超弩級スバルSTI限定車が即完売 WRX STIコンプリート車2台の超性能と次期型に迫る

 スバルの子会社であり、公認チューニングカーメーカーのスバルテクニカインターナショナル(STI)がリリースする、STIコンプリートカーの人気は凄まじく、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 WRX STIベースのコンプリートカーはS207、S208、タイプRA-Rが発売されたが、いずれも高額にもかかわらず、即完売状態が続いている。

 すぐ売り切れてしまい、欲しくても買えない……。次のSTIコンプリートカーが発売されるまで、待ちきれない。そんなスバリストたちの声を受けて、メーカーがやらないのならと、2018年11月1日、群馬のスバルディーラーがWRX STIベースのコンプリートカー、TC380(限定50台)を発表した。

 その直後の11月14日、南アフリカのスバルが、STI創立30周年を記念して、WRX STIベースのダイヤモンドエディションを限定30台で販売した。

 まさに本家がやらないのなら、うちがやる、そんな2台のご当地コンプリートカーは、どんなクルマなのか? もう完売したのか? これを見て、本家STIはどう思っているのか? 生粋のスバリストである、モータージャーナリストのマリオ高野氏が解説する。

 さらにベストカーWebが掴んだ本家STIの次のコンプリートカーの情報もお届けしよう。

文/マリオ高野、ベストカーWeb編集部
写真/富士スバル、ベストカー編集部、スバル南アフリカ(SSA)


■群馬県の富士スバルがてがけたWRX STI TC380

 2018年7月19日に限定500台で発売したWRX STIタイプRA-Rは、発売開始からわずか2時間で完売したのが記憶に新しい。

 STIは1998年に初のコンプリートカー、22B-STIバージョンを限定400台で発売したのを皮切りに、インプレッサWRX STIやレガシィ、フォレスターなどのコンプリートカーをリリースしてきている。

 どのSTIコンプリートカーも人気だが、2015年10月28日に限定400台で発売したS207から、さらに人気が加速してきている。S207は、発表日当日即完売という状態だった。

 続いて、2017年10月25日に発売したS208は限定450台だったが、その人気ぶりを考慮し、抽選販売という方式をとった。結局、応募総数は約5.8倍にあたる2619件が集まった。まさかこれほどの応募が集まるとはメーカー自身も思っていなかったらしい。

 STIコンプリートカーは買いたくても買えない……。もっと台数を増やしてほしい……。熱狂的はスバリストは次のSTIの発売が待ちきれない、といった状況だろう。

群馬県のスバルディーラー、富士スバルが販売したコンプリートカー、TC380。11月1日に限定30台が発売された。価格は496万5840円

 そんなスバリストたちのニーズに応えるべく、SUBARUのお膝元である群馬県太田市の正規ディーラー、富士スバルから限定50台の衝撃的なコンプリートカーが2018年11月1日に発表された。その名はTC380。

「TC」とは「テクノロジー」のTと「コンペティション」のCから名付けられている。「380」は最高出力を表す。もちろんこれはこれまでのSUBARU車やSTIの限定車の中でも群を抜いた数値となる。

 ちなみにWRX STIのベース車は308ps/43.0kgm。S207は328ps/44.0kgm、そしてS207とタイプRA-Rは329ps/44.0kgm。

 スバル、STIがリリースしたコンプリートカーの最高到達点は329ps。これをあっさりとぬいて380psのSTIを出したのである。メーカーが出さない、いや出せないから、出してしまったのである。

 最新型のWRX STIをベースに、国内外のラリーマシン作りで実績のある、ラリードライバーの新井敏弘氏が率いるアライモータースポーツが特別なエンジンチューニングを施している点が最大のポイント。

 開発コンセプトについて、富士スバルの須永隆則氏は 、

「スバルの地元ディーラーとして〝愉しさ〟をもっとお客様に提供するにはどうすれば良いのかを考えた結果、夢のあるコンプリートカーの発売を企画しました。アライモータースポーツやHKS社、レカロ社をはじめ、多くの方々にご協力をいただき実現したプロジェクトです」と語る。

 オリジナルのキーケースも質感やデザインにこだわったモノだが、TC380のプロジェクトを推進した須永氏は、多くのパーツメーカーの協力なくして実現できなかったと、まずは協力メーカー各社に感謝の意を評したいと語った。これだけの内容でギリギリ500万円以下に抑えられたのも、パーツメーカーの協力なくしてありえなかったという。

エクステリアはほぼノーマルのSTIとあまり見分けはつかない。写真のマフラーは純正マフラー

■WRX  STI TC380
■価格/496万5840円(ベース車/386万6400円、カスタマイズ費用/109万9440円)

■主なカスタマイズメニュー

■メカニズム関係
●HKS製 GTⅢ RS スポーツタービンキット
●HKS製スーパーターボマフラー
●HKS製メタルキャタライザー
●アライモータースポーツ社製 フロントメンバーブレース
●アライモータースポーツ社製 RQAエアフィルター

■エクステリア
●TC380専用カーボンリップスポイラー
●TC380専用リアオーナメント
●TC380専用シリアルナンバープレート(エンジンルーム)

■インテリア
●シリアルナンバープレート(コンソール)
●TC380オーナメント(インパネ加飾)
●TC380専用RECAROスポーツシート(シリアルID入り)
●TC380専用キーウェアジャケット(シリアルID入り)
●TC380専用車検証ケース

■TC380開発メンバー(富士スバル)は川田雅史さん、須永隆則さん、小川 雄さん、須田和彦さん、齋藤光章さん、塚越 隆さん、大橋良平さんの7名

左上/TC380専用リアオーナメント(実物は強度を確保するため、ボディシルエットのラインが写真よりも若干太い仕様とのこと)。そのほか、コンソール、エンジンルームなどにTC380オーナメントやシリアルナンバープレートが入る

TC380のキーケース(キーウェアジャケット)にシリアルIDが入る

レカロSR-6をベースにアルカンターラを用いてホールド性を抜群に高め、シートポジションもスポーツ走行に適した位置を吟味・調整。SR-6には設定のないTC380専用の配色で、サイドステッチにはレッドカラーを用いて全体を引き締め、スポーティな仕様としている

■走りは新井敏弘氏が監修「Tuned by TOSHI ARAI」

みせかけのチューニングじゃない、真のEJエンジンを楽しんでほしいと語る新井敏弘氏

 そんな富士スバルとタッグを組み、性能や乗り味を監修したラリードライバーの新井敏弘選手は、

「TC380は、WRCや全日本ラリーなど、私が国内外のラリーフィールドで培ったノウハウをフィードバックしたクルマです。ドライバーが納得して自らの選択に自信を持つことができるよう合法的にパワートレーンをチューンしました。

 サスペンションやエアロなどは個人でカスタマイズを楽しんでいただく前提としています。WRX STIとともに磨かれ続けたEJ20エンジンを真に愛していただける方に乗っていただきたいですね」と、スバル車を大切に愛する人に届けたいとの思いを語った。

■圧倒的に乗りやすく、体感的にも380psが実感できる

ボールベアリングターボと比べても遜色のない速さとレスポンスを実現するHKS製GTIIIRSスポーツタービンキット

 注目のパワートレーンは、高出力と高レスポンスを両立できることで知られるHKSのGTIIIと呼ばれるタービンキットと、低背圧を極めた排気系により、約380psをマークする。

 追求したのは馬力の数字ではなくドライバリティで、TC380に乗ると、高回転域で炸裂するパンチが露骨にスゴイので、相対的に低回転域の印象が薄れるところがあるが、実は低速トルクが非常に厚くなっているので、どんな場面でも圧倒的に乗りやすい。よい意味でチューニングカーらしさがなく、自動車メーカーが手がけたコンプリートカーに遜色がない。

 EJ20エンジンの積年の課題だった、ターボを高回転まで回した時のオイルの攪拌抵抗の大きさと、アクセルを踏み込んでから過給圧が高まるまでのトルクの細さを解消させる方向に仕立てられた。

 HKSのGTIIIはフローティングメタル式なので、タービンのインペラ(羽根)を包み込み排ガスを加速して過給することでボールベアリングに遜色のない速さのレスポンスを実現する。

 ブーストがかかる前の領域は低背圧を極めたマフラーの効果で、まるで大排気量NAエンジンのように負圧域からスッと前に出るトルクが発揮される。S#モードで全開にすると、公道では恐ろしさを感じるほどにパワフルで、体感的には掛け値なしに380psが出ていると思えた。

 開発を手がけたエンジニアによると、最新型EJ20の潜在性能からして380psは「序の口」レベルの出力で、要望があれば合法な範囲でのチューニングでもさらに上のピークパワー引き出せる。出力的な発展性が他のコンプリートカーとは異なる点であるという。

低排圧と静粛性を融合。アクセルを踏み込むと水平対向エンジンが持つ独特のボクサーサウンドで気持ちのよい走りを演出

高出力と高浄化性能という相反する関係を高次元で両立させたHKS製メタルキャタライザー

アライモータースポーツ製のボディ補強パーツ、フロントブレースを採用。最後まで粘り強くニュートラルなハンドリングを実現する

■限定50台は受注台数に達し、ほぼ完売状態!

 ただし特別な仕様のため、パワートレーンのメンテナンスについては、基本的に発売元の富士スバルに依頼すべきであるなど、通常の新車とは異なる意識や覚悟を持つことが求められる。

 カスタマイズ部品の保証期間は車両が登録されてから1年間もしくは、その期間内でも走行距離が2万㎞まで。カスタマイズ部品以外の保証期間はメーカーであるスバルの保証期間に準じる。ただし、スバルが設定している「特別保証」は適用されない。

 もちろん、エンジンに関する保証も富士スバルでのみの対応としている。販売エリアは購入後、富士スバルに整備入庫(持ち込み)が可能なユーザーのみ。群馬県太田市から遠く離れた地域のユーザーには、それがネックとなるが、そういった部分も納得できるかどうかも重要だ。

 11月1日に発表後、11月3日から注文を受け付け、11月3日、4日の富士スバル太田店の5周年記念祭を実施した会場にTC380を展示したそうだが、その2日間で受注台数の50台の達したそうだ。

 その予約台数のうち、正式には36台が販売済み、残り14台はほぼ完売(商談中)とのこと。商談中の人が辞退した場合の商談権利待ちの人もいるという。

 内容を考えると割安とはいえ、このご時世、約500万円のハイパワースポーツセダンが一瞬で完売とは……、スバリストおそるべし。

 TC380が成功を収めたことで、次の新たなる富士スバルのコンプリートカーにも期待が高まる。さらに、TC380の存在が本家のSTIから生み出される限定車の企画に影響を与え、コンプリートカー市場が盛り上がって欲しいところだ。

※詳細は2018年12月10日発売のベストカー1月10日号にTC380の試乗記事を紹介していますので、ぜひお買い求めください!

■スバル南アフリカが発売した354psのSTIコンプリートカーも完売!

ハイビスイエローのリップスポイラー、サイドスカート、リアアンダースポイラーが特徴のWRX STIダイヤモンドエディション。シートを含め内装の変更はない

 そして、もう1台のご当地コンプリートカーは、南アフリカのスバルから「ダイヤモンドエディション」という名で特別な限定車が誕生。

 こちらは最高出力354ps/47.3kgmで、エンジンマッピングの変更やプロドライブ製のパフォーマンスエキゾーストを装備するなど、往年のWRCファンにはグッとくる仕様になっている。

 STIの設立30周年を記念し、限定30台でスバル南アフリカによって2018年11月14日に発表された。価格は日本円で約633万円。

 0→100km/h加速はベース車のWRX STIに対して0.7秒短縮した5.03秒、最高速度は255km/hに達するという。

 エクステリアはハイビズイエロー塗装のフロントリップスポイラー、サイドスカート、リアアンダースポイラーが装着されており、245/35R19タイヤを組み合わせている。

 このダイヤモンドエディションもすでにサイトもなくなっており、限定30台は完売したようだ。

 そのほか、2019年初頭に北米でS209ともいうべき、STIコンプリートカーが出るという情報も入ってきている。メーカーが出さないから、今後もご当地コンプリートカーがますます増える?

308psから46psアップの354psを発生し、0→100km/h加速は0.7秒速い5.03秒!

■STI商品開発本部・森宏志部長に直撃!

STI商品開発本部長の森宏志氏

「もっと刺激的な スバル車が欲しい!」という要望の高まりは世界的なものになっているのは明らか。これらのご当地オリジナルのスペシャルチューン車の相次ぐ発売を受けて、STIは大きな刺激を受けている。

 STIの限定車の開発を手がける森宏志部長は、

「我々にとっても大きな刺激になっています。RA-Rの即時完売や、TC380のようなモデルの誕生を受けて、我々に期待してくださるお客様の満足度を高めるために、これまで以上に特別感のあるクルマを作らねばとの使命感がさらに高まりました」と語った。

■STIのスーパースポーツが、2019年末についに出る!

22B-STIバージョンの再来ともいうべき、ブリスターフェンダーを装着してデビュー!

 次のSTIコンプリートカーがどうなるのか? いまベストカーWeb編集部が入手している情報を最後にお伝えしよう。

 いよいよSTIが動き出す。STIが満を持して投入する、STIのスーパースポーツがそれだ。これまでベストカーWebが何度も取り上げているとおり、現在、開発は着々と進んでいるという。

 現段階では、メーカーとしてのコンプライアンスや日常域での使いやすさを考慮して、EJ20エンジンは350ps程度に抑えられているというが、STI社内には380ps〜400ps程度にしようとする声も高まっているという。

 まさにSTI史上最強のスーパースポーツは22B-STIバージョンの再来ともいうべきもので、大型のブリスターフェンダーを装着。すでに最終仕様がスバルとSTIの役員会議で決定。2019年末のデビューを予定している。

 もう待ってられない! という声に、早く応えてほしい!

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ