歴代クラウンパトカーの伝統を破った…新型220系クラウンパトカーに違和感あり

歴代クラウンパトカーの伝統を破った…新型220系クラウンパトカーに違和感あり

 220系新型クラウンパトカーがいよいよ本格稼働をはじめた。

 一般読者の方々からすれば「なにそれ??」という話題かもしれない。しかしパトカーファンにとっては、今もっともホットな話題のひとつなのだ。というのも「220系クラウンパトカーの登場はない」とまで囁かれていた中での登場。その上、220系クラウンパトカーは、これまでのクラウンパトカーの伝統を覆す仕様だったのだ! 新型クラウンパトカーにまつわる「深~い」お話をお届けしよう。

 なお、平成時代のパトカーをまとめた『平成~令和新時代 パトカー30年史』もあわせて参照いただきたい。

『平成~令和新時代 パトカー30年史』はこちら

文・写真/有村拓真

【画像ギャラリー】新型220系クラウンパトカーのディテールを一気チェック(9枚)画像ギャラリー

■いきなり爆買!? 初回導入は全国で675台!

 2021年の秋頃から北海道警や愛知県警などで先行して稼働が始まっていた220系クラウンパトカー。12月に入っていよいよ警視庁でも稼働が確認され、やっと見かける台数も増えてきた。とはいってもまだ警ら仕様ばかりで、交通取り締まり用パトカーの稼働はこれからという状況だ。地方によってはまだまだ見たことのない方のほうが多いかもしれない。
 
 さて、今回国費(警察庁の予算)で落札された220系クラウンパトカーの台数はなんと675台にものぼる。初モノのわりに、けっこうな爆買いという印象もあるが、その仕様や価格などを順番に見て行こう。

 今回導入されたのは下記の4種である。それぞれの導入台数、1台あたりの価格については、以下の通りだ。

・無線警ら車(2WD) 234台 約413万円
・無線警ら車(4WD) 94台 約460万円
・交通取締用四輪車 240台 約449万円
・交通取締用四輪車(反転灯) 107台 約432万円

 無線警ら車とは、昇降式の赤色灯が付いたパトカーのことで、一番街中で見かけるタイプのパトカーだ。2WD、4WD合わせて328台が配備される。今モデルでは、2WDには2.0Lターボモデルが、4WDには2.5Lハイブリッドがベース車として使用される(4WD設定がハイブリット車にしかないため)。

無線警ら車には昇降機が備わっている。赤色灯は小糸製作所製の散光式警光灯を装備している
無線警ら車には昇降機が備わっている。赤色灯は小糸製作所製の散光式警光灯を装備している

 次の交通取締用四輪車とは、その名の通り、交通取り締まりを行う白黒のパトカーのことだ。主に高速隊や交通機動隊で活躍する。これが240台。

 最後に交通取締用四輪車(反転灯)だが、これも名称にある通り、反転式警光灯を装備するパトカーのこと。いわゆる覆面パトカーのことで、操作ボタンを押すとルーフから赤色灯がパカッと出てくる。こちらも、白黒仕様と同じように、主に高速隊や交通機動隊で活躍する。今回は107台が配備される。

 国の予算で一括購入するパトカーは、主にそれまで使用していたパトカーの更新対象として購入される。今回は2014年度あたりに導入されていた200系クラウンや、レガシィパトカーの後継であろう。総台数は先にも挙げたとおり、675台。総額は約30億円となっている。

 ちなみに、前モデルの210系クラウンパトカーの無線警ら車(2WD)を例にとって今回の台数に近い落札年度を調べてみると、2018年度に275台、合計約8億円弱という実績がある。1台あたりに換算すると約298万円。他年度でも1台当たりの価格は約298万円~331万円となっているため、220系パトカーはモデルチェンジに伴って大幅な価格アップとなっていることがわかる。

次ページは : ■排気量に異変! 交通取り締まり仕様にも2Lターボを採用

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!