ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


■マツダ CX-3 ひと声15万円 押して21万円

【状況と交渉術】

 発売後2年以上が経過し、需要一巡で販売は激減状態。今夏には一部改良、1.5Lガソリン車を加えて、商品ラインアップを強化し、以降は月販3000台以上に回復基調する見とおし。安価なガソリン車に期待。

 販売激減状態をネタに強気に攻める。C-HRを中心にヴェゼル、XV、ジュークと対抗させる。最終的にはC-HRとの対決に持ち込み決着つける。扱うマツダ店は都市部だと複数あるので、同じ車種同士の競合も可能。

■マツダ CX-5 ひと声10万円 押して19万円

【状況と交渉術】

 昨年12月にフルモデルチェンジし、今年2月初めから発売したばかりで、生産が追いつかないほどの人気ぶり。今秋から大幅に増産しバックオーダーを消化する予定であり、以降は月販4000台以上に急増する見込み。

 多数の受注残を抱え、強気の商売中。ハリアーを軸にエクストレイル、フォレスターと対抗。最終的にはハリアーとの対決で決着をつける。扱うマツダ店は都市部だと同じ地区に複数あり、どこでも買えるので同一車競合も。

次ページは : ■マツダ ロードスター ひと声15万円 押して24万円

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ