首都高のバイク死亡事故が6倍になったのはナゼ? 現場も走って検証してみた

首都高のバイク死亡事故が6倍になったのはナゼ? 現場も走ってみた

 2021年は自動二輪乗車中の死傷者数が16年ぶりに増加してしまった。首都高速でもバイクの死傷事故が多発しており、死傷事故件数は前年度と比べ約1.4倍。死亡事故は6倍にまで増加している。

 首都高速道路会社に詳細を訊くとともに、事故発生地点を実際にバイクで走ってみた。

文、写真/沼尾宏明

【画像ギャラリー】首都高速二輪事故発生地点マップ(2018年4月~2021年3月)(3枚)画像ギャラリー

死亡事故はいずれも側壁等の接触、ほぼ全てカーブ区間で発生した

 当webで既報のとおり、2021年は「自動車乗車中」、「歩行中」など多くのカテゴリーで交通事故が大幅減少したが、「自動二輪乗車中」(51cc以上)の死傷者数は前年から236人増の2万3437人に。2005年以来、年々減少していたが、16年ぶりに増加に転じてしまった。

 事故増加の実態を探るべく、前回は警察庁からデータを取り寄せ、分析を試みた(詳細は当web『オヤジライダー事故急増の真相は自爆事故!? ワーストは「単独転倒」にあり!』を参照)。

 そして今回は首都高速にスポットを当ててみた。首都高でもバイク事故が増加しており、2021年(1~12月)の死傷事故件数は前年度の47件から68件と約1.4倍に。前年度(2021年4月~2022年3月)の死亡事故は前年の1件から6件にまで増加した。

 事故が増えた要因をどのように分析しているのか、首都高速道路会社に聞いてみた。回答は「増加した要因は分析中ですが、いずれの事故も側壁等の高速道路施設に接触する形態で、そのうち5件はカーブ区間での事故となっております」とのこと。

 二輪死傷事故における第一当事者(事故当事者のうち最も過失の重い者)の年齢層は、「年代別に見ると20代、40代の件数が多くなっております。また、件数は20代、40代ほどではありませんが、50代は総事故に対する死傷事故の割合が約6割と高く、事故が重大化しやすい傾向です」という。

 「総事故」とは物損事故と死傷事故を合わせた全ての事故の意。50代はライダー人口が多い上に、それ以下の年代より事故を起こした際のダメージが大きいようだ。

首都高速道路会社は、ポスターやWebでライダーに「事故防止」を呼びかけている。「昨年の5倍」とあるが、これは2021年1~12月の統計で2021年度(2021年4月~2022年3月)比では6倍になる

都内の首都高では新大橋カーブ、西新宿JCTで発生

 二輪死亡事が発生した箇所は「主にカーブ区間」(首都高速道路)だという。さらに次の回答が得られた。

「その他の死亡に至らない事故は全線に渡り点在しておりますが、過去データから、比較的に以下の条件で二輪車事故が発生しております。
 ・急カーブ区間(側壁への衝突)
 ・JCT分合流部(四輪車との接触)
 ・トンネル区間の直線部(横転事故)」

 なお首都高速では、二輪事故を含めた過去3か年分の事故多発地点と重大事故発生地点(死亡+重症事故)の整理をしており、6月中を目途にHPで公表する予定という。

首都高における2021年度の二輪死亡事発生地点。特定の箇所に集中しているわけではなく、様々な地点で発生しているが、6件中5件がカーブ区間という ※首都高調べ

実際にバイクで走行、確かに回り込んだコーナーではある

 都内の首都高で死亡事故が発生した二地点と、過去に事故が起きた箇所を実際にバイクで走ってみた。埼玉方面から中央環状線内回りを起点に、小菅→新大橋カーブ→箱崎→三宅坂JCT→西新宿JCTと、都内をグルリと回ってみる。

 まずは事故時発生地点マップにあった小菅JCT周辺。小菅カーブの手前には「減速 カーブ」、バイクの絵が描かれた「危険!! ジグザグ走行」の標識がある。左カーブはさほどきつくなく、すぐ直線区間に移るが、フェンスで先が見えない。また、直後に小菅JCTの分岐があり、事故が発生する可能性はありそうだ。

 さらに小菅JCTを越えて6号向島線に入ると、またもブラインドの右カーブ。むしろ、こちらの方が曲がっている区間が長く、ダラダラバンクする必要がある。

小菅カーブ。先が見えない程度の曲率に加え、その先に分岐まであるので要注意。写真下部の緑色は愛車のカウルだ

次ページは : 先が見えず、バンク時間が長い新大橋カーブ