【メーターパネルは情報のデパート状態】ここまで進化したメーターのハイテク化!!

 ドライバーが運転中に最も目にする車載装備といえば、やはりメーターパネル。かつては、スピードメーターやタコメーター、燃料計などを基本的な情報を提供するのみだった。

 しかし、デジタル化が急速に進んだ現在では、あらゆる車両機能の情報が集約され、ドライバーとクルマのコミュニケーションツールへと発展。今では軽乗用車にもインフォメーションディスプレイの搭載は、常識となっている。

 急速な発展を遂げるハイテクメーターパネルの中から、大音安弘氏が実際に見て触って驚いたというものを中心に紹介してもらう。

文:大音安弘/写真:アウディ、BMW、マクラーレン、DS、LEXUS


Audi バーチャルコクピット

 1995年に登場した現行型アウディTTクーペ。そのインテリアには大きな衝撃を受けた。何しろダッシュボードから液晶モニターを消し去ってしまったのだから……。

 決して、現代ではマストとなるナビなどの車載機能が使えなくなったわけではない。大胆にも全てをメーターパネルに集約させてしまったのだ。それが「アウディバーチャルコクピット」だ。

アウディはヘッドライト、安全技術などを含めハイテク装備に熱心で、革新的な世界初技術を度々披露している。写真はSQ7のメーターパネル(欧州仕様)

 計器情報はもちろんのこと、ナビやオーディオ、車両装備の設定など必要な情報は、全てドライバーの目の前にあるフル液晶メーターパネルに表示できるように。結果、クラシックスポーツのようなシンプルなインパネデザインを復活させた。

 メーターのみで完結される純粋なバーチャルコクピットは、TTとR8のみとなっているが、全てのラインアップに展開された結果、新生代アウディを象徴するアイテムのひとつとなっている。まさにメーターの新時代の到来を告げた革新的なアイデアであった。

BMW ライブ・コクピット

 2019年デビューの7代目3シリーズに搭載される最新世代のメーターパネルが「BMWライブ・コクピット」だ。12.3インチのフル液晶メーターパネル+10.25インチのワイドタッチスクリーンで構成されるシステムだ。

 このメーターパネルの特徴は、外周部にアナログタイプのスピードメーター(左)とタコメーター(左)を常時表示しながら、メーター中央にナビゲーションなどの様々な情報が展開できるようになっていること。

新型3シリーズでお目見えしたライブコックピット。ひと昔前のゲーム機のメーターパネルさながら。スピードメーターとタコメーターが対峙。写真はZ4の欧州仕様

 メーター本来の機能を守りながらも、現代に求められるメーターへと発展させているのだ。ただ右回りのスピードメーターに対して、タコメーターは左回りと逆に表示となる点は、やや気になるところ。

 またヘッドアップディスプレイを組み合わせることで、メーターパネルを直視せずとも、ドライバーが必要な情報を認識できるのもポイントだ。海外仕様には、従来型のようなアナログ式メーターも存在するが、日本の新世代モデルでは、BMWライブ・コクピットが積極的に展開されていく見込みだ。

McLaren フォールディングドライバーディスプレイ

 逆に、目的のために、メーター機能を絞ってしまったものもある。それがマクラーレン720Sで初採用された「フォールディングドライバーディスプレイ」だ。

 720Sには、他のスーパーカー同様に多機能なフル液晶メーターパネルが備わるのだが、走行モードを「トラック」に切り替えると、そのメーターパネルが自動的に倒れこみ、なんと、もう一つのメーターが出現するのだ。

 これはサーキットなどでスポーツ走行を楽しむ際、ドライバーがコントロールに集中できるように、必要最小限の情報だけを提供するスポーツ専用メーターなのだ。

720Sのメーターパネルはセンターにタコメーターが配置され、その中央にスピードがデジタル表示される今となってはオーソドックスなタイプのメーターパネルだが……
上の写真の状態からモード切替または専用ボタンを押すことでメータークラスター全体が回転し、横長のメーターパネルが出現し必要最低限の情報を表示

 コンパクトな横長のメーターパネルには、バータイプのタコメーター、デジタルスピードメーター、シフトポジションなどが最小限に留まる。まさに気分はF1ドライバーってとこだろうか。

 起動方法については、モード切替だけでなく、専用のボタンでも起動することもできる。スーパースポーツらしいストイックな機能だが、もしオーナーなら、一度は誰かに見せたくなってしまうだろう。

DS デジタルインストルメントパネル

 2018年に登場したフランスの高級車ブランド「DS」の最新モデル「DS7クロスバック」にも、フル液晶ディスプレイが採用されているが、それだけでは、今や当たり前。

 DSらしいのは、そのグラフィックデザイン。アヴァンギャルドな内外装同様に、メーター表示も実に洒落ているのだ。

DS7クロスバックのメーターはフル液晶ディスプレイが採用されていて、DSらしいアバンギャルドなグラフィックがオシャレ。情報表示も重要だが、オシャレさも忘れていない

 さらに「DSナイトビジョン」と名付けた夜間に使用可能な赤外線映像もメーター内部に表示され、前方の人や動物を検知するとハイライトさせ、知らせてくれる。

 赤外線カメラによる夜間の視界サポート機能は、他社も導入しているが、DSのような個性的なデザインのクルマと組み合わされると、安全性向上の目的だけでなく、その特別感を高めるアイテムにも感じられてしまう。

 先進安全機能の搭載にも一歩遅れていた感のあるフランス車だが、DSのハイテク化は、アナログなイメージを払拭させ、クラシックとモダンの融合で新たな価値の創造へと動きだした新時代のフランス車の象徴といえるだろう。

LEXUS Fスポーツ専用TFT液晶メーター

 日本にも動くメーターが存在する。それがLEXUSのFスポーツ専用メーターだ。こちらはメーター内部が動くもの。メーターパネルの中央には、アナログ表示のタコメーターと、その中央にデジタルスピード表示を可能とした可動式メーターリングが備わる。

 通常時はメーター中央に位置するが、インフォメーションディスプレイの表示時には、メーターリングが右側にスライドし、隠れていた8インチのインフォメーションディスプレイが出現するというわけだ。

 液晶表示のメーターながら、映像だけの表示切替でなく、物理的にメーターが動くのは、世界的にもユニーク。2010年に発売されたレクサスのフラッグシップスポーツLFAで初採用されたもので、その後、2013年登場のISのFスポーツに採用されて以来、Fスポーツモデルを象徴するアイテムとなっている。

 これはレクサスの物作りのこだわりとして、あえてメーターリングを残した2枚重ね式の液晶メーターだが、ギミックが限られることもあり、将来的には、失われてしまうかも……。

Fスポーツ専用のTFT液晶式メーターで、センターにタコメーターが配置されるデザイン。色遣いなど視認性に優れている(写真はLC500)
インフォメーションディスプレイを使用する時は、メーターリングが右側にスライドする。2枚重ね式の液晶パネルを採用するのはレクサスのこだわり(写真はLC500)

★    ★    ★

 これ以外にも多彩な表示切替が行えるメルセデス・ベンツの液晶メーターなど輸入車のメーターパネルは、多機能かつ個性的なものが多い。

 ただ日本車に目を向けると、かつてデジタル表示のメーターを積極的に展開してきた割には、高級車を含め、アナログ式メーターを基本に大型のインフォメーションディスプレイを組み合わせたものが多い。

 もちろん、視認性という意味ではベターな選択といえる。

 ただ自動運転などに代表される先進機能の進化はメーターの役割をどんどん拡大していくことは必然。かつては技術大国、自動車大国と称賛された日本だけに、その底力を感じさせる独自の進化にも期待したい。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ