約500万円のテスラ日本初上陸!!! その驚愕な中身に唖然


 新興EVメーカーのテスラが、同社史上最もコンパクトでリーズナブルなEVとして発表したモデル3。そのモデル3が2018年11月8日、日本で初めて公開された。

 はたして、どんなクルマなのか? 価格は? 納期は? さっそく、テスラモデル3に迫ってみよう!

文/ベストカーWeb編集部
写真/ベストカーWeb編集部、テスラモーターズ


 テスラモーターズジャパンは2018年11月8日、テスラ史上最もコンパクトでリーズナブルなモデル3をテスラ・ラゾーナ川崎プラザ(神奈川県川崎市)において日本で初めて公開した。

 実は、このテスラモデル3が発表されたのは2016年3月31日、日本でも同日から予約受注が開始されたが、2年あまりの時を経て、ようやく日本での初お披露目となった。

■サイズは全長4686mmと欧州Dセグメントより少し大きい

モデル3のBボディサイズは全長4694×全幅1849×全高1443mm。ホイールベースは2875mm。車両重量は約1610〜約1847kg

 モデル3は、ロードスター(2008年)、モデルS(2012年)、モデルX(2015年)に続く第4弾のモデルで、サイズは全長4694×全幅1849×全高1443mmと、欧州DセグメントのメルセデスベンツCクラス(全長4686×全幅1810×全高1445mm)、BMW3シリーズ(全長4645×全幅1800×全高1440mm)より少し大きいサイズだ。

 エクステリアデザインはモデルSの縮小版といったイメージだが、ハッチバックのモデルSに対し、モデル3は独立したトランクを持つ4ドアセダンだ。

 テスラの特徴ともなっているエンジンがないため、冷却に必要なエアインテークが一切ないフロント回りのデザインやCd値0.23の空力ボディ、欧州セダンのトレンドとなっている伸びやかな6ライトのボディ形状など、テスラならではの他メーカーのクルマにない個性的なスタイリングが特徴。

 実際に間近で見ると完成度が高く、クオリティはなかなかのものだった。ちなみにフロントのナンバープレートはフロントバンパー中央に配置されるとのこと。

モデルSはハッチバックだったがモデル3は独立したトランクを持つ4ドアセダン

エンジンがないのでエアインテークが一切ないモデル3のフロント回り。ナンバープレートはフロントバンパーの中央に付けるとのこと

Cd値0.23という空力ボディ。伸びやかなフォルムでカッコいい

■iPadが1つあるだけ? のコクピット

スイッチ類がない。15インチタッチスクリーン式ディスプレイとステアリングだけしか見えない

 驚くのはインテリアだ。ステアリングと左右のAピラー横一線につながるウッドパネル、15インチのタッチスクリーン式ディスプレイしかない! 

 エアコンやオーディオなどの操作は15インチタッチスクリーンで行うため、スイッチ類が見あたらないのだ。エアコンの吹き出し口はウッドパネルの下にあり、シフトレバーはステアリング右側にあるコラム式だ。ここまで潔いクルマは見たことない!

ほぼすべてをこのタッチスクリーン式ディスプレイで操作を行う

R-N-D、そしてプッシュするとPと表示されているステアリング右側にあるシフトレバー

センターコンソールには開閉式カバーがあり、比較的大容量の小物入れがあった

 展示車はフロント、リアシートともに本革シート仕様。リアシートの居住性は身長180cmの担当がフロントシートに座って最適なポジションに設定した後、リアシートに座ってみると、ヘッドクリアランスはこぶし1つ入り、レッグスペースもこぶし1つ入る余裕の空間。

 見た目は狭そうに感じたが、シートが大きめに作られているためか、実際に座ってみると快適だった。トランク容量は425LとメルセデスベンツCクラスやBMW3シリーズの480Lに比べるとやや狭いという印象。

本革仕様のフロントシート。大きめに作られておりホールド性も高かった

身長180cmの担当が座ってもレッグスペースはこぶし1つ、ヘッドクリアランスはこぶし1つ入る

次ページは : ■モデル3の価格は約519万〜約723万円!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ