【国民車カローラも3ナンバーへ】狭い日本 そんなにクルマの全幅を大きくしてどうする?


 2018年の軽自動車を含む乗用車新車販売は、自販連の発表によると、総数で439.1万台。そのうち、いわゆる5ナンバー車といわれる小型乗用車は、131.2万台(前年比94.1%)の販売にとどまり、販売比率は29.9%と、自販連が統計を取りはじめてから、初めて構成比3割を割った。

 一方、3ナンバーの普通乗用車は158.2万台(前年比102.2%)でシェア36.0%と2年連続で過去最高を記録した。

 かつて日本は5ナンバー大国だったのに、なぜここまで3ナンバー車が増えたのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/ベストカー編集部 トヨタ ホンダ


■なぜ5ナンバーが減ったのか?

現行アクシオを最後にカローラのセダンは5ナンバーが消える見込み

 街中の立体駐車場で「3ナンバーお断り」の看板を見かけなくなって、どれほど経つだろうか。

 普通自動車(3ナンバー)と小型自動車(5ナンバー)の車両規定は、かつては小型車には全長:4700mm以内、全幅:1700mm以内、全高:2000mm以内という車両のサイズ規定と排気量:2000cc以下という枠が設定されていた。

 だが、1989年の税制改正を伴うボディサイズ規定の撤廃がきっかけとなって、その後3ナンバー車両は増加の一途を辿った。

 現在では、車両の対衝突安全性強化などグローバルな自動車メーカーの戦略が、全幅の拡大を後押ししていったという事情もあるが、カローラやシビック、国内専用モデルとして歩み続けてきた代表車種であるクラウンを例に挙げて、ボディサイズ、特に全幅拡大の流れがどうして生まれてきたのか探ってみよう。

 あえて昔話から始めさせてもらうと、十数年前のこと、某ドイツメーカーのエンジニアが主要車種のボディサイズが拡大し続けている理由についてメディアから訊ねられると「人間の体格は年々大きくなっているから」と答えたという話を聞いたことがあった。

 思わず苦笑せざるを得なかったが、対衝突安全性の強化や室内空間の拡大を前提にしていれば、そんな言い訳も致し方ないかと思えたものだ。

 現在に話を戻せば、5ナンバー車両が3ナンバーサイズへと移行していく流れはいまや止めようがない。

 前述の通り、新車販売台数のデータを見ればそれは明らかで、2018年では普通自動車は158万2828台、小型自動車が131万2626台と前年比で普通車は約2%増加したのに対して、小型自動車は約6%減少している。

 これに乗用軽自動車の149万5706台を合わせると、小型車の割合は3割をわずかに切ることになった(日本自動車販売協会連合会調べ:2019年1月)

 ちなみに、3/5ナンバー枠の自動車税の規定が排気量によることとなったのは1989年、すなわち平成元年の話。

 1988年に登場した日産「シーマ」は、セドリック/グロリア(Y31型)から派生した3ナンバー専用セダン(全幅は1770mm)として、いわゆる“シーマ現象”を巻き起こしたことが懐かしい。

■庶民の味方も3ナンバーに変化/トヨタカローラ

初代カローラは全幅1485mm、2016年に販売された生誕50周年記念車のカローラアクシオは全幅1695mmと、21cmも大きくなった
この10代目から日本と世界で袂がわかれた。日本国内仕様はカローラアクシオとなり、全幅1695mmの専用ボディを採用。日本以外では「地域最適化」のもと、米国仕様は全幅が1760mmとなった

●歴代カローラのボディサイズ
■初代、1966年/全長3845×全幅1485×全高1380mm
■2代目、1970年/全長3995×全幅1505×全高1375mm
■3代目、1974年/全長3995×全幅1570×全高1375mm
■4代目、1979年/全長4050×全幅1610×全高1385mm
■5代目、1983年/全長4135×全高1635×全高1385mm
■6代目、1987年/全長4195×全幅1655×全高1365mm
■7代目、1991年/全長4270×全幅1685×全高1380mm
■8代目、1995年/全長4285×全幅1690×全高1385mm
■9代目、2000年/全長4365×全幅1695 ×全高1470mm
■10代目、2006年/全長4410×全幅1695×1460mm(日本仕様カローラアクシオ)。米国仕様のカローラセダンは全長4540×全幅1760×全高1465mm
■11代目、2013年/全長4360×全幅1695×1460mm(日本仕様カローラアクシオ)。欧州仕様は全長4640×全幅1780×全高1460mm
■12代目、2018年/全長4375×全幅1790×1460mm(カローラスポーツ)、中国仕様のカローラセダンは全長4640×全幅1780×全高1435mm

 まずは5ナンバー車の代表例として、カローラから辿ってみると、カローラは1966(昭和41)年に初代が登場。

 全幅は初代カローラの1485mmから順を追って1505→1570→1610→1635→1655→1685→1690mmと確実に増加し続け、9代目で1695mmと5ナンバー枠いっぱいまで拡大した。

 日本市場の現行カローラアクシオ/フィールダー(プラットフォームしては10代目、外観としては11代目というべきか)の全幅は5ナンバー枠に収まる1690mm(ホイールベース:2600mm)となっている。

 2018年11月、中国・広州モーターショーで発表された中国仕様は全長4640×全幅1780×全高1435mmだが、日本仕様のカローラセダンはそれよりも短く、狭い全長4495mm、全幅1745mm、全高1430mm、ホイールベース2640mm。全体的に小柄になるという。

 トヨタは、日本仕様のカローラセダンについて「日本のお客様や道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンおよびワゴンを2019年内に発売する予定」と公表している。

 ベストカー本誌では、新型カローラセダンの日本国内仕様は、2019年夏頃と予想している。

中国で発表された「レビン」。中国版ではスポーツ仕様のモデルだが、この「顔」が日本仕様のカローラセダンと同じものになる

次ページは : ■全幅1800mmを死守するこだわり/トヨタクラウン

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ