【クルマ界流行語大賞2019決定!!!】2019年のクルマ界を飛び交ったキーワードは?


クルマ界流行語大賞2019はコレだ!「あおり運転」

■1位:あおり運転

あおり運転による罰則強化を盛り込んだ道路交通法改正案が2020年に国会に提出される予定で、あおり運転即免許取り消しになる可能性が高い

 3人の評論家による投票の結果、今年のクルマ界流行語大賞は「あおり運転」に決定した。

 確かに常磐道におけるあおり暴行事件はインパクトがあり、その後のドラレコの売れゆきを考えると、社会的影響は大きかったといえる。

  警察庁は、さっそく道路交通法を改正して「あおり運転」を新たに定義し、罰則を設ける方針を固めた。

 1回の違反で免許を取り消すほか、暴行罪(2年以下の懲役など)より重い罰則を科すことも検討している。2020年の通常国会への道交法改正案の提出を目指す。 これだけ社会問題になったのだから当然の措置といえよう。

関連記事:【あおり運転を撲滅せよ!】「実はそれ違反です」 あおられない運転とは?

【寸評】
●国沢光宏/1位、2位が事故関連でちょっと明るさがないのがいただけないけど、まあ順当でしょ。「ラリージャパン」10位は健闘したと思うね。
●鈴木直也/「あおり運転」が1位は納得だよね。個人的にはCASEに注目だよ。上位に入ったってことは、身近な存在になったってことだよ。
●渡辺陽一郎/ 流行語ってことだけど、将来を向いたものこそ大賞にふさわしいと思って「CASE」を1位にした。ほかの人は違ったみたいだね 。

【画像ギャラリー】クルマ界流行語大賞20位~11位はこちら!