苦しい今こそラインナップに欲しい!! 記録より記憶に残る日産車


 日産は今後のニューカー計画について明らかにしているが、特に日本マーケットはそれだけでは物足りない。

 日産はここ30年の間にラインナップが激減している。ブランニューモデル、新たなカテゴリーへ投入したモデル以上に、多くの既存モデル、ビッグネームが消滅したことになる。

 プロスポーツの名選手、伝説の選手と言われるものには2タイプあり、名実ともにナンバーワンとなった人と記録より記憶に残る選手というのがある。

 クルマも同じで、販売面では大きな成功は残せなかったものの、人々の記憶に鮮烈に残っているクルマもある。

 本企画では、苦境の日産に苦しい時こそ昔を思い出してほしい、という願望から、現在のラインナップにない、記録より記憶に残る日産の名車を見ていく。

文:ベストカー編集部/写真:NISSAN

【画像ギャラリー】すべて知っていればクルマ通!! 秀作揃いの歴代サニーのクーペをオールチェック!!


ラシーン

販売期間:1994~2000年

ラシーンのボディサイズは全長4210×全幅1695×全高1515mmという日本で使うにはジャストサイズ。価格は219万8000円(タイプIII)

 7代目サニー(B13型)の4WD用プラットフォームを使ってクロスオーバーSUVテイストに仕上げたのがラシーンで、1994年にデビュー。

 当時は日産が誇るBe-1、S-CARGO、パオ、フィガロといったパイクカー4姉妹と同じ高田工業に委託生産されていたため、5番目のパイクカーという見方もされていた。

 全グレードとも4WDのみの設定だったが、本格的なオフロード走行は想定されていないいわゆるシティオフローダーというキャラクターだった。この緩さも魅力のひとつだ。

 全長はグレードによって違うが、3980~4210mmというショートボディで全幅1695mmゆえに、街中での取り回し性能にも優れていた。1998年に追加されたフォルザシリーズのみ全幅が1720mmの3ナンバーサイズとなる。

背面タイヤ仕様にするとSUVっぽさが強調された。フロントにはグリルガードも用意されてオフロード色をアピール

 ラシーンの最大の魅力は雰囲気のあるデザインで、カスタマイズのベースとしても人気が高く、いろいろなバリエーションのモデルが現在も販売されている。

 現役時代のラシーンの走りは、お世辞にも満足いくものではなかったが、これもいい意味でのラシーンの緩さで、カリカリ走らず、流す気持ちよさを持っていた。

 SUVブームということで日産もほかのメーカー同様にSUVのラインナップを増強しているが、どれも似たり寄ったりで、ジュークの日本での販売が終了していることもあり、ラシーンのような個性派も必要だ。

インテリアも快適性を重視したもので、ある種の緩さがまた魅力的だった。色遣いにもこだわりが感じられた

サニーベースクーペ

販売期間:1970~1973年(B110)、1973~1977年(B210)、1977~1981年(B310)、1990~1994年(NXクーペ)

2代目サニークーペのトップグレードが写真の5MTを搭載するGX5で、1972年に追加されて大人気となった
重量増となったB210に対し、B110の再来と若者に人気となったのが4代目のB310で、B110同様にTSレースで活躍した

 日産はサニーに2ドアクーペを長きにわたりラインナップしてきたとおり、クーペというものを大事にしてきた歴史がある。サニーベースの最後のクーペはルキノクーペで1994~1999年に販売されていた。

 日産のサニークーペ、サニーベースのコンパクトクーペには秀作が目白押しだ。

 サニークーペではTSレースで活躍した2代目のB110、その再来と大人気となった4代目のB310が双璧だろう。

 そのいっぽうで、エレガントさと高級感という違った魅力を持っていた3代目のエクセレントクーペ(B210)も見逃せない。

3代目のB210に設定されたエクセレントクーペ。名前からもわかるとおり、高級感とエレガントさが魅力だった。丸6灯のリアコンビがカッコいい

 サニーベースクーペとしては、1990年デビューの未来を感じさせる個性的なデザインで話題になったNXクーペも忘れられない記憶に残る1台だ。

 サニーベースのクーペは、若者が購入できる価格で、性能面も尖ったものはないものの、その性能をフルに使って走る楽しさ、喜びを与えてくれる等身大のスポーティカーという魅力にあふれていた。

1990年にデビューしたサニーベースのクーペであるNXクーペ。エアロフォルムを纏った未来的デザインで街中でも目立っていた

次ページは : チェリークーペ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ