大人気ミニバン日産セレナの売れてる秘密と賢い買い方とは? 


 セレナは、2018年のミニバン販売台数ナンバー1、2019年上半期のミニバン販売台数ナンバー1(5万3662台)を達成! 2019年1~10月までの販売台数もシエンタに続いてミニバン販売2位に付けている。

 2019年8月のマイナーチェンジで、ハイウェイスターがオラオラ顔になり、最大のライバルであるノア/ヴォクシーやステップワゴンに比べて控えめだった見た目も、ライバルに引けを取らないものを手に入れた。

 さて、もうすぐ12月のボーナス商戦。ボーナスでセレナを買おうと思っている人に向けて、セレナのベストグレードは何か? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】セレナのエクステリア、インテリア詳細写真


ノア&ヴォクシー ステップワゴンを上回りミニバンナンバー1に

2019年8月1日にマイナーチェンジしたセレナ。販売台数は8月は7714台(全体3位)121.3%、ミニバン2位(1位シエンタ) 、9月は9224台(全体7位)98.1%、ミニバン3位(1位シエンタ)、10月は4313台(全体12位)、ミニバン5位(1位シエンタ)

 3列のシートを備えたミニバンは、売れ筋のカテゴリーだ。6~8名の多人数乗車が可能で、3列目のシートを畳めば、自転車のような大きな荷物も積める。

 今は新車として売られるクルマの40%近くを軽自動車が占めるが、ダウンサイジングの進んだ状況でも、ミニバンの販売比率は15%前後に達する。

 そのなかでも、特に売れ行きの好調な車種がセレナだ。2018年1~12月と2019年上半期のミニバン販売台数ナンバー1を獲得している。

 2019年1~10月の上半期販売ランキングを見ると、ミニバンではコンパクトなシエンタに次いで2番目に多く売れている。

 全長が4600mm以上のミニバンでは、7万7337台のヴォクシーや4万6306台のステップワゴンの台数を上まわり、セレナは8万3704台と最多販売車種になった。

 そんななか、2019年8月1日には大がかりなマイナーチェンジを行われた。メインはハイウェイスターのフロントマスクの大胆変更で、パワートレーンについては2LのSハイブリッド(スマートシンプルハイブリッド)、e-POWERともにスペックや燃費値の変更などはいっさいなし。

 また、「全方位運転支援システム」(エマージェンシーブレーキ、踏み間違い防止アシスト、車線逸脱防止支援システム、後側方衝突防止支援システムなど)が全グレード標準装備化された。

■セレナの マイナーチェンジのポイント
●「ハイウェイスター」のフロントマスクを一新して、大型グリルを採用
●「ハイウェイスター」はリアコンビランプデザインも専用となり差別化
●全方位運転支援システムを全グレード標準装備
●プロパイロットの機能向上を図る
●サンライズオレンジなど新色追加

 ここで、マイナーチェンジ後の販売台数はどうなったのか、見ていこう。8月が7714台(全体3位)121.3%、ミニバン2位(1位シエンタ) 。9月が9224台(全体7位)98.1%、ミニバン3位(1位シエンタ)。10月が4313台(全体12位)、ミニバン5位(1位シエンタ) と、9月、10月は順位を大きく下げた。

 消費税10%の影響による買い控えが目立っているものの、12月のボーナス商戦では巻き返すと思われる。

シエンタは2019年8月、9月に総合1位、10月は総合2位といきなり売れ出した。2019年のミニバン販売台数ナンバー1に輝く可能性もある

売れてるセレナの人気の理由

視界が広く見やすいのが好評のコクピット(e-POWERハイウェイスター)。2019年8月1日のマイナーチェンジで 全方位運転支援システムを全グレードに標準装備。価格は全体的に2.5万~3万円程度のアップ。プロパイロットも機能を向上させている
5ナンバー枠に収まるミニバンのなかでは居住性が最も優れているセレナ

 セレナの売れ行きが好調な一番の理由は広い室内空間だ。標準ボディが5ナンバーサイズに収まるミニバンのなかでは、居住性が最も優れている。

 ライバル車のヴォクシー系3姉妹車やステップワゴンに比べると、3列目シートのサイズに余裕を持たせ、セレナがスライド機能を備えたグレードであれば、3列目の足元空間も一番広い。

 3列目を左右に跳ね上げて格納すると、荷室容量もタップリ確保できる。これらの優れた実用性により、セレナは高い人気を得た。

 そしてエンジンは、発売時点から用意されるマイルドタイプのS(スマートシンプル)ハイブリッドに加えて、本格的なe-POWERも追加した。

 e-POWERハイウェイスターVのJC08モード燃費は26.2km/Lだから、全長が4600mmを上まわるスライドを備えたミニバンでは、最良の数値になった。

次ページは : 人気グレードはどのグレード?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ