バイクでiPhoneが壊れるってマジ? Appleが警告するバイクのスマホ事情

バイクでiPhoneが壊れるってマジ? Appleが警告するバイクのスマホ事情

 スマホをバイクにマウントしてナビ代わりに使っているライダーは多い。しかし、衝撃のニュースが……。「バイクの振動がiPhoneのカメラに影響し、性能低下の恐れがある」とアップルが異例の注意喚起を行ったのだ。どうやらiPhoneのカメラに搭載される光学式手ぶれ補正システムが振動で故障してしまうらしい。

 その詳細はどんなものか。さらにAndroidでも発生するのか? アップルジャパン、およびAndroidスマホで国内シェア1位を誇るシャープに話を聞いてみた。

文/沼尾宏明、写真/SHARP、SUZUKI他

【画像ギャラリー】ハンドルマウントから今後はメーターにスマホアプリを表示する時代へ

実は数年前からライダーの間で「故障」が噂になっていた

別売のマウントシステムをハンドルなどに取り付け、スマホをナビや音楽プレイヤーとして使うライダーはとても多い。2000年代にはバイク用のナビが存在したものの、スマホの出現により近頃はすっかりマイナーな存在になってしまった。
 ところが、近頃「スマホのカメラが壊れた」という話をよく聞く。SR400にiPhoneをマウントして故障した知人がいるし、ネットを検索しても似たような話が後を絶たない。

 どんな不具合が起きるかと言うと、「カメラの撮影画面がグラグラ揺れる」「ピントが合わない」「撮影した写真が歪む」といった症状。数年前からiPhoneを中心に起きており、ライダーの間で密かな噂になっていた。

 そんな中、「オートバイの高出力エンジンなどの振動を受け続けるとiPhoneのカメラに影響することがある」と題したアナウンスがアップルのサポートページに掲載された。

アップルジャパンの公式HPに掲載された注意喚起。米国では2021年9月10日、日本では同9月15日に掲載されたもの

 これによると、特定の周波数範囲で振幅が大きい振動 (とりわけバイクの高出力エンジンによる高振幅振動) が問題。iPhoneが長時間、これらの振動を直接受け続けると、一部iPhoneに採用されている光学式手ぶれ補正 (OIS=Optical Image Stabilization)とクローズドループ方式のオートフォーカス (AF) 機能が低下するという。

 したがって、「高出力または大排気量バイクに iPhone を取り付けることは推奨されません」と注意喚起。

 一方、原付やスクーターなど小排気量のバイク、電気エンジンを搭載したバイクに iPhoneを取り付けた場合、振動の振幅は比較的小さくなる場合があるが、損傷のリスクを軽減するため、防振マウントの使用を勧めている。それでも「長期にわたる常用は控えた方がよいでしょう」とのことだ。

 なおOISは、カメラが誤って動いてもジャイロスコープが感知してレンズ自体を動かし、鮮明な写真が撮れる機構。iPhone 6 Plus以降に搭載されている。

 クローズドループ方式AFは、磁気センサーが重力や振動による影響を測定し、レンズ位置を判定することでブレを補正。iPhone XS 以降から採用される。

iPhoneのカメラは年々、繊細かつ複雑化。最新の「13Pro」は3つのレンズを備え、デュアル光学式手ブレ補正、センサーシフト光学式手ブレ補正を備える
光学式手ぶれ補正は、ブレを感知したらレンズかイメージセンサーを三次元的に動かして補正するシステム。上記写真はともにレンズシフト方式だ。写真はTDKより

アップルジャパンに直撃、バイクの出力や排気量の目安は?

 果たしてバイクの「特定の周波数」とは、単気筒のように一発が大きい震動なのか、あるいは4気筒のように微細な震動なのか。さらに「高出力エンジン」「大排気量」の目安も気になるところ。また、「長時間」とは、連続で何分ほどなのか、あるいは累積時間なのか?

 これらの質問に回答を得るべく、アップルジャパン広報室に問い合わせたところ、「生憎ではございますが、サポートページに掲載していること以上の詳細はお答えしかねます。恐れ入りますが、ご理解いただきますようお願いいたします」との回答だった。

 ちなみに、カメラの修理代は正規店で税込3万9380円(iPhone6Plus 筆者調べによる参考価格)。上位機種は4万円台~6万円台となる(筆者調べ)。修理はできたとしても相当に痛い出費だ。

次ページは : Androidのシャープは「特に事例なし」との回答