VW、ベンツ新車が2020~22年に続々上陸!! 有力新型輸入車全情報


メルセデス・マイバッハGLS600:予想導入時期/2021年夏

繊細なピンストライプ風のフロントグリルがマイバッハの血統を伝える。ロールスロイスやベントレー、マセラティなど並みいる高級ラグジュアリーブランドのクロスオーバーSUVに勝てるか?

 メルセデスベンツのラグジュアリークラスのサブブランド、マイバッハの名を冠した最上級SUVがGLS600。

 搭載するパワーユニットは、558ps/74.4㎏mを発生する4L、V8ツインターボに48Vマイルドハイブリッドシステムの組み合わせだ。

 もちろんエアサスペンション仕様が標準となり、カメラや各種センサーで路面状況などをスキャンし、横Gや不快な振動を制御する「Eアクティブ ボディ コントロール」も用意した。48Vシステムによって各サスペンションを個別に制御する最新テクノロジーだ。

 また、ショーファードリブンとしての用途を考慮し、後席乗員の快適性を優先したドライブプログラムも用意。

 2速スタートやアイドリングストップOFF、加速マナーの穏やかな調整などにより、乗員に余計なGや振動を感じさせないスムーズなドライビングを実現。

 マイバッハ GLS 600 4マティックの着座位置は、Sクラスに比較して運転席で25cm、後席で28cm高い。それに加えてドアを開ければ電動のステップが登場するので、スマートかつスムーズに乗降することができる。

 圧巻なのはリアシートの快適性。GLSに比較して座席位置を120mm後方に移動することで、1103mmという広大なニールームを確保している。

 気になるお値段は2500万円級が予想される。乗車定員は4名が基本だが、オプションで5名仕様にもできる。

GLSと比較して座席位置を120mm後方に移動することで1103mmという広大なニールームを確保。助手席をショーファー用のポジションへ設定すれば最大1340mmまで足元空間が広がる。また43.5度までリクライニングするバックレストを備える

メルセデスベンツEQV:予想導入時期/2021年初夏

VクラスベースのピュアEV、EQV

 欧州市場では2020年5月25日から受注が開始されたVクラスベースのピュアEV。

 搭載するバッテリーは実用容量90kWhのリチウムイオンで、1充電あたりの航続距離は417〜418㎞。

 モーター出力は204ps/36.9㎏mとなっている。現時点では充電規格の違いもあり、日本導入未定となっているが、導入される可能性は非常に高い。

次ページは : ジープグラデュエーター:予想導入時期/2021年初夏

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ