クルマ版「Uber Eats」ついに首都上陸 「Uber Taxi」ってタクシーと何が違うのか?

 最近ではコロナ禍の影響もあって「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のバッグを積んだ自転車を都内でもよく見かけるようになった。

 ところで、2020年7月3日に東京でも「Uber Taxi(ウーバータクシー)」が始まったことをご存じだろうか。

 これまで日本で進めてきたビジネスを東京都区内でも展開することになり、国内での利用地域として12ヵ所目となる。

 ウーバータクシーは、スマホアプリを利用して、現在地付近にいるタクシーを呼び出すことができる配車サービスだ。

 ウーバータクシーに登録すれば、先に触れたウーバーイーツ(レストランや食品を扱う店舗からの料理を運ぶ委託ビジネス、簡単に言ってしまえば料理の宅配)のように、乗車予約や支払いもすべてアプリで行えるという。

 それでは、このたび東京でもサービスを開始したこの日本版ウーバータクシーは、従来の日本のタクシーと何が違うのか? またすでに海外で広く活用されている「Uber Taxi」とはどう違うのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。


文/岩尾信哉
写真/ウーバージャパン

【画像ギャラリー】ウーバータクシーに乗る手順&個人でウーバードライバーになる条件をチェック!


広がるウーバータクシー

2020年7月3日、ウーバータクシーは東京都内でサービスを開始した。対象範囲は港区、千代田区、中央区とされる(写真:ウーバージャパン)
提携会社は、日の丸リムジン、東京エムケイ、エコシステムの3社で運用(写真:ウーバージャパン)

 2012年に日本で設立されたウーバージャパンは、タクシーの配車アプリ「ウーバータクシー」を、2018年から福岡や大阪、京都、広島、愛知、仙台など国内12ヵ所で展開してきた。


■ウーバータクシーが運用されているのは12ヵ所
淡路島、名古屋、大阪、仙台、青森、郡山、広島、京都、福山、福岡、高知、東京

 いわゆるインバウンドで日本にやってくる外国人観光客をターゲットとしてきたが、コロナ禍のために外国人のニーズが消滅してしまったが痛いところだ。

 まずは「Uber(ウーバー)」について、ごく簡単に説明しておこう。米国で2010年6月に始まったウーバーは、スマートフォンなどを利用して、移動しようとする利用者と一般ドライバーを結びつけるサービス。

 海外では、プロドライバーではない一般個人でもウーバーに身分登録すれば、専用アプリを使ってタクシーを利用したいユーザーと直接連絡を取って、自らの所有車(自家用車)を利用してタクシー業務ができる、いわゆる「ライドシェア」と呼ばれるビジネスが可能となる。ウーバーはこのライドシェアビジネスのパイオニア的存在だ。

 現状で世界の900都市で利用できるウーバーは、米国ではカリフォルニア州やニューヨーク州などの都市部を中心として展開され、ニューヨークの都市部などでは、渋滞の原因になっているといった報道さえ見られるほど急速に利用が広まった。

 このウーバー、日本では法律の関係で、海外と同じビジネスは展開できていない。その点についてはのちほど詳しく説明するが、「(一般ドライバーではなく)プロのタクシードライバーと利用客を結ぶサービス」として、ウーバーは日本に進出した。

 そして2020年7月3日、ついに東京都内でサービスを開始したわけだ。対象範囲は港区、千代田区、中央区とされ、提携会社は、日の丸リムジン、東京エムケイ、エコシステムの3社で運用される。

 東京都内での利用可能な台数は600台と公表されており(各地方での個々のタクシー会社の契約社数などは不明)、ウーバータクシー独自の割引サービスについては、東京での導入初期のタイミングでは、初回利用から3回までクーポンによって割引(割合は変化)を実施するといったサービスも見られる。

東京では【初回無料】値引上限:最大 2000 円まで、値引期間: 2020/8/31まで、【その後 3 回半額】割引上限:各回最大 1000 円まで、割引期間:初回乗車から 30 日以内というキャンペーンを実施中

Uber Taxi東京地区の配車依頼はこちら!

 配車アプリを用意する競合他社としては、大手の日本交通系のJapan TaxiとDeNAの配車アプリ「MOV」事業が統合した、モビリティテクノロジーズ(東京都千代田区)がすでに東京でサービスを実施。

 東京を含む都市部中心については、ソフトバンクが出資するDiDi(運営会社はモビリティジャパン、東京都千代田区)が挙げられる。

 ウーバータクシーに限らず、各タクシー会社は配車アプリの利用拡大に向けて、自社負担で利用者に割引クーポンなどを配布するようなサービスを実施しているようだ。ここにウーバータクシーが参入することになる。

ライドシェアからタクシーへ

海外のようなライドシェアビジネスは日本では展開できない(写真:ウーバージャパン)

 さて、ウーバー社の本来のビジネスである(一般ドライバーを対象とした)ライドシェアビジネスが日本で広まらなかったのは、のっぴきならない事情がある。それはタクシー業界に関する法律の壁だ。

 さかのぼること約5年前、2015年2月にウーバーは福岡県でのライドシェアの実証実験を試みたが、国土交通省の行政指導により約1ヵ月で中止することになった。

 ウーバーの配車サービスが、後述する営業許可を持つ事業者の車両以外での有償乗客輸送を禁ずる「道路運送法」に抵触する、と判断されたからだ。

 2015~16年の一時期にライドシェアの合法化が検討されたのは、政府が認定した国家戦略特別区域における「自家用有償観光旅客等運送事業」。

 つまりウーバーのような一般個人による自家用車を利用した「旅客自動車運送事業」すなわちタクシー配車サービスが注目されたからと想像できる。

 このライドシェア日本導入に向けた法改正の議論において、ソフトバンクなど経済界の一部では「運賃の支払いを含めて、アプリの利用ですべて完結し、ドライバーを評価するシステムなので、サービス向上につながる」という意見が出て、それを追い風にして「日本でもウーバー解禁か」と報じられた時期もあった。

 その後も、2016年5月にトヨタとウーバー傘下のウーバーテクノロジーズが自律自動運転でのライドシェア技術で協業する旨を発表(トヨタがウーバーテクノロジーズに5億ドルを出資)。しかしこれにタクシー業界から強い反発が出た。

 トヨタは慌てて(?)日本でライドシェアを推し進める方針ではないと釈明。法改正の話は棚上げとなり、現在に至っている。

 加えておけば、日本同様に欧州でもウーバーは運輸事業者として規制を受けており、対してウーバー側は「IT事業者として端末で利用できるプラットフォーム提供者である」と主張する。

法律上は「白タク」と同様の海外のウーバータクシー

 本来の「(海外版)ウーバー」では、乗車利用については、一般ドライバーを含む個々の契約ドライバーと利用者がアプリによって契約するのが基本であるのに対して、日本におけるウーバータクシーでは、料金体系は契約したタクシー会社による設定となる。

 ここでライドシェアに関わる法律として「道路運送法」の第78条「有償運送」に触れておくと、「自家用車自動車は、次に掲げる場合を除き、有償で運送の用に供してはならない」とある。

1.災害のため緊急を要するとき
2.市町村、特定非営利活動法人(NPO)その他国土交通省令で定める者が、次条の規定により1.の市町村の区域内の住民の運送その他の国土交通省令で定める旅客の運送を行うとき
3.公共の福祉を確保するためやむを得ない場合において、国土交通大臣の許可を受けて地域又は期間を限定して運送の用に供するとき。

 いわゆる地方都市などで見られる「白タク行為」(自家用車を利用した迎車サービスを基本とするため、運行車両のナンバーが“白色”であることに由来する)は「旅客自動車運送事業」に違反することとなる。

 海外で運用しているウーバータクシーのような一般ドライバーによる自家用車を使った運行サービスである、ライドシェアビジネスも原則として法律に触れることになり、だからこそ(前述のように)ウーバーは「法改正」を期待したわけだが、それが棚上げになっている以上、従来の営業手段(一般ドライバーが一般ユーザーからお金をもらって運送)はとれない。

 そこでウーバーは、日本でのライドシェア事業を断念した後、タクシー事業者と提携してアプリによる配車ビジネスを行う、日本版ウーバータクシーを展開することになったというわけ。

手順は単純だが、料金体系は意外と複雑?

到着時間の確認、GPSの位置情報の共有、利用場所の保存機能などの機能に加え、Uberアプリで電話アイコンをタップするだけでドライバーと直接連絡できる「VoIP」(Voice over IP)と呼ばれる機能もアプリに搭載(写真:ウーバージャパン)

 ここからは、日本版ウーバータクシーの具体的なサービスを紹介していこう。

 肝心の運行料金については、各地域のタクシー会社の設定が用いられ、タクシー会社が自社で運営している配車アプリと基本的に変わらない。

 ウーバータクシーが他社の配車アプリと異なるのは、ドライバーの評価機能があることと、配車してもらう車両が選べることだ。

 ただし、本来のライドシェアサービスである海外のウーバーのように、ドライバーを選択できる機能は備えていない。

 日本のウーバータクシーは、迎車(これはタクシー業界の用語であり、本稿では配車に統一する)料金が無料、割増料金の設定がないことを大きな特徴とする。

 ウーバータクシー利用時の支払い方法については、現金での支払いは不可とされ(一部都市は現金支払い可)、利用時の支払い方法はクレジットカード、デビットカードなどを用いての決済となる。

 次にウーバータクシーの利用にかかる費用を確認しておこう。

 まず基本料金は専用アプリで予約を申し込む際に入力する、乗車位置から目的地までの乗車時間と走行距離で決定される。配車サービスについては、基本的に設定した乗車位置に近いタクシー車両がGPSを用いて選択されることになる。

 ウーバータクシーの手数料は、居住地の地域、都市、時間帯など状況によって常に変動している。

 対して、大手タクシー会社が運営するスマートフォンのアプリでタクシーを呼び出す場合には、タクシー会社が定める配車料金は別途必要(およそ300円程度から)になる。

 ウーバータクシーには配車方法によって料金がそれぞれ設定されている。

 標準仕様といえる「タクシー」(費用は配車料金+走行料金)に加え、「プレミアムタクシー」(迎車料金+メーター料金+予約料金500円が必要)、ハイヤー配車サービスとしてセダンと大型ミニバンなどのいわゆる黒塗り車両を指定できる(車両指定料金が必要)「ウーバーブラック」がある。

使う側と使われる側、それぞれのメリットとは?

 このように、日本版は米国で運用されているウーバーのようには利用できないとはいえ、インバウンド需要を見越してウーバータクシーを導入したタクシー事業者も見られる。

 たとえば、来日した海外で日常的に利用しているユーザーであれば、慣れ親しんだフォーマットのアプリを日本でもそのまま利用できるメリットもある。

 日本のウーバータクシーは、配車料金と運行料金は運営されている地方の各タクシー会社で異なるが、なにより到着までの運行料金を事前に見積もることができる。

 利便性でいえば、海外のウーバーのようにタクシードライバーを事前に選ぶことはできないが、海外のウーバー同様に評価・報告できることは大きなユーザーメリットといえる。

 今後は日本の競合するタクシー会社の配車アプリに対して“さらなる違い”をどのように打ち出していくかが課題だろう。

 サービスや料金が原則一律の「護送船団方式」をとる日本のタクシーも(それはそれでメリットはあるのだが)、この黒船来航を機会に、運転手の評価システムを導入するなど、少しずつでもサービス向上に向けて変わってほしいものだ。

2020年5月30日、ウーバージャパンはサービスのパートナーであるフジタクシーグループと協働し、名古屋市内でタクシーによるウーバーイーツのデリバリーを開始した(写真:ウーバージャパン)

Uber Taxiのホームページはこちら!

【画像ギャラリー】ウーバータクシーに乗る手順&個人でウーバードライバーになる条件をチェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ