「売れないジンクス」を破った!! 逆輸入車列伝とその理由

逆輸入車は、国産メーカーの海外生産車が日本に逆輸入されるケースと、国産メーカーの海外向け輸出車が再び日本に再輸入されて売られる場合のふたつがあるが、今回は前車について紹介していこう。

逆輸入車は、おしなべてあまり売れない。もともとあまり数が売れないと見込まれたからこそ、国内で生産せずに逆輸入となったモデルなので、当然といえば当然だが、それにしても売れない。

しかし、なかには売れた逆輸入車があるかもしれない。いや、きっとあるに違いない。

はたして「売れないというジンクスを破った逆輸入車」は、ほんとにあるのだろうか? モータージャーナリストの清水草一氏が迫ってみる。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部


■意外に多い現行車の逆輸入車たち

カリスマは三菱とボルボが共同出資して作ったオランダの合弁会社ネッドカー社が生産していたクルマで1996年10月〜2001年3月まで日本で販売されていた

個人的に印象深いのは、オランダのネッドカーで生産された三菱カリスマ(1996年~)だ。猛烈に凡庸な1.8L中型セダンながら、欧州仕様そのままだったので、「フツーの国産車に比べてシャーシ性能が段違い!」「欧州向けの国産車ってこんなにいいのか!」と感動したものだ。

カリスマは日本でまったく売れなかった。地味さもあったが、逆輸入のため値段が高かったことが最大の要因。同様の例としては、初代トヨタアヴェンシス、日産マイクラCCなどがある。

逆に、タイで生産され逆輸入されている現行ミラージュやマーチの場合、値段は国内生産車と同レベルながら、質感が低いからか販売不振が続いている。

正確には、マーチは逆輸入車としては非常に台数が出ているが(2018年の国内販売台数/1万2122台)、国内生産だった歴代マーチに比べると、数分の1に販売を落としている。

別にタイ生産だから質感が低いというわけではないだろうが、主にアジア向けのクルマなので、需要に従った作りにした結果、そうなったのだろう。

近年、逆輸入に熱心なのがスズキだ。2008年にハンガリー(マジャールスズキ)製のスプラッシュを嚆矢(こうし)に、現在はSX4 S-CROSS、エスクードが同じくハンガリー製。そしてインド(マルチスズキ)製のバレーノも販売している。

しかし、どれも販売台数は雀の涙程度。2018年の年間販売台数は、SX4 S-CROSSが1282台、エスクードは2248台。なかでもバレーノは912台と、月平均100台も売れていない。「なぜ逆輸入しているの?」と訝(いぶか)しんでしまうほどだ。

逆輸入車は売れない。それがジンクスだが、そのジンクスを打ち破って、それなりに売れた(売れている)モデルもある。今回はそんなクルマたちの列伝を書いてみよう。

2018年累計販売台数は912台というバレーノ。インドのマルチスズキで生産

■ジンクスを破った逆輸入車列伝1/アコードクーペ

アコードクーペはアメリカ・オハイオ州のメリーズビル工場で生産された

国産メーカーの逆輸入車の第1号は、1988年4月に発売されたアコードクーペだった。ホンダのオハイオ工場で生産されたアコードクーペは、左ハンドルのまま日本に輸出された。

私はちょうどその頃自動車メディアに関わるようになったばかり。アコードクーペの広報車を青山通りの青山学院大学前に横付けして観察したところ、多くの学生から「あ、左ハンドルだ」「アコードクーペじゃん」といった声が漏れ、かなりの注目を浴びたのを覚えている。

当時はバブル期で景気は非常によかったが、それでも一般的な日本人にとって、輸入車はまだ高嶺の花。だからこそ左ハンドルへの憧れは強かったし、国産メーカー車であっても、アメリカの香りのするアコードクーペは、「シブイ」「カッコいい」と、かなりの人気になったのだ。

アコードクーペはその後、1990年3月から2代目が、1994年2月からは3代目が逆輸入されたが、物珍しさや逆輸入車の特別感は徐々に薄れ、最終的には不況やクーペ人気の下降もあって、1997年をもって逆輸入終了となったのでした。

■ジンクスを破った逆輸入車列伝2/アコードU.Sワゴン

1991年4月に販売されたアコードUSワゴン。エンジンは2.2Lのみ。逆輸入車としては大ヒット

ホンダは1991年から、アコードワゴンもオハイオ工場製を日本に逆輸入し、販売していた。

車名は「アコードワゴン」だったが、日本ではわざわざ「アコードU.Sワゴン」という車名が付けられた。つまり、積極的に逆輸入車であることをアピールしており、アコードクーペに続いて、半輸入車テイストを狙ったクルマだった。

エンジンは2.2Lのみ。当時国内製のアコードは1.8Lと2Lで、2.2Lという排気量は税制上不利かつ中途半端だったが、それが逆にいかにも輸入車という雰囲気を盛り上げ、ちょっと差をつけられるスタイリッシュなクルマというイメージを作ることに成功。若い女性の間でも、「アコワゴ(当時の略称)」と呼ばれて人気があった。

初代アコードU.Sワゴンは、3年間で4万台近くが販売され、逆輸入車としては大ヒットとなった。

2代目アコードワゴンは「U.S」の名称こそ落とされたものの、相変わらずアメリカからの逆輸入が続けられ、これまたヒット。新旧2代のアコワゴは、ちょうどいいブランド感を得て日本の大地に根付いたかのように見えた。

1994年2月〜1997年8月まで販売されていた2代目USアコードワゴンも初代に続いて大ヒット

しかし3代目アコードワゴンは、ついに国内製に。当時はすでに日本国内ではワゴンブームもおおかた去り、オデッセイが大ヒットするなどミニバン時代が到来していたこともあって、販売は急減。いずれにせよ「オシャレな逆輸入のアコワゴ」時代は終わりを告げたのでした。

■ジンクスを破った逆輸入車列伝3/タウンエース&ライトエース

インドネシアのダイハツ生産拠点、アストラ・ダイハツ・モーターにて生産されるグランマックスを日本向けに変更。写真は上がタウンエース、下がグランマックス。バックドアはグランマックスは横開き式だが、日本向けは従来モデル同様の跳ね上げ式

2008年2月から販売されているタウンエース&ライトエースの現行モデルは、インドネシアのダイハツ工場製だ。

月販約1000台、年間にすると約1万台という数字は、現行マーチとほぼ同レベルだが、10年間この販売台数を維持しているので、売れていると言っていいのではないだろうか。商用車だけに、質感は問題にならないのが幸いした。

■ジンクスを破った逆輸入車列伝4/シビックハッチバック&シビックタイプR

欧州仕込みのサスペンションは乗り心地がよくしなやか。写真上はシビックハッチバック。1.5L、直4VTECターボは182ps/24.5kgm。価格は280万440円。写真下はシビックタイプR。2L、直4VTECターボは320ps/40.8kgmを発生。価格は450万360円

予想に反して意外に売れているのが、現行シビックハッチバックとタイプRだ。どちらもイギリス製。このスウェンドン工場は、つい先日2021年中に閉鎖が発表されたが、そこで生産されたクルマが、閉鎖間際に日本で正規販売されることになったのは皮肉と言えようか。

シビックが日本で販売されたのは7年ぶりだったが(タイプRを除く)、この、いつのまにか、ものすごく大きくなってしまったシビックに対して、当初メディアは、「こんなのはシビックじゃない」と否定的だった。

ところが、フタを開けてみたら驚くほどの健闘。タイプRと合わせると、2018年は約1万4000台(シビックハッチバック/1万1021台、シビックタイプR/2824台)も売れた。

価格帯が高いことを考えると(280万440円~450万360円)、逆輸入車としてはアコードワゴン以来の大ヒットだ。ちなみにシビックセダンは寄居工場製だが、ハッチバックの数分の1しか売れていない。

シビックハッチバックがヒットしたのは、すでにシビックに対する固定観念があらかた消滅しかかっていたところに、攻撃的なデザインで存在感が強く、サイズが大きくて室内が広々した新型シビックが登場し、主に往年にファンの心に響いたと見るべきか。

確かに、かつてのホンダらしい「攻め」が感じられるクルマである。タイプRについては言わずもがな。なにしろFFニュルブルクリンク最速の座を争うクルマなのだから。

■ジンクスを破った逆輸入車列伝5/ハイラックス

ダブルキャブの5人乗り。エンジンは日本初投入となる150ps/40.8kgmを発生する2.4Lディーゼルターボを搭載。トランスミッションは6速AT。価格はXが326万7000円、Zが374万2200円、18インチのホワイトレタータイヤやフロントグリルやバンパー、オーバーフェンダーなどをブラック塗装するなど、特別仕様車のZブラック・ラリー・エディションは394万7400円(写真)。駆動方式は4WDのみ。この4WDは、ダイヤル操作で「4L」も選択できるパートタイム式で、上級グレードのZにはアクティブトラクションコントロールやダウンヒルアシストコントロールが装備される

2004年に日本での販売が終了し、その後大幅なボディサイズの拡大が行われていたハイラックスだが、一昨年14年ぶりにタイ工場からの逆輸入車として復活し、これまた思わぬヒットとなっている。

2018年の年間販売台数は6730台。月平均にすると500台程度ではあるが、全長5mを超える超大型(1ナンバー)で、400万円近い価格を考えると、かなりのヒットだ。しかも驚くべきことに、購入ユーザーの約半数を20代〜30代の男性が占めたこと。

同じ逆輸入ピックアップトラックである三菱トライトンは5年間でわずか1800台あまりと惨敗だっただけに、ハイラックスの成功はスバラシイ。

やはり、ハイラックスという車名の認知度の高さが効いたというべきだろうか。加えて、アメリカン(タイ製だけど)でおおらかなテイスト、ピックアップトラックという、ワイルドなスタイルがウケたのだろう。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ