外に普通!?

 つまりオプションも含めれば、改造を前提にしたグレードと認識する必要はあるにせよ、オーディオ以外ボディカラーは1.5ℓNAのRS、RZ系と同じ4色、シートはRZと同じなので通常走行には問題なし、ヘッドライトとフォグランプはLEDと、意外に普通だ。

 筆者個人は「サイド&カーテンエアバッグはレス、ヘッドライトとフォグランプはハロゲンにしてもっと安くしてくれたほうが良かったのに」と感じるくらいだ。

3灯フルLEDヘッドランプ、LEDターンランプはRCにも標準装備となる。ハロゲンにすればもっと安くなった!?

 オーディオに関しては現状だとタブレットにBluetoothのスピーカーを組み合わせるという手が浮かぶが、今後アフターパーツで何らかのキットが登場し市販品のカーナビなどが使えるようになる可能性もある。

 筆者だったらメーカーオプションをフルに付け、ボディカラーはRCということもありソリッドのホワイトで約356万円の仕様を考える。

RCのボディカラーはRZ、RZハイパフォーマンスと同じ4色。競技ベースということでスーパーホワイトIIが一番人気となる可能性は高い

 そしてオーディオ関係に10万円ほど用意し、「RZとの差額で手を加えるのも楽しそう」と感じ、「筆者が注文したRZハイパフォーマンスよりこちらのほうがよかったかも」と一瞬思った。

 しかし、RCには運転支援システム&自動ブレーキが付かないのを思い出し、やはり筆者にはRZハイパフォーマンスが最良の選択だったと再度確信している。

 まとめるとGRヤリスRCを一般に使うのはオプションを含めれば、大きな問題はオーディオだけで、オーディオも解決する可能性もあるので「〇にかなり近い△」としておく。

GRヤリスRCは予想していたよりもRZと大きく差別化されている点は少なく、完ぺきとは言わないが、街での足グルマとして十分使えそう

過去の競技ベース車ってどんな内容?

 日本車にはこれまでいろいろな競技ベース車が設定されてきた。

 その中から、ここではスバルインプレッサWRX STIスペックC、三菱ランサーエボリューションRS、トヨタ86RC、スバルBRZ RARについて振り返る。

スバルインプレッサWRX STIスペックC

2001年に登場したスペックCは競技のために快適性を度外視したモデルで、軽量化も施されていた。ルーフのエアベンチレーターがカッコいい

 インプレッサWRX STIスペックCは2000年登場の2代目モデルの2年目となる2001年12月に登場。

 内装材の省略や一部鉄板の薄板化、燃料タンクの小型化による軽量化、レスポンスのいいボールベアリングタービン、エンジンオイルクーラーが装着されるなどした、競技での速さに加え信頼性、耐久性も向上したモデルだった。

 しかし初期のスペックCはエアコンが付かないなどスパルタン過ぎたためか販売も伸びず、「これでは国際ラリーのグループN参戦のためもホモロゲーションに必要な台数が売れない」と、エアコンなどの最低限の快適装備が付く特別仕様を設定。

 それ以来カタログモデルも同様になり、スペックCは「競技はしないけど、手を加えながらサーキットなどのスポーツ走行をする一般の人」の街乗り用にも使えるモデルとなった。

最初のスペックCは超スパルタン仕様のため、エアコンを装着できなかった。しかし売れないとホモロゲが所得できないので、エアコン装着仕様も登場

三菱ランサーエボリューションRS

ランエボは装備が充実したGSRと競技ベースのRSをラインナップ。第2世代のランエボIVのRSからはオプションなどの選択の自由度が高く、好みの仕様がチョイスできた

 ランサーエボリューションは、ストリートユースで装備が充実したGSRと競技ベース車のRSというラインナップだった。

 第一世代モデルとなるランエボIIIまでのRSは単に装備を落とし、価格を下げ、改造もしやすいというモデルだった。

 しかし第2世代モデルのランエボIV以降はベースのクルマというのは同じでも、メーカーオプションでクロスミッションやリアのAYC、ブレンボのブレーキといった走りの装備が選べるようになり、走るシーンに合わせた仕様を工場出荷状態から作れるモデルだった。

RSはインテリアでも交換するであろうパーツについては素材なども含め簡素化されていた。シートはその典型で、GSRとは大きく差別化されていた

トヨタ86 RC

 86RCは199万円と安く、ロールバーを入れる際などにどうせ剥いでしまうアスファルトシート(カーペット下の防音材)がないという配慮は競技ベース車としては評価できた。

 しかし前後バンパーが黒い素地のまま、ダッシュボードのパネルがない、トドメにエアコンとオーディオが付けられないというのは普段乗りには厳しく、競技車両などのベース以外にはなかなか使えないモデルだった。

前後バンパーが未塗装のブラックとなるのが86 RCの最大の特徴。Gグレードより42万円安い199万円という価格は魅力的だった
エアコンとオーディオが取り付けられないのに加えて、ダッシュボードのパネルもないスパルタンな仕様だった

スバルBRZ RA

 こちらは前後バンパーがボディ色、ヘッドライトはHID、メーター内にはデジタルスピードメーターが付き、エアコンもメーカーオプション装着可能と、オーディオが付かない以外は86RCよりは普段乗りにも使える競技ベース車だった。

 なおRAを引き継ぐ、後半のBRZに設定されたRカスタマイズパッケージは標準のR(MTで272万8000円)に対し、大きな違いはスチールホイールとなる点とスピーカーレス(配線はあるようなので、スピーカーとデッキを買えばオーディオは使えそう)というくらいで247万5000円(MTのみ)と約25万円も安いのは良心的だった。

86 RCが未塗装の前後バンパーを装着していたのに対し、BRZ RAは同じ競技車でもボディ同色に塗装された前後バンパーが標準装着されていた
オーディオが装着できないのは86 RCと同じだが、BRZ RAはエアコンがメーカーオプションで装着することができたため、街乗りもできた

まとめ

 この種の競技ベース車は86とBRZは装備をシンプルに価格も下げたしたもの、普段乗りにも問題ないインプレッサWRX STIスペックC、自分の使い方に合わせた仕様を工場出荷から造りやすいランエボRSとヤリスRCと、意外に個性があるのもなかなか面白い。

【画像ギャラリー】1980年代から1990年代にかけて登場した競技ベース車&ホモロゲ取得用車の共演

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ