WRC2022第4戦ラリー・ポルトガルの前夜祭で「日本の貢献」を実感!!


 今週末(2022年5月19日(木)~22日(日))に開催されるWRC2022第4戦ラリー・ポルトガル。WRC伝統のグラベル(未舗装路)ラリーであり、日本のトヨタは今シーズン3勝目を目指すことになる。そんな注目のラリーのガラディナー(特別な夜に開催する豪華なパーティ)に、なんと国沢光宏氏が招待されたとのこと。すばらしい。そしてなぜ??

文/国沢光宏
写真/国沢光宏、TOYOTA

【画像ギャラリー】「伝説のドライバー」がそこらじゅうに…何名わかるでしょうか、この往年のラリーファン垂涎の豪華なメンバー(18枚)画像ギャラリー

■とんでもない席に案内されました…

 WRCポルトガルへ行くべく準備をしていたら、WRCの主催者から連絡あり「水曜日に来られませんか? WRC50周年記念のガラディナーを行います」。こんな信じられないほど嬉しい話を断るラリー好きは世界中探してもいないです。水曜日の夕方に到着する予定だったのだけれど、万一飛行機が遅れたら間に合わない。そんなことになったら死ぬまで後悔する。予定を1日前倒ししました。

写真は昨年(2021年)のラリー・ポルトガル。伝統のグラベルラリーで、このシーズンはトヨタのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(ヤリスWRC 33号車)がこのシーズンの初優勝を飾った

 ディナー開始の1時間くらい前に到着すると、あらま! アウディ・クワトロの横にワルター・ロールさんとサインツ先生が! 最初から気分はレッドゾーンでございます。カクテル会場に入るや、もはやWRCの歴史といってよい! 本物のアリ・バタネンさんやマーカス・グロンホルムさん! サインツ先生のコ・ドラだったルイス・モヤさんも。完全なお上りさん状態です!

伝説のドライバーがあちこちに。写真右はアリ・バタネン氏

 ディナーが始まり指定された席に行くと驚くべきことに最前列センターテーブルの右隣ときた! センタ-テーブルはFIAのお歴々で中央席は新しいFIA会長! これまたFIAの要職にあるミシェル・ムートンさんとコ・ドライバーのファブリツィア・ポンスさん。「チュリニ峠」とネーミングされていた私のテーブルも凄かった! サインツ先生にGRのラトバラ監督、GRの春名さん。

大変な席に座ることになった国沢氏。すぐ奥でヤリ=マティ・ラトバラ監督とカルロス・サインツ氏が談笑しています…

 そして50周年ガラディナーの司会役であるモヤさん、イゾルデ・ホルデリートさん等々。モヤさん7年前のWRCポルトガルで4日間フルアテンドして頂いたことがあります。ホルデリートさんも2015年にMIRAIでWRCドイツを走った時からの知り合い。サインツ先生、トヨタとスバルに乗っていた時、何度かインタビューしました。サインツ先生はまったくく覚えてないでしょうけど(笑)。

 本来ならモリゾウさんや福井敏雄さんなどが座る席です。なんで私が、と思うけれど、WRCジャパン再開催までの動きに最初から微力ながら関わってきた。10年たったらベストカーに書こうと思っているほど面白い話です(悪い事象は皆無)。そのあたりの事情をWRCの主催者はわかってくれているのかもしれません。MIRAIで日本人初のファーストカースタートもそんな流れ。

 もっと言えばすべて日本のWRCの歴史に掛かってくる。1970年代から多くの日本企業がWRCにチャレンジし、1990年代に入るやトヨタとスバル、三菱自動車が大暴れする。TTE副社長の福井さんやSTIを立ち上げた久世隆一郎さん、三菱自動車の木全巌さんなど、輝いてました。御三方には大変よくしていただき、デビッド・リチャーズ操縦のヘリコプターに何度か乗せてもらったほど。

 つまり私を評価しての厚遇ではなく、日本のWRCファンの存在を受けてのこと。WRCにおける日本の存在感って、日本のWRCファンが考えているより大きい。あまり強い主張はしない日本という国ながら、前述のとおり1970年代から参戦を開始。黄金期を経て、今でも旭化成やフォーラムエイトがWRCのスポンサーをしている。トヨタの存在感だって非常に大きくなってきた。

 たまたまこの日にポルトガルに居る日本人が私だけだった、ということでしょう(笑)。

次ページは : ■ラリージャパン(2022年11/10〜13)はさらに盛り上がるはず!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ