今のうちに乗っておきたい!!! 絶滅寸前のリトラクタブルヘッドライト車

 世の50歳以上のクルマ好きは、その多くがスーパーカー世代。彼らにとって、リトラクタブルヘッドライトは憧れの的、ヒーローだった。

 カウンタックやフェラーリ512BBに憧れ、現実の世界ではRX-7やMR2、セリカXX、流面形セリカ、ユーノスロードスター……。

 いかにも空気抵抗がよさそうなヘッドライト格納時から一転、ヘッドライトがパカッと開くと、ギョッとし、微笑ましく思ったものだ。

 さて、そんなリトラクタブルヘッドライト車を装着した最後のクルマとなった日本車、FD-3S型RX-7が2002年8月に生産中止されてから、もう17年も経つのだ。

 平成から元号が変わる新時代を迎えますが、今のうちにリトラクタブル車に乗ってみませんか?

文/清水草一
写真/ベストカー編集部、清水草一


■リトラクタブルヘッドライト車は男の子の永遠の憧れ!

日本車で初めてリトラクタブルヘッドライトを採用したトヨタ2000GT。写真はボンドカー

 男の子は可動部品が大好きだ。私も幼少の頃、ミニカーのドアやボンネット開閉に萌えたものです。しかし、クルマのドアやボンネットが開くのはアタリマエ。逆に普通のクルマでは動かない部分が動くクルマは、それだけでスーパーだ。

 その代表がヘッドライト。リトラクタブルヘッドライト(略してリトラ)は、男の子の永遠の憧れだ。正確には「憧れだった」と言うべきか。

 日本の少年たち、ひいては日本人全体が、リトラクタブルヘッドライトというものの存在を広く知ったのは、1976年から始まったスーパーカーブームによってだろう。

 世界初のリトラ搭載車は、戦前のアメリカで少量生産された「コード810」というクルマだったらしく、国産初のリトラ車も、1967年発表の名車・トヨタ2000GTだが、リトラに対する熱狂というような状況が生まれたのは、間違いなくスーパーカーブームから。その主役は、1974年に発売されたランボルギーニカウンタックだ。

1936年、アメリカの独立系自動車メーカー、コードが発売した810/812が世界初のリトラクタブルヘッドライト装着車となった。 フロントの両フェンダーに搭載されたリトラクタブルヘッドライトの開閉は室内から手動で行う

 カウンタックのリトラは、ノーズの先端ではなくその後ろ側にあり、横長の長方形に左右2灯ずつ、丸形ヘッドライトが内蔵されている。

 リトラというものは、基本的にノーズを低くするために存在するので、開いた時はスタイリングのバランスが微妙に崩れて感じられることが少なくないが、カウンタックは、この後ろ寄りの位置のせいもあって、非常にバランスがよくカッコいい。

■ポップアップすると片手運転になってしまったカウンタック

カウンタックといえばスーパーカー世代の憧れ! 清水さんはヘッドライトを点けるたびに片手運転をしていたという。左は当時、清水さんが乗っていたカウンタックアニバーサリー、右は西川淳さん所有のLP400

 私は2010年にランボルギーニ・カウンタック・アニバーサリーを購入し、半年間所有していたが、カウンタックのヘッドライトボタンは、左側のダッシュボード上にあって、押すにはシートから軽く背中を離して手を伸ばす必要があった。その時はもちろん片手運転になるのだが、その瞬間、太いタイヤとヘタッったサスペンションブッシュのせいで、直線でも進路が乱れてしまう。

 助手席の同乗者がそのたびに非常にビビり、「清水さん片手運転やめてください~」と何度も言われたのが鮮明に記憶に残っている。でも片手運転しなけりゃトンネルに入れないのだから仕方ない。

 スーパーカーブーム当時のフェラーリのフラッグシップといえばBB。BBのリトラもカウンタック同様、スモールランプ後方に左右2灯ずつの丸形4灯という構成だ。

 カウンタックやBBに熱狂したスーパーカーブーム当時の少年たちは、ヘッドライトが上がっている状態の写真を撮りたいと熱望し、身を挺してクルマの前に立ちはだかり、「ヘッドライトを上げてください!」と頼むこともあったという。私はやってませんが……。

1973年登場の365GT4BBや1976年の512BB(写真)も垂涎の的だった

 フェラーリもリトラの印象が非常に強い。フェラーリはデイトナの後期モデルからリトラを導入したが、BB、テスタロッサ系と続き、V8モデルも308からF355までリトラだった(現在は廃止)。

 私はこれまで計9台、リトラを持つフェラーリを購入したが、リトラが故障したのは、512TRの1回だけだった。走行中、片方のリトラが空気抵抗で半開きになり、戻らなくなってしまった。リトラ用モーターの故障で、確か修理に10万円ほどかかったように記憶している。

清水さんが乗っていたフェラーリ512TR

余談だが、カウンタックが出る前、1966年に登場したランボルギーニ・ミウラはポップアップ式(格納式)ヘッドライトだった

■実はリトラクタブル車は意外に存在感がなかった!?

ベストカー市原が乗っていたフェラーリ348tb

 フェラーリの場合、リトラ用モーターが故障したときは、工具を手動でキコキコ回して開閉させることもできる。私が最初に買ったフェラーリだった348tbは、後にベストカー市原が買い取ったが、リトラ開閉機構が故障。怠慢ゆえにずっと手動で開閉させていたという。

 実はリトラ車のオーナーは、あまり愛車がリトラを上げた状態を見ることがない。たいてい自分で運転するので、運転席からは見ていても、外から眺める機会が非常に少ないのだ。よって、リトラが上がった状態がどんな姿か、あまり印象に残っていなかったりする。

 思えば合計3台買ったフェラーリ512TRは、リトラの位置がノーズ先端に近く、しかも上げると丸形ヘッドライトの周囲の部分がボディ同色で、ライトオンした姿はあまりカッコいいとは言えなかった。が、自分では見ないので、まったく気にならなかった。

 オーナーにとっては、リトラというのは意外に存在感がなく、車庫入れの際に出せばコーナーポール代わりになって便利だな、くらいだったりする。考えてみたら、わざわざリトラを上げて、消灯時に隠れている部分を掃除した記憶もほとんどない。

 スーパーカーブームは、日本の自動車業界に巨大なインパクトを残した。非現実的な夢のクルマへの憧れという遺産を残したのだ。その象徴がリトラだった(断言)。

 リトラ=夢だったのだ。

 おかげでその後、国産車にも次々とリトラ車が登場していく。そこで、個人的にカッコいいと思う、今乗っておきたい国産リトラ車を5台挙げてみよう。

■今乗っておきたい国産リトラ車5選

■サバンナRX-7(1978年)

1978年に登場したサバンナRX-7はチープポルシェといわれたが軽量でローターリーエンジンならではの個性が光っていた

 フェラーリとランボルギーニ、合計して10台もリトラ車の所有経験がある私だが、実は生涯最初に興奮を覚えたリトラ車は、初代サバンナRX-7だった。

 発表された1978年当時、スーパーカーブームはすでに収束していたが、いまだリトラ熱は冷めていなかった。そんな時、いつか手が届くかもしれない国産スポーツカーに、カッコいいリトラ車が登場したのだ!

 当時私はまだ免許のない高校生だったが、サバンナRX-7のCMの中で、リトラが上がって丸型2灯ライトが点灯するシーンを見、体に電気が走る思いだった。「まさかスーパーカーみたいな国産車が出るなんて!」と思ったものだ(国産でもトヨタ2000GTは別格)。

 丸型2灯のリトラは、コンパクトでシンプルなサバンナRX-7のボディに非常によく似合っていた。丸形2灯というのは、それだけでどこかかわいらしい風情が漂うので、戦闘的なセブンがリトラを上げた時の愛くるしさのギャップがステキだった。

 思えば、国産最後のリトラ車は、2002年8月まで生産された3代目 RX-7(FD3-S)。つまり、国産リトラの歴史は、セブンに始まりセブンに終わったと言ってもいいだろう。

2代目FC-3S、3代目FD3-Sへ引き継がれていったリトラクタブルヘッドライトは2002年8月で終了

■初代ピアッツァ(1981年)

G・ジウジアーロがデザインしたいすゞピアッツァ

ヘッドライトカバーが上がるセミリトラクタブルヘッドライト

 ヘッドライトの一部がカバーされるのみのセミリトラクタブルながら、あまりにもカッコよかったので、ランキング入りさせていただきます。

 なにしろこのクルマは、ジウジアーロによるデザインがすべて。セミリトラはほんのわずかにカバーが持ち上がるのみだが、しかしそれが逆に特別感を引き立てていた。

■初代MR2(1984年)

1984年に登場したAW11型MR2

 国産初のミドシップスポーツにしてリトラ。つまり、スーパーカーの文法を忠実に再現しているが、直線基調のコンパクトなボディは実に日本的で、かわいい丸型2灯のリトラがとてもよく似合っていた。フロント部だけを見ると後のコルサ/カローラⅡソックリだったりするが、断じてそれらとは違う。

■4代目”流面形”ST165型セリカ(1985年)

『私をスキーに連れてって』で一躍メジャーになったST165型セリカ

小振りなリトラクタブルヘッドライト

 ST165型セリカのデザイン全体の美しさは、まさに流面形。ヘッドライトは、グリル同様一部が黒く塗装され、存在感を隠すタイプのリトラだった。同様の例に2代目プレリュードがある。

 後に追加されたセリカGT-FOURは、硬派的にはWRCチャンピオン、軟派的には『私をスキーに連れてって』で大活躍。スーパーカー的なリトラとは一線を画した、肩肘張らないライトなリトラが実にカッコよかった。

 ちなみに、個人的にはこのセリカがリトラを上げた姿というのがまったく記憶になく、今回初めて画像を検索して発見し、「こんなにちゃんとしたリトラだったのか!」と驚愕した。

■初代ユーノスロードスター(1989年)

マツダ自らがレストア事業を行っているユーノスロードスター

 これは言わずもがな。コンパクトでキュートなオープンボディは、丸形2灯のリトラを上げると、さらに愛らしく見えた。リトラ的見地に立つと、これこそサバンナRX-7の正当な後継車だった気もする。

 ロードスターは、リトラあってこそという部分があったようにも感じる。そのせいか、2代目、3代目ロードスターは、どこかしっくり来なかった。

 ロードスターのデザインが、リトラからの完全脱皮に成功したのは、現行の4代目からだ。四半世紀もかかったってことですね。

■1980年代以降、大衆車のリトラまで登場!!

 1980年代以降、国産リトラはスポーツカーから大衆車にまで拡大されていく。まさにリトラの大衆化そのものだった。

 例を挙げると、クイントインテグラ(1985年)、アコード/ビガー/アコードエアロデッキ(1985年)、ターセル/コルサ/カローラII(1986年)、ユーノス100/ファミリアアスティナ(1989年)などだ。

1986年9月、ターセル/コルサ/カローラⅡに設定されたのは、3ドアハッチバックのノーズを低め、リトラクタブルヘッドライトを備えたモデルでその名もリトラ1500GPターボ

コルサ・リトラのリトラクタタブルヘッドライトがポップアップした状態

 どれも、あえてリトラにする必然性のないファッションリトラで、これによってリトラの価値が暴落した面は否めない。

 ちなみに、世界最後のリトラ車はコルベットC5。これが2005年にC6にバトンタッチしたことで、リトラ車は新車市場から消滅した。

 空気抵抗の増大や重量増、コスト増など構造上の問題点をはじめ、北米におけるライトの最低地上高規制が緩和されたことや一部の国で走行時に終日点灯の義務づけ、プロジェクターライトやマルチリフレクターライトの登場など、リトラであることの必要性が低下したことで消滅。

 今後も歩行者保護性能基準の強化もあり、リトラが復活する可能性はほぼゼロだろう。

 ほとんどのリトラ車は20世紀製。つまり、間もなく20年になる。維持費を考えると、そろそろ最後のリトラの買い時かもしれない。

 ちなみに私は現在、1986年製のフェラーリ328GTSに乗ってます。もちろんリトラです。故障もせずに元気です!

清水さんが現在所有するフェラーリ328GTB

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ