【タイヤのパンク急増中!!!】パンクしたらタイヤを1本だけ新品交換しても大丈夫なのか?

 JAF(日本自動車連盟)が実施しているロードサービスの調査によると、タイヤのパンク発生件数が2007年度の28万6934件に比べ、2017年度は39万1799件と、この10年間で10万4865件も増えていることがわかっている。

 なぜこんなにタイヤのパンクが増えたのか? JAFによれば、定期的にタイヤの空気圧をチェックする機会が減っていることなどが要因と分析している。

 そこで、本企画では、まずタイヤがパンクした場合の正しい対処法をはじめ、タイヤがパンクした後に待ち受けるタイヤ交換まで掘り下げて言及。

 新品タイヤに交換する場合、1本だけ交換しても大丈夫なのか? それとも2本交換しなくてはいけないのか? さらにFF、FRなど駆動方式別で違うのか、など、モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 Adobe Stock


■まずはパンクした場合の正しい対処法

タイヤのパンクがここ10年で約36%増えたのは、タイヤの空気圧点検など日頃からしていないからだという

 最近のクルマはメンテナンスフリー化が進んだこともあって、タイヤの空気圧管理も忘れがちなドライバーが増えているようだ。そのため空気圧不足からタイヤが傷み、バーストやパンクを招くことも増えている。

 タイヤの空気圧は日々、少しずつ変化している。基本的には空気圧は下がり続けているのだが、気温が上昇する時期は少しずつ抜けていく空気より、外気温上昇による圧力増加で少し空気圧が上がる日もある。

 最近のクルマは快適過ぎて感じ取りにくいかもしれないが、空気圧が下がったまま高速道路などで連続走行すると、走行中にタイヤの変形量が大きいために温度が上昇してバーストすることにつながるので注意したい。

 空気圧が下がった状態に気付かなければ、パンクしたとしてもすぐに気付かないドライバーも多い。

 パンクの仕方にもいろいろあるが、ショルダー部やサイドウォールに異物が刺さったり、裂けてしまったようなもの、パンクに気付かず走行してサイドウォールを傷めてしまった場合は修復は不可能だ。

サイドウオールに釘が刺さってしまった例

 また、ガソリンスタンドなどで行なってくれるタイヤの外側からプラグを入れて塞ぐパンク修理は、実は応急修理なのをご存じだろうか。

 走行可能な状態に修復できたとしても、後でタイヤの内側からも内部構造の損傷を確認し、内側からパッチを当ててしっかりと修理しなければ、完全なパンク修理とは言えない。

 また応急修理を早く行なうことで内部のスチールベルトの酸化が抑えられ、それが原因で起こる後のバーストが避けられることにつながるのだ。

 車載のスプレー式のパンク修理剤もあくまで応急用だ。使用して走行可能になっても、あとでタイヤ専門店やディーラーへ持ち込み、内部の充填剤を取り除き、パンク修理してホイールバランスをしっかりと取り直してもらう必要がある。

スバルレヴォーグに標準装備されているパンク修理キット。「タイヤ接地面以外が損傷している時」、「ほとんど空気が抜けている状態で走行した時」など修理不可の条件もある。修理は左の修理剤を右手のコンプレッサーでタイヤに注入して行う。ただし、修理剤には使用期限もあり、この車両の場合は2020年7月と記載されていた。修理後の走行速度は80km/h以下

 ちなみにランフラットタイヤは、パンクしても走り続けられることは知られているが、パンク状態で走行した場合、そのタイヤはパンク修理して再使用することはできないことは意外と知られていない。

通常のタイヤとランフラットタイヤの構造図。補強ゴムでタイヤ側面の内側を強化しているのがランフラットタイヤの特長。これが乗り心地に影響をおよぼすといわれる所以だ

 ホイールに無線式の空気圧センサーを組み込んでいるクルマも増えてきた。これはパンクを検知するだけでなく、空気圧の低下を警告してくれるから、タイヤのダメージを未然に防ぐこともできる。

 クルマによっては各車輪のハブに組み込まれている回転センサーによって、空気圧を監視している。

 これは空気圧が少ないとタイヤが潰れる量が増えるため、実際のタイヤ直径が小さくなって、ほかの3輪と比べて回転数が早くなることを利用して、空気圧を推測しているのだ。

■パンクしてタイヤを交換する場合、タイヤ1本新品交換でも大丈夫?

1本のタイヤがパンクした場合、その1本を新品タイヤに替えるだけでいいのか、それとも新品タイヤ2本を交換したほうがいいのか?

 タイヤを一度ホイールから外し、内側からホットパッチでしっかりと修復できれば、そのタイヤはパンク前と変わらぬ状態で、その寿命を全うすることができるだろう。

 しかし不幸にして、パンクしたタイヤが継続使用NGとなった場合、そのタイヤだけを1本だけ新品に交換すればいいのか? それとも前輪か後輪どちらからの2本を新品にするのか? あるいは4本同時に交換しなければいけないのだろうか?

 結論を言ってしまえば、残り3本の状態と駆動システムによる、と言わざるを得ない。

 残り溝がかなり少ない、もしくは経年劣化でタイヤ表面のゴムが硬化していたりヒビ割れしているなら、思い切って4本全部を新品に交換した方がいい。

 タイヤの銘柄については、前後左右の4本のタイヤは同じ銘柄にする。1本だけ違う銘柄のタイヤを履くとほかのタイヤとグリップレベルが変わってくるからだ。

 1本だけを新品にしてもトラブルを起こすことはないが、新品タイヤの恩恵である路面に吸い付くような感触や、しなやかな乗り味、高い静粛性を味わうことができないのはもったいないというものだ。

■残り溝が5分山以上なら2本だけ新品交換もアリ

 残り溝が5分山以上残っているなら、2本だけを新品に交換するのもアリだ。特にFF車なら、前後で減り方が違うのでフロントタイヤ2本だけを新品にしてもいい。

 ただし、古いタイヤのコンディションが悪い場合は要注意。雨の日のカーブ、特にアップダウンがあるようなシーンでリアタイヤのグリップレベルが低いと、上りから下り勾配に変わるところを走り抜ける際に後輪の荷重が抜ける瞬間があり、それをきっかけにリアタイヤが滑ってスピンモードに陥ってしまうことにもなりかねない。

■リア駆動のFR車の場合は?

FR車はバランスが崩れてしまうためタイヤ交換はシビアに行いたい

 注意すべきはむしろFR車だ。前後タイヤの役割分担がしっかりとあり、タイヤのグリップ力をバランス良く使っているために、前後どちらかのタイヤだけを新品にすると、そのバランスが崩れてしまう。左右2本を1セットで交換するほうが安全だ。

 スポーティな走りを楽しむドライバーなら、タイヤのグリップを感じとりながらクルマの応答性を楽しんでいることだろう。

 それが前後どちらかのタイヤが古いことによって、ペースを落としてのんびり走らなければならなくなるとしたら、そのクルマ本来の魅力を味わえないのだから、逆にもったいないことになる。

 エンジンのトルクが高く、リアタイヤがフロントの2倍も減るようなクルマなら、フロントタイヤはそのままにリアタイヤだけを新品に交換するような使い方もあるが、そういうクルマは前後のタイヤサイズも違っていることも多く、フロントタイヤがパンクしたからリアタイヤをフロントに履かせるということができない場合も多い。

■FF車、ミニバン、SUVはどうなのか?

FF車は前輪が駆動するが、パンクした場合どうなるのか?

 FFの場合は、フロントヘビーで駆動輪もフロントというレイアウトのため、フロントタイヤの負担が大きい。

 しかし、だからといってリアタイヤを適当に扱っていると、痛い目に遭うことになる。最近また四輪操舵のクルマが登場しているが、リアタイヤの動きはFFであっても本当に重要だ。

 わずかなアライメントの狂いでもクルマの動きに影響を及ぼすほどで、リアタイヤのグリップ力が変化すれば、クルマの安定性にも関わってくる。

  FF車の場合、フロントタイヤ1本がパンクしたら、フロント左右2本を交換するのが正解。フロントタイヤはブレーキ、ハンドリングの性能に大きく影響を与えるからだ。

 リアタイヤがパンクした場合も、それまでのフロントタイヤをリアに回して、新しい2本のタイヤをフロントタイヤとして履いたほうがいいだろう。

 ミニバンの場合はFF車でもリアタイヤにも荷重が掛かっているので、乗員が多いとタイヤの負担も大きい。

 ミニバン専用タイヤは、一般的にタイヤのケーシング剛性が強化され踏ん張るようになっていて重心の高いミニバンでも安定性を高めるよう設定されている。

 ミニバンがパンクした場合でもほかのFF車と同様、1本だけ新品交換にするのではなく、各タイヤの摩耗状況を見ながらタイヤローテーションも視野に入れて、左右2本のタイヤ交換が基本だ。

 意外とタイヤへの依存度が少ないのは、今流行りのSUVだ。もちろんパワフルな心臓を搭載し、ハンドリングも追求したようなグレードはタイヤグリップも重要だし、その感触もキチンと伝えてくる。

 しかしタイヤが大きく、グリップ力にも余裕があるため、タイヤのコンディションによる影響は少ない傾向だ。

 またSUVでもFF構造のクルマもあるから、リアタイヤの負担や減り具合は駆動システムによって変わってくる。

 SUVでもタイヤがパンクして再使用できなくなった場合はタイヤ交換を行なうが、左右のタイヤのコンディションを合わせるのは基本的には同様。

■4WD車の場合は?

 タイヤの直径がパンクした1本だけ大幅に変わると駆動系に支障が出るため、タイヤの減り具合を見ながら、タイヤローテーションを含め、ディーラーに相談してもらうのが安心。

 駆動システムが多様ということもあるが、5分山以下に減っている場合を除き、普通に一般道を走っているだけなら、それほど気を使わなくても大丈夫だ。

■タイヤを長持ちさせるタイヤローテーション

タイヤローテーションはタイヤを長持ちさせるうえで有効な手段だ

 前後でタイヤの減り方が違うようなら、タイヤを定期的に入れ換えるローテーションを行なうことは大事だ。

 走行距離や走り方にもよるが、適正な間隔でローテーションをすることによって、四輪の減り方を均一化することができるから、4本のタイヤ交換を同時期にすることができる。

 タイヤローテーションの時期は、タイヤメーカーや日本自動車タイヤ協会によると、5000~1万kmでのタイヤローテーションが推奨されている。 平均的な走行距離で考えると期間的には半年から1年の走行で1度くらい。

 オートバックスやイエローハットなどのカー用品店では、タイヤローテーションに要する作業時間は15~20分、価格は2160~3240円とそんなに高額ではないから、自分でできないドライバーには是非お薦めしたい。

 最近はタイヤの性能を引き出すためにトレッドデザインを非対称パターンにしているタイヤが増えている。

 これは同じタイヤでも内側と外側の役割を最適化しており、内側はウエット性能や乗り心地、外側はコーナリング性能を重視しているものが多い。

 そのため、左右で回転方向が逆になるのだが、それを見越したデザインになっており、性能が確保されている。

 タイヤによっては回転方向が決まっているタイヤもある。これは接地する方向を決めることでグリップ力やウエット性能を引き出すトレッドデザインになっており、左右でタイヤを入れ換えることはできないので注意したい。

■駆動方式別タイヤローテーション方法

タイヤのローテーションはFF車、FR車・4WD車によってローテーション方法が違う(図/日本自動車タイヤ協会)。 ローテーションの時期だが、タイヤメーカーや日本自動車タイヤ協会によると、5000~1万kmでのローテーションが推奨されている

 FF車のタイヤローテーションは、前輪のタイヤは左右そのままで真後ろの後輪へもっていき、後輪のタイヤは「右」と「左」をクロスして前輪に移動させる。

 FR車のタイヤローテーションは、後輪は左右の位置を変えずに、前輪に移動させて、前輪は「右」と「左」の位置を入れ替えて後輪に移動させる。これが基本のローテーションパターンだ。

 4WD車のタイヤローテーションは、基本的にはFR車と同じ。ただ、 4WDにも様々な駆動システムがあり、タイヤの負担もそれによって変わってくる。

 前輪が滑った時にだけ後輪に駆動力を伝えるオンデマンド式4WDの場合は、タイヤはFF車に近い減り方になる。

 FF車やFR車と比較すれば、タイヤの装着位置によって摩耗の進行度合いに差は生じにくい。

 それでもフロントにエンジンがあり、コーナリング時にはロールすることで駆動力と荷重の両方がかかる前輪の方が摩耗しやすいという傾向がある。

 さらにスペアタイヤが同じタイヤサイズで同じホイールの場合は、5本のタイヤでローテーションを行ない、順番で回していくことで1本のタイヤは休ませることが可能だ。

 ローテーションで順番にタイヤを休ませていけば、タイヤ全体の寿命はさらに延びる。

 ともあれ、ドライバー諸兄にお伝えしたいのは、「もう少しタイヤの感触を楽しみましょう」ということだ。

 前述のように新品タイヤに交換直後は、同じ路面とは思えないほど走るのが気持ち良くなるものだ。

 それを感じにくくしてしまうほど、最近のクルマはシャーシのポテンシャルが高く、静粛性や乗り心地も高いレベルを実現している。

 しかし、タイヤの空気圧にも気を配り、路面からの感触を掴みながら走ることを習慣にしていれば、パンクしてもすぐに気付くので、危険性も下がるし、タイヤをダメにしてしまうことも少なくなる。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ