長安汽車が将来計画で「長安ディープブルー」ブランドを発表し、36のニューモデルが登場へ


 長安汽車ではこのほど、2022年の同社グローバルパートナー会議が開催された。ユーザーにとって最大の魅力はその製品計画で、長安汽車は2022年に36の新製品を発売することを発表。そのうち19は自己所有のブランド製品であり、さまざまな価格帯、さまざまなレベルなどのほか、将来の目標、新技術の研究開発、新しいエコロジーの構築、デジタル変革、そのほかの情報が発表された。

文、写真/mewcars.com

ベストカーWebでは中国最大の自動車専門サイト『mewcars.com』と業務提携を結ぶことになり、双方のサイトで掲載されているお互いの記事を配信し合うことになりました。今後、定期的にベストカーWeb上にmewcars.comの記事を掲載していきます)

https://www.mewcars.com/news/116288

【画像ギャラリー】2022年のグループ会議で36のニューモデル登場へ! 長安汽車の全貌とは?(8枚)画像ギャラリー

■今後、36のニューモデルを登場させる予定

長安汽車グループのグローバルパートナー会議。2022年に36ものニューモデルを市場投入することを発表した

 2022年は長安汽車の新製品が爆発する年になることは間違いない。合計36の新製品が発売され、そのうち19は自社ブランド製品となる。 この19製品のうち、9つの新製品と10の改造製品があり、 新エネルギーの分野では長安汽車は2022年に合計8つの新製品を発売する予定だ。

 この会議で、長安汽車は新しいデジタル純電気ブランドである長安ディープブルーをリリースした。ブランド名は探検、生活、技術、そして未来を象徴している。 ブランドは現在5つのモデルを計画しており、最初のモデルは今年下半期にリリースされるC385で、次にC673がリリースされるという。

 新しいEPA1(ピュアEV)をベースに、C385は中型のEVとして位置づけられ、非常に前衛的なデザインスタイルを採用している。全長、全幅、全高はそれぞれ4820mm、1890mm、1480mmで、ホイールベースは2900mm。

 さらに世界初のAPA7.0リモート無人バレーパーキングシステムを搭載すると同時に、5分以内に20℃まで加熱できる電動駆動高周波パルスヒーティング技術を採用。 マイナス30°Cの極寒環境でトラムの低温走行性能を向上させ、廃熱回収技術と連携して航続距離を40〜70kmに拡大している。

 また、2022年にはC385EV、C673EV、UNI-KPHEV、UNI-V PHEV、Auchan Z6-PHEVの5つのニューモデルが発売され、中国初の量産型水素燃料電池車も間もなく発表される。グリーン旅行に対する人々の主流ニーズに沿ったモデルだという。

 小型車市場では、将来的に4つの新製品が計画されており、その最初の発売モデルは、高品質の輸送に対する全国的な需要を満たすために中国名がグルタインコーンであるLUMINだ。 EPA0プラットフォームをベースに構築されており、全体の形状は今でもキュートなラインを踏襲している。

 新車の全長と全幅、全高はそれぞれ3270mm、1700mm、1545mm、ホイールベースは1980mm。やや四角い形状のおかげで、室内空間は非常に開放的なもの。駆動モーターには、最大出力30kWのふたつのサプライヤーバージョンがあり、China Innovation Aviationのリン酸鉄リチウムバッテリーを搭載し、155kmと210kmというふたつのバージョンを提供する予定。

 Avitaブランドは、ハイエンドのスマートEVの最先端として現在、主要なミドルからハイエンドの市場セグメントをカバーする4つの完全な自動車製品を計画している。CHNプラットフォームをベースにした最初のモデル「Avita 11」が量産されようとしている。

 長安、Huawei、CATLの協力モデルに基づいて、HuaweiのHIスマートカーフルスタックソリューションとCATLの最新の電化技術を搭載している。アビタグローバルデザインセンターは、「未来感覚」をコアデザインコンセプトとし、シンプルでありながら技術感覚を失わない独自の美観を表現している。0~100km/ hの加速時間は4秒未満、200kWは高速充電技術が使用される。

 商用車に関しては、2025年までに主流の乗用車市場を完全にカバーするために、将来的に6つの新製品が発売され、同時にふたつの新しいプラットフォーム採用製品が発売される。 2022年には、高速品質の輸送のニーズを満たすために、最初のコミュニティグリッド輸送車両が発売されるという。

次ページは : ■新エネルギー車のコアテクノロジーの飛躍的進歩に努める