要人を守る「警護車」にハマる人急増中! 警察マニアだけが知っているウォッチ術


 交通規制された道路を、白バイに先導されながら黒塗りの警察車両たちが一気に駆け抜ける。キビキビとした動き、統率のとれたフォーメーション。物々しい雰囲気もさることながら、高い練度を感じさせるその動きに、きっと目を奪われるに違いない。

 そう、要人警護のワンシーンだ。なかでも海外からVIPが来日した時の警護車列は見応えバツグンである。アメリカ大統領の車列ともなれば、随行車も含めて数十台のクルマが連なり、まるで映画のワンシーンのようでもある。

 今回は、マニアでなくともハマる人が続出中の警護車列の魅力とウォッチ術をお届けする。なお、警護車のさまざまな車種については『平成~令和新時代 パトカー30年史』も参考にご覧頂きたい。

『平成~令和新時代 パトカー30年史』はこちら

文・写真/外江彩

【画像ギャラリー】警察マニアだけが知っている「警護車」のウォッチ術(10枚)画像ギャラリー

■要人警護は大きくわけて3パターンある

 要人警護のなかでも、もっとも警戒厳重となるのが、海外からのVIP来日である。アメリカやロシアのように自国から専用車を持ち込むパターンは車列の規模も大きくなりがちで、随行車の多彩さなど、見どころも多い。ただし、こうした外国要人の来日は頻繁にあるわけではなく、見学できる機会は非常に限られてしまう。

白バイに日産フーガ警護車、米大統領専用車(通称ビースト)が連なる

 国内の要人でハイレベルの警護といえば、やはり総理大臣だ。総理大臣用には専用車があり、移動中は警察の警護車がガードする。その緊張感あふれる車列は一見の価値ありだが、見学の機会をとらえるのにはコツが必要だ。

 要人警護のなかでも、やや異色なのが、天皇陛下の車列だろう。厳重な警備が敷かれつつも、国民とのふれあいにも配慮がなされており、上記の2つに比べると見学がしやすい。車列の迫力は、上記2つには及ばないが、ウォッチのしやすさから初心者にオススメといえる。

 さて、このように海外の要人や総理大臣、天皇陛下などの安全を確保するのが「警護課(警衛課)」(※皇族方の場合は「警衛」と呼ばれる)という部署だ。警護課は、出発地や目的地の警備だけでなく、移動中の警備も行う。とりわけ、クルマで移動する際には、前後に「警護車」と呼ばれる警護専用の車両を付け、警護対象車をガードする。その車列は、関係者も含めると数台~十数台になることもあるのだ。

■要人の盾となる警護車とは?

 要人を守る警護車とは、どういうクルマなのだろうか。

 警護車は、警護課員が運用する警察車両のことだ。その多くは黒塗りの覆面パトカーで、反転式警光灯、前面警光灯、ナビミラーを備え、緊急走行が可能である。また、警備系の無線を多チャンネル用いるため、アンテナを多数装備している車両が多い。中には防弾装備となっている車両もあり、緊急時には警護対象車(者)の盾となる。

 要人が乗車する車両は、通常、高級車が用いられるため、警護車も車列として品格を保てるよう、高級車が用いられる傾向にある。また車列の機敏な動きにも対応できるよう、大パワーも求められる。

 近年ではレクサスLSや日産フーガなどが導入されている。かつてはトヨタ・セルシオや日産シーマなども用いられてきた。こうした高級車ベースの黒塗りの警護車が要人の周りをガッチリ固めて車列となって走行するわけだ。

メルセデス・ベンツS600警護車。警護車列の品格を高めるため、このような高級車が用いられる。警護車としては珍しくマグネット式の警光灯を採用する

 乗車しているのは警護専任の警察官(いわゆるSP)で、移動中に不審な車両が近づくのを阻止したり、車列通過時に歩行者が妨げにならないよう注意を払う。また、要人が車両に乗り降りする際には、先に下車して周囲をガードし、安全を確保する仕事も担う。

 警護車列で一番の見どころは、「ハコ乗り」シーンだろう。高速道路の合流時や、交差点通過時には、警護課員が窓から身を乗り出し、他の交通を制止し、警護対象車をガードする。猛暑の日も厳寒の日も、そして土砂降りの天気も関係なし。つねに窓全開で行われるこの動きには、プロとしての強い意思が感じられ、マニアならずとも目を奪われる。

高速道路の合流部でのいわゆる「ハコ乗り」。身を乗り出して、後方の一般車両に対して減速、制止を行う

次ページは : ■マニアだけが知っている! 警護車列ウォッチ術

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ