【早すぎた!? 高すぎる!??】未来の常識デジタルアウターミラー 普及しない理由と事情

 量産車として世界で初めて、ドアミラーに変わるデジタルアウターミラー、(正確にはデジタルアウターモニター)を装着したレクサスESが発売されてから、半年が経った。

 ようやく街中で見かけるようになったが、「デジタルアウターモニター」の実際の機能や使い勝手はどうなのか、評判はどうなのか、探ってみることにした。

文/岩尾信哉
写真/岩尾信哉、ベストカー編集部、ベストカーWEB編集部


■日本の法規が2016年6月に改正された

「デジタルアウターモニター」は、カメラとモニターをパナソニック、ECUをデンソーがトヨタと共同開発するという、トヨタの部品の鉄板といえる組み合わせで生み出された。ECUは「アラウンドビューモニター」用の部品や技術を流用して開発期間を短縮したという

 国土交通省が2016年6月に道路運送車両法の保安基準の一部改正を行い、バック(サイド)ミラー、正確には“後写鏡”の国際基準改正を受けて、これらのミラーの代わりに小型カメラを利用した「カメラモニタリングシステム」(CMS)を使用することを認める新基準を日本の国内基準としても採用すると発表した。

 具体的には、自動車に設置が義務づけられている後写鏡に代えて、現在の後写鏡と同等の視界が確保される、前述の国際規準が定める画質、取付位置、表示時間(タイミング)、倍率(後写鏡の曲率に相当)、個数(欧州のクラス毎の分類)の要件に適合するCMSをドアミラーなどの代わりに装備することが認められたのだ。

■価格の高さが普及を阻んでいるのか?

左右のカメラによって映し出された映像はセンターコンソールの5インチのディスプレイに表示

「デジタルアウターモニター」の機能の概略を紹介すると、車両のフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、左右のフロントピラーの根元あたりに設置された5インチディスプレイに表示する。

 カメラ部を雨滴が付着しにくい形状としたほか、ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保したという。従来のサイドミラーを小型カメラに置き換えることで、斜め前方の見通しを確保するとともに、風切音を抑えて高い静粛性を実現したとトヨタは謳っている。

レクサスESのバージョンLのみにメーカーオプションとして設定されているデジタルアウターミラー。全体からみるとわずか1割強しか装着されていない

 メーカーオプションの価格は21万6000円だと、簡単に装着する装備とは言いにくい。

 まずはトヨタ広報部にレクサスESの売れ行きから訊ねてみると、ESの販売(登録)台数(2019年2月は1057台)のうち、「デジタルアウターモニター」をメーカーオプションとして装着できるバージョンLの割合は約半数、このうちデジタルアウターミラーを選択したのは約3割、全体としては1割強ほどになるから、お世辞にも好評とは言いにくい。

 いっぽうで、都内のレクサスディーラーのスタッフに訊ねてみたが、バージョンLの販売割合がトップで、ほぼすべての購入客が「デジタルアウターモニター」を選択しているとのことだから、地域差も多分にあるようだ。

 ユーザーとしては「慣れれば問題ない」という方が多数を占めるようで、都内の購入層ではES、それもバージョンLを積極的に選ぶこと自体、「デジタルアウターモニター」を選ぶことと一致しているのかもしれない。

 新しい物好きが多い都会よりも、冷静な購入層のほうがESでは多いというのは、目が肥えているというべきだろうか。

■バックという意外な盲点?

モニターが映し出す範囲は調整できないという

 都内で試乗して「デジタルアウターモニター」の実際の使い勝手を確認してみると、まずはカメラで得られる画像の範囲があらかじめ設定されているので、習慣になっている“ミラー”の調整をする必要がないことに違和感を覚えてしまう。

 前述のように、実は走り出す前にも手順があり、通常のミラーに映る範囲の状態から後方をより広く遠い範囲を映し出して視認でき、ウィンカーの点灯ととも視野を拡大できる“二重設定”のひとつである“ワイドモード”に切り替えるには、必ず自分で設定を変更しなければならないのだ。わずらわしいが規則は規則だから致し方ない。

 走り出して感じるのは、従来のドアミラーの位置から左右のAピラーの根元あたりに周囲を映すモニター画面があるため、目線の移動量は少なくてすむうえに、モニターの映像を見ると通常モードでも確かに視野が広がっていることがわかる。

夜間での見え方が心配だったが明るくよく見えていた

■違和感のあるデジタルインナーミラー

 いっぽうで、試乗車にメーカーオプションとして装備されていた「デジタルインナーモニター」とで周囲の見え方(映し方)に微妙な違いがあることに気づかされる。

 デジタル映像から通常の鏡面式に切り替えることはできても、左右のモニターの映り方とは微妙に異なるので、確かに目に見えてはいても、周囲の車両などとの“距離感”を捉えにくいのだ。

 慣れ親しんでいるルームミラーを防眩モードに切り替える要領で鏡、表示を鏡面式に切り替えても、「デジタルアウターモニター」が映し出す画像との感覚的な差はなかなか埋まらなかった。


デジタルインナーモニターは車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示する。切替レバーを操作することで、鏡面ミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切り替えることができる。視界を遮るものがない映像による後方の安全確認を可能としたほか、夜間の視認性確保、電動サンシェード (リアウインドウ) 使用時の視界確保、後席乗員のプライバシー確保にもなる

 細かい見え方に触れれば、LEDの信号やヘッドランプなどの光がちらつくのも違和感を助長してしまうようだ。

 これを購入するひとは慣れるまでの“覚悟”が確実に必要だろうとさらに実感するのは、習慣的な視線の移動が出てしまう場合だ。

 走行中はゆったりと流しているときには問題ないが、たとえばとっさに街中で車線変更する際にはどうしても従来のドアミラーの位置を見てしまいがちなので、慣れるまでは注意が必要だろう。

■慣れようがない弱点

夜間の降雨時、アウターミラーに映った映像は見えにくくなることがあったがそれは数秒の出来事

 では、慣れようがない“弱点”は皆無かといえば、どうしても自分の目で確認したい場合、たとえば夜間に駐車位置からバックで出庫するような際に、「デジタルアウターモニター」の機能にすべて頼ることが心許なく思えることが挙げられる。

 もちろん、障害物や歩行者が近づいている場合には超音波ソナーによって警報音などが発せられるので心に留めておけばよいのだが、夜間では周囲の照明が少ないとデジタル画像の光のにじみなどがどうしても気になってしまう。

 これまでにLSなどで「デジタルインナーモニター」の“電子画像”が走行中に雨が強く降ると見えづらくなることは経験していたが、自分の目で直接確認することができないことが不安を助長する。

 雨の夜にウィンドウを下げて、濡れることを覚悟で後方を目視する必要が出てくるようではなんとも歯がゆい。

 「デジタルインナーモニター」でも現状では使用するのに“注意書き”がさまざまあって、たとえば、体調・年齢などにより、ディスプレイに表示される映像に焦点が合うまで時間がかかる場合がある、などという断りが必要なので、同じデジタル画像を表示する「デジタルアウターモニター」にも同様な戸惑いを覚えることがありえるだろうから、技術的には改善の余地があることがわかる。

 「デジタルアウターモニター」は前述のように形状が工夫されているため基本的にモニターに映し出されるデジタル画像が天候に左右されることはないが、夜間など暗い場所では、周辺を明るく見せるために映像が自動的に調整されることにより、“電子画像”特有のちらつきが発生する場合がありえることは見逃せない弱点といえる。

■もう少し改善されるといいのだが……

カメラ装着部の“バー”を降りたたんだ状態。国際規則に基づいて、モニターはカメラが捉えている映像を表示し続けている

 電子ミラーでまず頭に置いておくべきは、ESで「デジタルアタウーモニター」をオプションとして選ぶ際に、自分の目で確認する際の“相性”を必ず確認しておくべき装備であり、ミラーのデジタル化には、まだ慣れが必要なうえに独特な不自由さを感じることを部分が存在することだ。

 電子ミラーのデザイン性の高さは言うまでもなく、風切り音の抑制など空力的な利点があることもわかるが、今後コストの高さもあって他社でも採用が急速に進むとは思えない。

 厳しいようだが、トヨタがESのユーザーから得られるはずの情報を元に、画像の見え方(見せ方)にさらなる改善を施すまで、しばらくは技術的な進化の様子を見ていたほうがよいというのが現状での結論としたい。

2019年3月のジュネーブショーで発表された「ホンダeプロトタイプ」は「サイドカメラミラーシステム」を採用した。2019年秋に量産モデルが発表される予定

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ