運転で腰痛を悪化させないための方法と姿勢と超効く簡易ストレッチ


 長時間運転をしていると、じわじわとやってくる腰や背中の痛み。仕事で運転をしているドライバーさんの中には、慢性的な腰痛が原因で仕事を辞めてしまう人もいるくらい、ドライバーにとって腰痛は深刻な問題です。しかし、その原因や対処法などは意外に知られていません。長時間運転による腰痛は、適切な対処で最小限に抑えることが可能なのです。

 以下、元日産自動車の開発エンジニアである吉川賢一氏にそのコツを伺いました。
文:吉川賢一 写真:平野学、Adobe Stock


■腰痛がおきる原因とは?

 長時間運転による腰痛には、いくつか要因があります。例えば、シートが身体に合っていなかったり、座り方(ドライビングポジション)が間違ったりしていると、腰痛が起きやすいと言われています。

ドライバーの宿痾と言ってもいい腰痛。長く同じ姿勢でいることでどうしても罹ってしまう

 長時間運転による腰痛の主な原因は「血行不良」です。

 立っているときには両足へと分散されていた上半身の重みが、座っている姿勢だと腰にかかります。しかも、運転中は身体が拘束されているので、長時間動くことなく体重がそのまま腰に集中、負荷が大きくのしかかってしまいます。

 すると、シートに触れている身体の部位の血流が悪くなり、老廃物がたまり、それが神経を圧迫することで、腰痛が発生するのです。運動が不足している方や、お年を召して腰まわりの筋力が衰えている方であるほど、腰痛が慢性化してしまう傾向があります。

■事前にできる対策とは?

 まずはきちんと座ること。

 腰をシートの奥まできっちりとつけて、AT車の場合は左足がフットレストにきちんと乗る位置にシートを前後にスライドします。

 次にハンドルを「9時15分」の位置で握った状態で180度回したときに肘が伸び切らない位置にシートバックを起こします。

 多くの人は、シートバックが寝ている状態になっており、頭や背中がヘッドレストから浮いてしまっていますが、それはNG。頭と背中をシートにピタッとつけることがポイントです。シート接触面が増えることで、負荷を分散することができ、体重の一点集中が起きにくくなります。

「運転していて楽な姿勢」と「腰に負担がかからない姿勢」は大きく違う。特に長距離運転中は気づかないうちに姿勢が悪くなりがちなので注意しよう

 腰の周りにクッションなどを入れるのも効果的です。腰を包むタイプのクッションが市販されており、負担軽減だけでなく姿勢矯正にも効果的です。

 また、血行不良の対策としては、「こまめな水分補給」が効果です。水分が不足すると、血液がドロドロになり、血流が悪くなり、腰痛の原因となります。トイレが近くなってしまうので、運転中は水分を取らない、という方も多いですが、できるだけこまめな水分補給も、腰痛対策には大切なのです。

次ページは : ■それでも腰痛が生じてしまった際の対処は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ