2台試乗してみてわかった! ランクル300とレクサスLXの「質の違い」って何よ?

2台試乗してみてわかった! ランクル300とレクサスLXの「質の違い」って何よ?

 2021年10月14日にワールドプレミアとなった新型レクサスLX。すでに11月25日から先行予約が開始されていたが、今年3月にようやく試乗車が出揃った。

 本企画では、先に登場していたランドクルーザー300との比較を行い、敢えてLXを買う意味はあるのかどうか検証してみた! 値段どおり、クラス上の存在になることはできているか!?

文/石川真禧照
写真/レクサス、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】レクサスのフラッグシップSUV、LXとランクルを画像でチェック!(10枚)画像ギャラリー

■ランクル300とレクサスLX、新型になってどう差別化されたのか?

 昨年8月に発表されたトヨタのフラッグシップSUV、「ランドクルーザー」は、半導体不足やコロナ禍などが重なり、ようやくデリバリーが開始された。

 その時とほぼ同じ2022年1月にはレクサスが、「LX」を発表した。こちらも生産現場の混乱などで、なかなか実車が登場しなかったが、ようやく2022年3月になり、試乗車が揃った。

 ランドクルーザーとLXは先代も発売されていたが、「LX」は「ランドクルーザー」をベースにレクサスエムブレムを付け、内外装のクォリティを向上させ、差別化を図った程度のモデルだった。

 今回はどのような差別化が図られたのか、興味深々。車両本体価格もランドクルーザーが510万円から800万円という価格帯に対し、LXは1250万円から1800万円と、ほぼ2倍以上の価格差なのだ。さすがにこの価格差でバッジの違いや素材の違いだけでは、ユーザーも納得もしないだろう。

■LXは高級SUVとしての立ち位置を明確にした!

 そんなことを心のなかに思いながら、レクサスLXに試乗した。結論を先に書いてしまうと、2車はまったく別のクルマだった。もちろん、LXのほうが完成度が高い。

レクサスLX600OFFROAD。レクサスブランドにふさわしい高級SUVとして君臨できるか

 おそらくランクルを注文したユーザーは、価格差が大きいので、レクサス車にはあまり興味がないから、LXの存在は気にはなるかもしれないが、購入の対象にはなっていないハズ。そのほうが幸せかもしれない。

 しかし、その価格差も納得できるくらいに新型LXは高級SUVに仕上がっている。

 新型LXはV6、DOHC、ツインターボガソリンエンジンを搭載している。これはランクルと同じ。ランクルに用意されているV6、DOHCツインターボディーゼルは選べない。

■ランクルはあくまでもスポーティ路線

 LXに試乗する前に、ガソリンエンジンの「GRスポーツ」と、ディーゼルの「ZX」にも試乗した。

 その時の印象だが、ガソリンのほうは3000回転でもエンジン音は伝わるが、ノイジーな音質ではなかった。アクセルレスポンスも1800回転からタイムラグなく反応し、スポーティ感は充分。

スポーティなランクル300。GR SPORTは機能面でノーマルに対し、足回りが強化されている

 10速ATはパドルシフトレバーはないが、手許のシフトレバーをMモードにシフトすれば、マニュアルシフトも可能。0-100km/h加速は、Dレンジで6秒台を出した。この時、V6エンジンは5500回転まで上昇し、シフトアップした。

 GRスポーツは、世界のオフロードラリー参戦のベース車両としてチューンされている。そのために足回りは強化され、電子制御でスタビライザー効果を変化させるE-KDSSというシステムが世界で初めて実用化された。

 これは前後のスタビライザーを独立して自動で電子制御する技術。その効果か、モードセレクトを「ノーマル」のままでも街中から高速までやや重めの操舵力と強めの直進性で走らせる。乗り心地は細かいゴツゴツ感と若干の横揺れが発生していた。

次ページは : ■素のランクルにはハテナが浮かぶ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ