イタリアン魂炸裂! マセラティのスーパーカー「MC20」が日本納車開始へ


 マセラティがフラッグシップスポーツ「MC20」の日本でのデリバリーを開始した。2020年9月のワールドプレミアでは、イタリア・モデルと最大の市場となるアメリカ・ニューヨーク、東京の3つの都市で同時開催され、日本にいる熱心なエンスージャストたちに敬意が払われた。

 ついに上陸を果たしたマセラティMC20の詳細を紹介はもちろんのこと、今後の展開についてもお伝えしよう。

文/大音 安弘、写真/マセラティ ジャパン

【画像ギャラリー】100%イタリー製のスーパーカー「マセラティMC20」(6枚)画像ギャラリー

■次世代を担うマセラティのスーパーカー

 マセラティ ジャパンは、2022年1月27日、マセラティの最新モデルであるスーパースポーツカー「MC20」の日本デリバリー開始を発表した。

ガルウイングが象徴的なスーパースポーツ、マセラティMC20

 マセラティMC20は、2020年9月9日に、マセラティの次世代モデルの象徴として発表された。その翌日より受注を開始。それから1年4カ月ほどの期間を経て、日本のオーナーの元に届けられるタイミングを迎えた。

 もっとも欧州向けのモデルの生産自体が2020年度末と予告されていたので、生産が問題なく、進行していることを伺わせる。現時点では、ピュアエンジン車のみだが、EV化も前提に開発されているのも、次世代スーパーカーらしい特徴のひとつだ。

■生粋のイタリアっ子というプライド

 グローバル化の流れから、プレミアムブランドでも海外生産されるモデルが存在する。そのなかでMC20は、開発から製造までをすべて自社で行い、イタリア工場で生産していることを強調。

 その象徴といえるのが、新開発エンジンだ。20年以上ぶりとなる自社生産エンジンとなる「Nettuno(ネットゥーノ)」は、3L V6DOHCツインターボとなり、電動化に突き進む現代においては、非常に贅沢な存在だ。

 燃料システムには、自社開発のMTC(マセラティ・ツイン・コンバスチョン)を採用し、ドライサンプシステムも備える。その性能は、最高出力630ps/7500rpm、最大トルク730Nm/3000~5500rpmを発揮。

 車両重量が1500kg以下に抑えられた結果、0-100km/h加速が2.9秒以下、最高速度は325km/h以上というスーパースポーツにふさわしい性能を身につけている。

マセラティ自社開発・生産の新エンジン「ネットゥーノ」を搭載。今や贅沢なV6ツインターボエンジンだ

 開発には、あのダラーラも協力し、2000時間以上の風洞実験室のテスト、100回以上のCFD(数値流体力学)シミュレーションにより設計されている。その美しいスタイルを損なわぬように、ダウンフォースを高めるリアスポイラーも目立たぬものに仕上げられた。

 開発時にも、最先端技術が積極的に使われ、ダイナミックシミュレーターを使用したバーチャル・ビークル・ダイナミクス開発システムは、マセラティ・イノベーション・ラボが自社内で開発したもの。

 バーチャル・カーと呼ばれる複雑な数理モデルをベースに、ダイナミックテストの97%のパフォーマンスを実現させ、開発期間を短縮。もちろん、リアルなサーキットやロードテストの検証後、マシンの最終的な仕上げを行っている。

 これらの技術は、少量生産のメーカーであるマセラティが先進的な開発体制を整えていることをアピールするものでもある。

■カーボンシェルに収まる最新鋭コックピット

 軽量かつ高剛性なカーボンシェルに収まるコックピットは、マセラティらしい上質さと現代スポーツカーの先進性を両立させたもの。ダッシュボードは、シンプルな美が追求され、ボタン類を最小限に留める。

 操作に必要なボタン類は、ステアリング、その周辺に集約。ドライバーへの情報伝達には、メーター用とインフォメーションシステム用の2枚の10.25インチのディスプレイが大きな役目を果たす。

シンプルだが、上質さにあふれるコックピット。運転に集中できるデジタル化も進められた

 トランスミッションは8速DCTで、シフトはスイッチ式を採用。パダルシフトによるマニュアル操作も可能だ。ドライブモードは、標準時の「GT」、スポーツ走行向けの「スポーツ」、性能を引き出す「コルサ」、雨天時などの安全性を高める「ウェット」の4モードを用意。状況に合わせて、走りのキャラクターを変化させることができる。

 もちろん、快適性の面での配慮も忘れていない。ドライバーがより多くのシチュエーションをMC20と楽しめるように、前輪を50mmリフトアップできる「サスペンションリフター」やイタリアの高級オーディオメーカーのソナス・ファベール社のプレミアムオーディオシステムなどをオプションで用意するのは、イタリアンスーパースポーツらしいおもてなし機能といえるだろう。

次ページは : ■注目の日本での価格は……

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ