BMW Z4新型発表!!次期スープラが見えた!! もっと凄い本命スープラに脱帽

2018年8月24日、アメリカ・カリフォルニア州モントレーで開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、新型BMW Z4が世界初公開された。その詳報をお伝えするとともに、これまで伝えられてきた、新型スープラの最新情報を整理してお伝えする。

このZ4とスープラは、トヨタとBMWが共同開発した兄弟車だが、Z4がひと足早く発表された。いっぽう、スープラは来年1月のデトロイトショーで市販車が公開され、2018年春から発売される。

さあ、いよいよカウントダウンが始まった。ワクワクしながらZ4、スープラの詳報を書いていこうと思う。

文/ベストカー編集部、ベストカーWeb小野正樹

写真/TOYOTA、BMW、清水勇治、ベストカー編集部

初出:ベストカー2018年8月26日号


■つ、ついに新型Z4の市販型が発表された!

初回生産モデルとなるファーストエディションは、フローズンオレンジメタリックのボディカラーに、「BMW Individual ハイグロスシャドーライン」と呼ばれるトリムの組み合わせで、ブラックのミラーキャップや2トーンの19インチダブルスポークアルミホイールを備える

2017年8月、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスでコンセプトZ4が発表されたのだが、あれからちょうど1年経った同じ場所で、市販型Z4が発表された。

今回お披露目されたのはZ4 M40i。このM40iという車名は見慣れない人も多いかもしれない。このシリーズのMは、M社の新ブランドMパフォーマンス・オートモービルズのことである。

BMWの高性能モデルと、M3に代表されるM製品の中間に位置するのが、このシリーズのコンセプトとされる。Mほどレーシングライクではないが、毎日使えるMという意味合いである。

BMWファンの方はすでにご存じかもしれないが、このエンジンは2シリーズクーペのM240iに搭載されているN55系3L直6ターボと同じものだが、今回BMWがZ4 M40iのスペックとして公表したのは340ps、0〜100km/hが4.6秒だけだった。

2017年に発表されたコンセプトZ4よりは大人しくなったがそれでもウエッジシェイプの効いたBMWの最新デザインの潮流が見てとれる

参考までにM240iに搭載されている3L直6ターボは340ps/51.0kgm。0→100km/hは4.8秒。0→100km/hタイムを見る限り、0.2秒速いので、Z4 M40iの実力がわかろうというもの。

蛇足になるが、その上のM2クーペは370ps/47.4kgm、さらにその上、M3やM4と同じ3L直6ターボのS55系エンジンを積むM2コンペティションは410ps/56.1kgmを発生する。

このほか新型Z4に搭載されるエンジンは264ps/39.8kgmの高出力仕様2L直4ターボのsDrive30i、sDrive20iにはもう一つの2L直4ターボ(152ps/25.5kgm)が搭載される予定だ。

今回発表されたM40iに搭載されるエンジンはM240iと同じ340psを発生する3L直6ターボユニット。0〜100km/hはM240iより0.2秒速い4.6秒

エクステリアを見てほしい。M40iはノーマルモデルと違うので、若干スポーティな外装パーツが奢られているが、BMWのスポーツカーらしいロングノーズ、ショートオーバーハング、前後50:50の重量配分を最優先に考えられたプロポーションである。今回、先代モデルで採用していた電動メタルトップではなく約10秒で開閉する電動ソフトトップになった。

ボディサイズは公表されなかったが、全長4380×全幅1860×全高1295mm、ホイールベースは2480mmと予想。兄弟車のスープラと同様、トヨタ86よりもショート&ワイドなサイズになることにも注目したい。

ロングノーズ、ショートオーバーハングのプロポーション。50:50の前後重量配分は守られている。サイズは明らかにされていないが86より短い全長、ホイールベースになる

足回りは、電子制御式ダンパーを備えたスポーツ・サスペンション、M スポーツブレーキシステム、そしてリアアクスルにM スポーツディファレンシャルが搭載されている。

インテリアは直感的なタッチ操作ができる新世代のデジタルコクピット、BMWオペレーションシステム7.0が採用され、BMWライブコクピットプロフェッショナルと呼ばれる2つの高解像度ディスプレイなど、一歩進んだ最新世代のコクピットが採用されている。

新型Z4の詳細は9月18日から開催されるパリオートショーで明らかにされ、2018年春からこのZ4 M40i、Z4M40iファーストエディションが発売される。

次世代デジタルコクピット、BMWオペレーティングシステム7.0が採用され、ヘッドアップディスプレイも装備。ドライバーはiDriveコントローラー、タッチ、ボイス、ジェスチャーコントロールを通じてインフォテイメントシステムにアクセスできる

ガンメタリックのボディカラーのM40i。サイズは全長4380×全幅1860×全高1295mmと予想

電動ソフトトップが約10秒で開閉する

先代は電動メタルトップだったが軽量化のためにソフトトップに戻った

精度が高くすっきりと収まっている

■兄弟車、新型スープラはどうなる?

2018年7月に行われた英国グッドウッド・フェスティバル・スピード2018で走った新型スープラ。次期スープラの型式になるであろうA90の文字が見えるだろうか?

新型スープラ開発責任者の多田哲哉さん。スポーツカー作りに関しては激アツな人で、この人と話をしていると、この人が作ったクルマが欲しくなってしまう(笑)

まずは開発責任者の多田哲哉氏に、スープラを走らせたグッドウッドから帰国直後に直撃インタビューした内容からお届けしよう。

 僕は86をスバルと共同開発しました。その時には他社と組んでクルマを作ることの大変さを思い知りましたが、BMWとの仕事の大変さはその比ではなかったですね。

 初めてBMWのスタッフと顔を合わせたのが’2012年のこと。その時にはどんなクルマを作るかの青写真もなく、ただ「一緒にやろう」というだけだったのですが、その後「ポルシェに負けないスポーツカーを作りたい」と言ったら鼻で笑われました。「俺たちはポルシェもメルセデスもライバルと思ったことはない。BMWはBMWの道を歩んでいるんだ」と。

スープラは直6エンジンのFRでなければいけないという多田氏の思いはBMWと共同開発することで叶えられた。今回、BMWが発表したM40iのエンジンが340psの3L直6ターボというのが明らかになったが、同じエンジンがスープラにも搭載されるのは確実。日本人としては、スープラにはS55系のM2コンペティションに搭載されている410psの3L直6エンジンを搭載してほしいのだが……(写真はCG)

 まずはお互いのクルマを知ろうということで自社のクルマを持ち合って試乗会を開いたのですが「トヨタ車に乗るのは初めて」という人ばかりで、86に乗って「意外とまともだね」なんて言われたり。今ではすごく仲良くやっていますが、はじめの2年は本当につらかったですよ。

 でも、BMWのクルマ作りはすべてが衝撃的でした。BMWは設計図をトヨタの2倍作り、徹底的にシミュレーションを重ねます。テストカーを作る時には問題点はほとんど消されているのです。

 またデザインも彼らはプロポーションをしっかり決めることを何よりも大切にしています。我々は早い段階からディテールに目がいってしまいがちなのですが、そこも異なるところで、今回BMWと一緒にクルマを作ることで学んだことはたくさんあります。ただ、インテリアの設計技術は明らかにトヨタのほうが上ですね(笑)。

7月のグッドウッドフェスティバルオブスピードで走った時に撮影されたスープラのコクピット。まさかここまでガードしなくてもいいのに……

CGで作った新型スープラの予想インテリア。開発責任者の多田さんはZ4とインテリアデザインは違いますか? の質問に「全然違います」とのこと。トランスミッションはBMW製の8速AT。DCTより変速レスポンスに優れたスポーツATだ。もちろん先進運転支援システムや最新コネクティビティも充実するだろう

■ハイテクLSDで超ニュートラルステアを実現!

カモフラージュをCGで取った状態にした

新型スープラと新型Z4を並べてみたが、改めてデザインが全然違うことがわかる

超ニュートラルステアでコーナーの突っ込み、ターンインから旋回、脱出まで終始ニュートラルステアで、アンダーステアが出ることもない。早く乗ってみたい!

 役割分担は企画がトヨタ、設計、生産がBMWで、スバルと組んだ86/BRZと同じやり方です。ただ、ベース車の開発はBMWですが、そこから先はスープラとZ4はまったく別に開発を進めていて、互いに相手がどんなクルマを作ろうとしているのか知らないくらい。共通のパーツを多用して安くしようという発想もありませんから内外装もまったく違うし、シフトノブも別のものを使っています。

 僕は直6、FR以外はスープラではないと思っています。だから直6エンジンを作っているBMWと組めなければこの企画はあり得ませんでした。

 販売台数が少なく、採算を取りにくいスポーツカーは一社単独で作るのは難しい。これからも趣味性の高いクルマはどこかと共同で作るというのが重要な手法になると思います。そもそもBMWもZ4はもう諦めていて、我々と組むことがなければ生まれてこなかったはずなのです。

 スープラの走りについて、ひとつだけ秘密を教えておきましょう。キモはLSDにあって、超ハイテクのLSDを使っています。これによってターンインから立ち上がりまで、きれいなニュートラルステアで走りきれるクルマになっています。

スープラ開発にあたり、ベンチマークになった2Lフラット4ターボの718ケイマン。ボディサイズは全長4385×全幅1800×全高1295mm。ホイールベースは2475mm。ケイマンのエンジンは2Lフラット4ターボで300ps/38.8kgmを発生。0〜100km/hはMTが5.1秒。いっぽう2.5Lターボ(350ps/42.8kgm)を搭載するケイマ ンS。0〜100km/hはMTが4.6秒、PDKが4.4秒。価格は718ケイマンSが862万円〜909万2000円、ケイマンが673万〜720万2000円(写真はGTS)

 ケイマンやボクスターはターンインや旋回はよくても立ち上がりの脱出の時に、ちょっとアクセルを踏んでしまうとアンダーステアが出てしまうんです。

 また、クルマの旋回性能はホイールベースとタイヤ左右のトレッド幅の割合で決まるんですが、86、ケイマンはもちろん量産スポーツのなかで最も短いんです。

 おそらくこれだけの走りができるのは3000万円クラスのスーパースポーツだけ。それを頑張れば手が届く価格で提供するのが新型スープラなんですよ。

………と熱く語ってくれた。ケイマンやボクスターを上回る走り、相当期待してよさそうだ。

■新型スープラの正式発表は2019年1月、価格は500万円前後〜

新型スープラの正式発表は2019年1月のデトロイトショー、日本での発売は2019年春になる予定。気になる価格はまだ読み切れていない部分が多いが、2Lターボが500万円前後、3Lターボが700万円前後と予想。いずれにしてもケイマン、ボクスターより安くなるのは確実。

BMWの2Lターボと8速ATのフィーリングのよさ、7000rpmまで回るM240iエンジンの3L直6ターボ、この2つがスープラに載ると聞いただけで、凄い、いいクルマになっていると断言しよう!

そして思い通りに曲がる、スーパースポーツ並みの超ニュートラルステアと聞いたら、今から貯金を始めたくなたのはボクだけではないだろう。

中古車市場で人気沸騰中の2JZエンジンを積んだ80スープラ。このクルマを90スープラは超えてくるだろうか?

サイズは86より小さくケイマン、ボクスターよりいい90スープラ。2Lターボは500万円前後からとライバルを価格面でも圧倒する

新型スープラの開発責任者、多田哲哉さんのサイン!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ