セドリック/グロリアの栄光と軌跡 かつての日産の大黒柱が絶版になって早16年

 日産セドリック/グロリアは2004年に惜しまれながら生産中止となった。日産車の代表としてトヨタクラウンに果敢に挑んだ記録よりも記憶に残るセダンだ。

 セドリック/グロリアは、高級セダンであると同時に、日産初、日本初、世界初の技術、装備が幾多も盛り込まれたモデルとしても有名だ。

 セドリック/グロリアの後継モデルとしてフーガを投入したものの、現在苦戦が続き、消滅の危機さえ噂される事態に陥っているが、日産にはセドリック/グロリアに注いできた情熱を思い出してもらいたい。そんな気持ちを込めて、セドリック/グロリアの光芒について見ていく。

文:片岡英明/写真:NISSAN

【画像ギャラリー】40年以上にわたり日産のフラッグシップに君臨したセドリック/グロリアの歴代モデル


セドリックに先駆けてグロリアがデビュー

 クラウンとともに日本を代表するプレステージセダンに君臨し、多くの人を魅了したのが日産のセドリックと富士精密工業(後のプリンス自動車)が生んだグロリアだ。

 誕生はグロリアのほうが早い。1958年、後楽園競輪場で開催された第5回全日本自動車ショウにプリンス1900を参考出品し、翌年の2月にグロリアの名を冠して発売されている。

 戦後の日本車としては初めての普通車で、超高級であることを「3ナンバー」で誇示した。

初代グロリアは富士精密工業(後のプリンス)の高級車として1959年にデビュー

 GLORIAは「栄光」の意味だ。皇太子殿下のご成婚を記念して命名された。

 初代グロリアは真のVIPカーである。豪華な西陣織のシートを採用し、当時の国産車としては珍しい後席アームレストやコートハンガーなども装備した。

 エンジンはGB30型と名付けられた1862ccの直列4気筒OHVを搭載する。パワースペックも国産最強だ。

セドリックは日産の高級車としてデビュー

日産の高級車として1960年にデビュー。日産初のモノコックボディを採用

 1960年3月、日産は満を持してフラッグシップのセドリックを発表した。車名のCEDRICは、イギリスの童話作家、バーネット夫人の名作、小公子に登場する主人公の名前から取っている。

 この主人公のように世界中から愛されるクルマになることを願って命名された。日産としては初めてのモノコックボディを採用し、ヘッドライトは個性的な縦型の2灯配置だ。

 エンジンは当時の小型車枠いっぱいの1488ccのG型4気筒OHVを積む。

 この年の秋、小型乗用車の税制が緩和され、5ナンバー小型車の排気量上限が2Lまで引き上げられている。また、小型車乗用車の税率は15%に引き下げられた。

初代セドリックの後期型はヘッドライトを縦2灯から横2灯に変更してイメージ一新(写真はロングホイールベースのカスタム)

 そこでセドリックも10月に1883ccのH型エンジンを積むカスタムを追加している。エンジンの大型化に伴い、ホイールベースも100mm延ばした。

 デビューしたときからグロリアとセドリックはフラッグシップで、庶民にとっては高嶺の花だったし、憧れの存在だったのである。税金などの維持費も高いから、ハイヤーなどのフリートユーザーを除けば、社長クラスの富裕層しか買うことはできなかった。

セドリックは日本初のショーファードリブンを追加

 1962年9月、グロリアは第2世代にバトンタッチする。フラットデッキスタイルの伸びやかなフォルムになり、きらびやかなグリルは打ち抜きプレスの凝ったものだ。

 日本で初めてACジェネレーターを採用し、時代に先駆けてエアコンもオプション設定した。1963年には日本初の直列6気筒SOHCユニットを搭載したスーパー6を加えている。

セドリックスペシャルはホイールベースを延長し、日本車初のショーファーカーとして登場。セドリック=高級のイメージをアピール

 同じ時期にセドリックはスペシャルを投入した。これはホイールベースを延ばし、後席の足元空間を広げた日本初のショーファードリブンだ。直列6気筒エンジンも2825ccと、日本の乗用車で最大排気量だった。

 グロリアも東京オリンピックを前に、2494ccのG11型直列6気筒SOHCエンジンを積むグランドグロリアを送り出している。

 日本初のパワーウィンドウやパワーアンテナなどを標準装備し、オプションでパワーシートやオートライトなども用意された。今のクルマと変わらない快適装備を満載していたのだ。

プリンスグロリアスーパー6は日本車初のSOHCエンジンを搭載し、レースにも投入された

セドリック/グロリア連合でクラウンに対抗

 1965年秋、セドリックは初めてのモデルチェンジを実施し、1967年にはグロリアも3代目を投入する。プリンス自動車は日産に吸収される形で合併したから、この3代目からは日産グロリアを名乗った。

 そして1971年、セドリットとグロリアはモデルチェンジを機に兄弟車になっている。これから先は連合軍でクラウンに販売合戦を挑むようになるのだ。

大型2ドアハードトップは流麗なスタイルで人気となった。この当時はクラウンも2ドアハードトップをラインナップするなど激戦

 1971年2月に登場した3代目セドリックと4代目グロリアは「230」の型式で呼ばれている。ウエッジシェイプの伸びやかなフォルムが特徴で、フォーマル色の強い4ドアセダンに加え、角形ヘッドライトのスタイリッシュな2ドアハードトップを送り込んだ。

 そして1972年夏に日本初のフルオープン4ドアハードトップを投入した。このクラスにはないパーソナル感覚とカジュアル感覚がウケ、230型はクラウンを超えるヒット作になっている。

 また、新しいユーザー層の獲得にも成功したという意味で、第1期の全盛時代と言える。

ピラーのない4ドアハードトップを初採用。解放感とスタイリッシュなデザインで人気となった230型

日本車初のターボ搭載

 スポーティな味わいのプレステージセダン、セドリックとグロリアは、1979年6月にモデルチェンジして躍動感あふれるフォルムの430型になる。

 大胆にも2ドアハードトップを整理したが、12月に日本で初めてのターボチャージャー装着車を仲間に加えた。

 最初は5速MT車だけの設定だったが、後に3速AT車も登場する。

日本車で初のターボエンジンを搭載したのがセドリック/グロリアの430型。当時のドッカンターボに多くの若者が憧れた

 ディーゼルは4気筒ばかりだが、430型は上質な直列6気筒のディーゼルエンジンも用意した。

 また、リアサスペンションをリーフリジッドから5リンク/コイルスプリングに代え、走りの実力を高めている。フロントブレーキにベンチレーテッドディスクを採用したことにも注目だ。

 この430型以降、セドリック/グロリアはメカニズムへのこだわりが一段と強くなり、日産ファンが好むスポーティな走りにも磨きをかけている。

 だから熟年層に加え、運転するのが好きなヤングのオーナーも増えた。

日本初のV6エンジン搭載

 これに続くY30型セドリック/グロリアではメカニズムを一新し、新しい領域に踏み込んでいる。

 パワーユニットは日本初のV型6気筒SOHCが主役だ。ターボや4速ATも設定し、1985年には時代の先端を行くジェットターボも投入した。

 また、フロントサスペンションもストラットに変更している。快適装備も世界初の雨滴感応式間欠ワイパーやカラオケ機能付きオーディオを奢った。

日本初のターボに続き、Y30セドリック/グロリアでは、日本初のV6エンジンが搭載された。このままで初物が続くクルマも珍しい

スポーツ性を押し出したグランツーリスモ登場

 1987年6月に登場したY31型セドリック/グロリアでは設計コンセプトまでも変えている。その代表が、パーソナルを求めるファンに的を絞った「グランツーリスモ」シリーズの設定だ。

 主役は新開発のV型6気筒DOHC4バルブターボで、最新の電子制御5速ATも用意した。サスペンションはリアをセミトレーリングアームとした4輪独立懸架で、先進的な電子制御エアサスペンションも設定する。

Y31セドリック/グロリアではクラウンとは違う独自路線として走りを追求したグランツーリスモが初設定された

 ブレーキは4輪ディスク、ステアリングギア型式はプレステージセダンとしては異例のラック&ピニオン式だ。

 セドリック/グロリアはプレステージセダンの世界に、気持ちいいハンドリングを持ち込み、クラウンとの違いを明確にした。

 このY31は第2期のセドリック/グロリアの全盛期と言えるだろう。このころから、高級志向のセドリック、走りのグロリアというイメージが定着。

 若さを前面に押し出したY31のヒットにより、次のY32型セドリックとグロリアからは4ドアハードトップだけが定期的に進化を続けるようになる。

 ブロアム/クラシック系は角形ヘッドライトだが、グランツーリスモはヘッドライトも個性的な丸形4灯式だ。リアサスペンションもマルチリンクとなり、スーパーハイキャスも装備するから意のままの機敏な走りを手に入れた。

Y32セドリック/グロリアのグランツーリスモは丸4灯ヘッドランプにより精悍なフロントマスクに仕上げられ若者から支持された

2004年に栄光の車名が消滅

 1999年に登場し、最後の作品となったY34型セドリック/グロリアは、面の美しさを際立たせたデザインを採用する。

 新設計プラットフォームを採用し、V型6気筒DOHCは直噴エンジンだ。最大のハイライトは、世界初のトロイダル無段変速機、エクストロイドCVTを用意していたことである。滑らかに力強い加速を披露し、燃費もいい。

 が、ゴーン体制になり、フーガが登場。2004年、セドリック/グロリアは惜しまれつつ長い歴史に幕を閉じた。

高級志向のセドリック、走りのグロリアというイメージで定着していたが、2004年に惜しまれながら絶版となってしまった

 独自路線を貫き、メーカーのプライドを背負って積極的に新しいメカニズムを採用して日本ならではの高級セダン像に挑んだのがセドリックとグロリアである。

 日本の風土に根ざしたプレステージセダンとして、クラウンと競い合いながら成長してきた。フーガが登場した今もセドリックとグロリアの栄光は色褪せていない。

【画像ギャラリー】40年以上にわたり日産のフラッグシップに君臨したセドリック/グロリアの歴代モデル

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ