わからないことがてんこ盛り!? EVやPHVの充電についての基礎知識


 脱炭素の流れが加速している昨今、予想以上に近い未来にガソリン車が買えない時代がやってきそうな雲行きとなってきた……。とはいえ、完全なるEVに乗り換える大英断を下すのはちょっと……と、まずはエコなガソリン車やハイブリッドカーに乗りつつ、様子見をしようという人も多いはず。

 そんな様子見派の懸念事項のひとつは「充電」ではないだろうか? 充電時間、充電できる場所が限定的である、料金が高そうなどなど。そこで、ここではEVやプラグインハイブリッド車の充電に関する素朴な疑問を検証していきたい。

文/藤原鉄二、写真/トヨタ、日産、写真AC

【画像ギャラリー】EV、PHVへの乗り換えは不安!?(14枚)画像ギャラリー

混乱してない? 電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド(PHV)の違い

わからないことがてんこ盛り!! 電気自動車やプラグインハイブリッド車の充電についての基礎知識
RAV4にも12月1日にPHVが追加された。国産のPHVの数はまだ少なく、他にプリウスPHV、三菱アウトランダーPHEV、エクリプスクロスPHEV、レクサス NX450h+と数車種にとどまっている

 まずは基本中の基本。電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド(PHV)の違いについて簡単におさらいしよう。

 EV(Electric Vehicle)は、搭載されている電池に蓄えた電気でモーターを回転させることで走行するクルマだ。

 PHV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)は、充電可能な電池とガソリンエンジンを搭載し、それらを併用して走行するクルマ。充電量が不足した時は電気のかわりにガソリンを使用して走行することが可能だ。PHEVと呼ばれることもある。

 現状では、EVの場合は1回の充電で走行できる航続距離は50km程度から500km程度だ。ただし、エアコンやオーディオなどの電気機器を使用すると航続距離は短くなる。遠出することが多く、EVの航続距離が不安ならガソリンを併用できるPHVがお薦めだ。

 ちなみに、ハイブリット車(HV)は、電池とガソリンエンジンを搭載したクルマ。速度が低い時は電気を使用してモーターを回して走行し、燃費効率の良い速度になった時にはガソリンエンジンを使って走行する。

 PHVとの違いは、外から充電する必要がないところ。減速時やアクセルをオフした降坂時のエネルギーを活用して充電をする回生充電、または、エンジンで専用の発電機を回して充電するかのいずれかのしくみを使って充電を行うからだ。

自宅で充電するためには専用の充電設備が必要

わからないことがてんこ盛り!! 電気自動車やプラグインハイブリッド車の充電についての基礎知識
コンセント型が最も安価に設置できる。自宅で充電できれば、利便性だけではなく、電気代が安い時間帯に充電できるため、コスト面のメリットも大きい

 一般的には、EVとPHVには普通充電用と急速充電用の2つの充電口(ポート)が設置されている。ただし、テスラのように1つのポートで普通と急速充電ができるクルマもある。

 普通充電器は、一般に使用される単相AC200Vまたは100Vを使用する。ただし、100Vのコンセントに対応している車種は少なく、多くは200Vのコンセント対応となる。急速充電器より充電時間はかかるものの、自宅で充電ができるため、就寝時などクルマを使用しない時間帯を使って充電ができるという利点がある。

 ただし、自宅で充電するためには専用の充電設備が必要だ。充電器には、コンセント型と充電ケーブル付きがあり、コンセント型の場合は、製品本体の価格は5000円以内で購入できるが、充電ケーブル費用と設置工費が必要なため、トータルで10~50万円程度はかかる。充電ケーブル付きの場合はトータルで30~100万円程度と、高めとなる。いずれにせよ、費用は業者によってかなりの幅があるので、比較検討をすることは必須だ。

 初期投資はかかるが、クルマの使用頻度が高い人は、専用の充電設備の設置することをお薦めしたい。夜間の電気料金が日中よりも安くなるプランを利用できるなど、ランニングコストが安くできるうえ、充電を待つ時間の節約にもなるため、長い目で見るとお得だ。

 戸建てなど専用の充電設備が設置できる環境が整っていることも条件となる。マンションなどの集合住宅では、個別に充電設備を設置することは困難だ。

 いっぽうのPHVはガソリンエンジン併用であることからEVほど頻繁に充電する必要はない。そのため、専用の充電設備の必要性は低いだろう。

次ページは : 充電時間はどのくらいかかる?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ