ロシアからカザフスタンへ――「ウラル」が工場を移転、最新状況を日本法人社長に訊いた

ロシアからカザフスタンへ――「ウラル」が工場を移転、最新状況を日本法人社長に訊いた

 ロシア生まれの二輪ブランド「ウラル」が生産工場をカザフスタンに移転することを決めた。ロシア工場での車両生産が止まっており、再開の見込みが立たないことが理由。早ければ8月にも生産を再開するという。

 現状についてウラル・ジャパンのCEOに話を聞いてみた。

文/沼尾宏明、写真/ウラル・ジャパン

【画像ギャラリー】ウラル公式HPは「STOP WAR NOW」を訴える(3枚)画像ギャラリー

伝統のサイドカー、生産再開のメドが立たず隣国で組み立てへ

 ロシアがウクライナに侵攻した2月26日、黒地に白文字で「STOP WAR NOW」のメッセージがウラル・ジャパンのWebサイトに掲載された。ロシア発のバイクメーカーが、このようなメッセージを発信したことで、当Webでも記事にさせてもらった(詳細は『「戦争を止めろ」ロシア発バイクメーカー、ウラルが発信したメッセージに込められた思い』を参照)。

 ウラルは、第二次世界大戦中のソビエト連邦が製造した軍用サイドカーM-72に端を発するメーカーで、1992年に生産工場を国営からウラルモト株式会社に改組。現在は「ウラルモーターサイクルズ」として米国ワシントン州レドモンドのIMZ-Groupが経営している。42か国に輸出され、世界唯一のサイドカー専業ブランドとしてファンも多い。

 車両は、昔ながらのフォルムと749ccOHV空冷水平対向2気筒を堅持しながら、2022年型は最新排ガス規制ユーロ5をクリア。二輪駆動車は普通四輪免許で運転できるのもポイントだ。

 日本国内においては、2007年11月にウラル・ジャパンが設立され、国内販売台数は年々20%増のペースで伸びている。

取材に応じてくれたウラル・ジャパンCEOのブラド氏。幼少期から空手などを通して日本の文化に親しみ、10代からバイク好きだった。もちろんウラルを愛する一人だ
取材に応じてくれたウラル・ジャパンCEOのブラド氏。幼少期から空手などを通して日本の文化に親しみ、10代からバイク好きだった。もちろんウラルを愛する一人だ

ロシア国外で最終組み立することで生産が再開

 現在、ウラルは8割以上の部品を米国、欧州、台湾などで生産。ロシアのイルビット工場では車両の最終組み立てのほか、一部部品を生産していた。

 ところが戦争の影響により、3月9日の取材時点で車両の新規生産が停止されていた。その後の状況をウラル・ジャパンのボリヒン・ブラジスラーフCEO(以下、ブラド氏)に尋ねてみると、「ロシアのイルビットから600km南東にあるカザフスタン共和国のペトロパブルに新しい工場を確保しました」という。

 現在のロシアから各国へ車両を輸出するのは莫大な時間とコストがかかる。また日本政府は4月19日、ロシアに対する追加経済制裁としてバイクや二輪車部品を含む38品目の輸入禁止を決定した。そこで「早急に生産を再開するため、ロシア国外での最終組み立てを行うことにしました」と話す。

 ロシアでは車両の組み立てのほか、フレーム、サイドカーのボディなどを製造。ロシア国外での部品供給は継続されているが、車両自体が出荷できないというわけだ。

カザフスタンの新工場。北カザフスタン州の州都である大都市ペトロパブルに立地する
カザフスタンの新工場。北カザフスタン州の州都である大都市ペトロパブルに立地する

次ページは : 順調にいけば6月から新規注文を受け付け、秋頃に入荷される

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します