日産 全新車電動化方針の衝撃!! フェアレディZとGT-Rは生き残れるのか!? 次期型と存亡の行方


 日産が2030年代早期より投入する全新車を電動化! 日産の、いやニッポンを代表するスポーツモデル、「GT-R」と「フェアレディZ」の次期型、そしてその先はどうなる?

 日産は1月27日、カーボンニュートラルに関するリリースを発表。そのなかで「2030年代早期より、主要市場である日本、中国、米国、欧州に投入する新型車をすべて電動車両とすることにより、電動化技術の採用をさらに積極的に推進する」ことが明らかに。

 これによって、スポーツモデルであるGT-RやフェアレディZも、存続するならば次期型かその次のモデルで電動化が必須となった。

 燃費・騒音の諸規制も強化されていくなかで、現行型GT-Rは年内にも一旦生産中止、次期Zはハイブリッド化も視野に入れるという。以下、国沢光宏氏が解説。

文/国沢光宏、写真/NISSAN、茂呂幸正、編集部

【画像ギャラリー】今年で見納め!? 日産 現行型GT-R 厳選写真全28


現行GT-Rは年内生産中止濃厚

現行型GT-R(全長4710mm×全幅1895mm×全高1370mm/ホイールベース 2780mm)

 日産は「2050年カーボンニュートラルの目標を設定」としたうえ「2030年代早期より主要市場で投入する新型車をすべて電動車両にする」。

 つまり、菅首相が所信表明演説で打ち出した2050年カーボンニュートラルと、小池東京都知事の「2035年に純ガソリンの販売を停止」の両方をクリアします、ということ。双方の顔を立てた格好。

 具体的な内容について分析してみたいと思う。まず、自動車好きにとって気になるのが、GT-Rとすでにスタイルを公表した次期型フェアレディZの動向。

 GT-Rだけれど、2022年から施行される騒音規制の「フェーズ2」をクリアできないと思われる。フェーズ2の基準は極めて厳しくパワーユニットについちゃ「ほぼ無音」じゃなくちゃダメ。

 いや、パワーユニットからの騒音を減らすことができても、高性能タイヤだとタイヤ走行音で規制をクリアできない。現行GT-R、どうやら2021年一杯で生産中止のようだ。

 ちなみに騒音規制、継続生産車でもクリアすることが義務付けられるから厳しい。GT-Rの購入を考えているなら生産中止が発表される前にオーダーしておくこと。

次期GT-RはピュアEVに!? 今やテスラは1000馬力超のモデルS発売

次期型GT-RはポルシェタイカンやテスラモデルSのようなEVでのスポーツカーに生まれ変わるだろう(ベストカーが作成した予想CG)

 次期型GT-Rはあるかないかと聞かれたら「あるでしょう!」と根拠なく答えておく。日産社内で「GT-Rが必要」という意見も多く、もしかするとすでに市販に向け開発を始めているかもしれません。

 もちろん、ハイブリッドやPHVみたいな中途半端な環境対応車じゃないと思う。そんなパワーユニットで2025年に出したって5年しか売れません。

 当然ながら純粋な電気自動車になるだろう。今や電気自動車でも高性能車は作れる。というか、電気自動車の方がGT-Rにふさわしいかもしれません。

 なんたってテスラ モデルSはマイナーチェンジでモーター出力を1020馬力にアップ! 最高速320km/hなので現行GT-Rを凌ぎ、0~100km/h加速なんか2.1秒とな! 

 2.1秒ってGT-Rが3秒を切ったぞすげぇな、みたいな話と次元からして違う。F1マシンの加速より速いですから。新型テスラ ロードスターなんか0~100km/hが2秒。0~400m加速で9秒を切るという。

 現行GT-Rが市販車ニュル最速を目標にしたのと同じく、新型GT-Rはテスラより速いクルマを狙ったら面白いんじゃなかろうか。

 日産も今のリチウムイオン電池より3倍以上高い性能を持つ全固体電池の開発を行っているという。実現したらテスラより高い性能を持たせることは充分可能。電気自動車なら騒音規制はタイヤだけ。

 何とかクリア出来るし、企業平均燃費CAFE2030だって余裕。東京都認定の電動化車両だし、そのまんま2050年のカーボンフリーまで続けられる。

次ページは : 新型フェアレディZは純ガソリン仕様からHV化へ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ