FF市販車最速はシビックか!? メガーヌか!? ゴルフか!?!? 目指せニュルブルクリンク最速「肝はパワーじゃない!!」


 かつてはF1も開催された世界屈指の難コース、ニュルブルクリンク。

 現代では、日産 GT-Rなど市販車開発の舞台としても知られ、ニュルにおける『市販車最速ラップタイム』が、ひとつの称号にもなってきた。

 そうしたなかで2017年4月、新型のシビックタイプRがニュルFF最速タイムを記録。

 今、『市販車最速』ではなく『FF最速』がにわかに熱気を帯びているのはなぜなのか!?

文:鈴木直也/写真:Honda、Renault、VW
ベストカー2017年7月26日号


GT-Rやポルシェが挑戦!! 「FF」ではなかったニュル最速争い

 量産車でニュルのタイムを競いはじめたのは、たぶんR33 スカイラインGT-Rあたりがハシリだと思う。

 サーキットで速いのはレーシングカーに決まってるんだから、最初は「何をバカなことを……」とも思ったが、2008年にR35 GT-Rが7分29秒3を叩き出したあたりから、世間の注目度がにわかにアップ。

GT-R

 プライドを刺激された地元のポルシェが挑戦に応じたのをはじめ、スーパーカーが続々参戦。スポーツカーに関していえば、いまや世界中のメーカーがニュルのタイムを気にしている。

 ここで興味深いのは、ニュルというコースの特殊性が大きかったためか、単なるレーシング仕様の開発競争にならなかったこと。

 自然発生的に、ナンバー付き市販車、レーシングタイヤ不可、といったローカルルールが定着。いまやロードカーのダイナミック性能を測る指標として、世界中で広く知られるようになった。

『FF最速は我々だ!』ルノーが新たなニュルバトルを起こす

 そんななか、ちょっと発想を変えて「FFでいちばん速いのはどれよ?」と新たなテーマを提案したのがルノー。

 ロードカー最速を狙うのはハードルが高いが、FF縛りにすれば量産車ベースで参戦できるメーカーが増える。

 2014年6月にルノーメガーヌR.S.275トロフィーRが、7分54秒36をマークしてはじまったこの戦いは、現状ゴルフGTIクラブスポーツS、シビックタイプRの三つ巴といった状況だ。

ルノーメガーヌR.S.275トロフィーR

 このメガーヌの記録を2015年3月に、先代シビックタイプRが7分50秒63で更新すると、翌2016年12月にはゴルフGTIクラブスポーツSが50秒の大台を切る7分47秒19をマーク。

ゴルフGTIクラブスポーツS

 さらに2017年4月には新型シビックタイプRが7分43秒80で抜き返している。

 FFスポーツを量産する場合、商品性のバランスから2L直4が相場。パワー的には出して350ps、トルクは400Nmといったところ。この辺が前輪だけで吸収できるトラクションの限界となる。

 そうなると、ニュルでラップタイムを縮めるにはコーナリングと空力が勝負。こういう知恵を絞った抜きつ抜かれつの戦いが面白いのだ。

次ページは : エンジンよりも問われるのはボディとシャシー

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ