なぜ消えた!? かつて若者の憧れだった日本のお家芸「走りのセダン」 5選


 いま、日本における「走りのセダン」が危機的状況にある。
 スポーティな4ドアセダンといえば、かつて日本市場でも隆盛を極めたカテゴリーであるが、現在はトヨタ・マークX(5月販売台数275台)でさえ次期型開発凍結→生産終了カウントダウンと言われており、日産フーガ(同20台)、スカイライン(同35台)、ホンダアコード(同106台)、マツダアテンザセダン(18台)、スバルレガシィB4(同124台)と、ほぼ「死に体」と言っていいカテゴリーになっている。

 そんななかで、今度の新型クラウンはスポーティ志向に寄せて開発された。あのクラウンでさえ、なりふり構わず「スポーティさ」をウリにしてきたのだ。しかし日本自動車史を振り返ってみれば、魅力的で、若者が憧れた(!?)4ドアセダンが数多くラインアップされていた。比較的高額ではあったが、(少なくとも輸入セダン勢よりはお手頃で)頑張れば買えるようなポジションに「走りのセダン」が数多くラインアップされていたのである。

 しかしこうしたモデルの大半が、新車市場から去っていってしまった。それはなぜなのか。本稿ではそんな名車たちを振り返りつつ、(難しいとは思うが)復活を祈願したい。
文:片岡英明


■ミニバンや輸入車勢に追いやられたカテゴリー

 自動車の基本となるカテゴリーが、実用性を重視した4ドアのセダンである。アメリカや日本ではセダンと呼び、イギリスでの呼び名はサルーンだ。日本でも戦前から、多くの乗用車にセダンが設定され、人気だった。今は、まったく人気のない国産セダンのカテゴリーだ。

 が、20世紀後半までの日本車の主役といえば、セダンだったのである。

 ファミリー層だけじゃない。ハイソカーブームが到来し、バブル景気が後押しした1990年の前後10年は、多くの若者が「走りのセダン」に憧れ、オーナーになることを夢見たのだ。

 だが、90年代半ばになるとアウトドアブームの後押しを受け、クロスオーバーSUVが登場し、マルチパーパスのミニバンも売れ行きを伸ばした。

 キャビンはそれなりの広さにとどまり、序列の枠に収まっているセダンは、瞬く間に主役の座から転がり落ちている。21世紀になると整理され、消滅するセダンが相次いだ。しかしこのカテゴリー、依然としてヨーロッパ勢は元気がいい。ドイツ勢を中心に、日本車が抜けた穴に入り込み、販売を伸ばしている。

 そういう状況で日本メーカーが単発で頑張ってみても、完全復活はしばらく難しいだろう。だが、ニッポンのモータリゼーションを衰退させないためにも、国産セダンには、あの頃の輝きをもう一度、取り戻して欲しい。少なくとも本稿に登場した5台のうち、アコードを除くすべてのクルマは車名からしてなくなってしまった。この状況だけでもなんとかしたい。

■トヨタ チェイサー ツアラーV

トヨタ・チェイサーツアラーV
トヨタ・チェイサーツアラーV

 兄弟車のマーク2よりスポーティなキャラクターを与えられ、より若い層を狙った上質なスポーツセダンがチェイサーである。

 そのスポーツグレードは、4代目のX80系までは「アバンテ」と「GT」だった。が、5代目の90系からは「ツアラー」を名乗り、フラッグシップは「ツアラーV」だ。今でもカッコいいと思えるのが、1996年に登場し、チェイサーの最後の作品となった6代目のX100系ツアラーVである。ツーリングカーレースのJTCCにも参戦し、速い走りを見せつけた。

  心臓は2.5Lの1JZ-GTE型直列6気筒DOHCターボだ。最高出力280psは変わらないが、VVT-iを採用することによって実用域で分厚いトルクを発生する。当然、高回転ではターボならではの鋭いパンチと力強い伸びを堪能できた。

 5速MT車がツアラーVの販売の3分の1を占めたことからも、楽しいクルマだったことが分かる。4輪ダブルウイッシュボーンのサスペンションもいい仕上がりだ。意のままの気持ちいい走りを満喫できる。

次ページは : ■日産 グロリア グランツーリスモアルティマ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ