新型Zは過去に縛られた? デザインに見るカーマニアの葛藤

新型Zは過去に縛られた? デザインに見るカーマニアの葛藤

 2021年8月18日、リモートで正式発表された新型フェアレディZ。日本では今冬の発売が予定されている。

 2020年9月にプロトタイプが公開されてからというもの、そのデザインについて何かと話題になっている。「当時と安全基準が違う中でよくここまで初代に似せてくれた」という声もあれば、「どうせ似せるならもっと徹底的に似せてほしかった」という声もある。

 新型フェアレディZのデザインについて清水草一氏に考察してもらった。

文/清水草一、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】Zらしい、Zらしくない、自分ならこうする etc……新型フェアレディZのデザインを考える


■このデザイン、Zらしい? それともZっぽくない?

2021年8月、新型フェアレディZが正式発表された。プロトタイプと大きく変わった部分は見つけられなかった。このデザイン、あなたならどう見る?

 8月18日、リモートにて、新型フェアレディZが正式発表された。日本での発売は今冬とのことだ。

 リモート発表なので、当然実車は見ていないが、昨年発表されたプロトタイプから変更された部分は、特に見つけられなかった。あったとしても間違い探しレベルの小さなもので、フォルム全体の印象は変わらないだろう。

 で、どうだろう、このデザイン?

 世界中で、飛ばせる場所はサーキットくらいになり、スピードが一種「空想上のもの」になりつつある現在において、スポーツカーはデザインが命。次に操作感とかそういう感性的な部分ではなかろうか。

 加えて伝統や歴史などのステイタス性だ。スーパースポーツカーの場合はステイタス性の比重が極端に高くなるが、Zくらいのスポーツカーは、見た目が一番重要だと考えている。

 で、その見た目は、新しさよりもクラシカルであることに価値がある。Zのような歴史あるスポーツカーならなおさらのこと。なにしろスポーツカーには未来がない。少なくとも見えないのだから、見るなら後ろ(過去)しかない。

 そういう意味で新型Zは、明確に回顧的なデザインになっている。シャシーベースは先代のキャリーオーバーなので、プロポーションそのものは先代から大きく変わっていないが、フロントオーバーハングの延長でロングノーズ感を演出し、ディテールは最大限、初代や歴代Zの雰囲気を出そうと努力している。

■スポーツカーは過去にしか向かいようがない

初代と並べてみると、似ているところ、違うところがよくわかる。スポーツカーの未来は不透明で、未来的デザインなど探りようがない。だから過去へと向かうのだ

 昨年、プロトタイプが公開された時は、クルマ好きの間では肯定派と否定派が拮抗していたように感じる。

 肯定派の意見は「初代やZ32のイメージがあってカッコイイ!」といったもので、否定派の意見は「初代っぽくしてるけど、これは違う!」といったもの。

 つまり、肯定派は「初代っぽいから好き!」で、否定派は「初代っぽさが足りない!」。

 「ぜんぜん新しいZにすべきだった」という意見は、私の知る限り皆無だった。まさに、スポーツカーが向かうべきは過去なのである。

 で、改めて新型Zの写真を眺めてみて、どうだろう。

 今回公開された写真はブルー。マンガ『湾岸ミッドナイト』に登場する悪魔のZはミッドナイトブルーだが、それを彷彿とさせるような濃いブルーだった。

 昨年公開されたプロトタイプはイエローで、日本でのZのイメージからすると、ちょっとカジュアルでフレンドリーすぎる面もあった。ボディカラーが濃いブルーになっただけで、ずいぶんとZらしく見えるようになったのではないだろうか。これが白や黒なら、さらにZっぽさが増すかもしれない。

 日本のクルマ好きの評価も、上昇傾向にあるのではないだろうか。

 私は昨年のプロトの段階で、「期待をはるかに上回るカッコよさ!」と思った。それはつまり、期待以上に初代のイメージに近く、完成度も高かったという意味である。

 が、否定派の意見は、「直6じゃなくV6搭載なのでノーズの長さが足りない」というのと、「フロントフェイスがマヌケすぎる」というのが2大勢力だった。

次ページは : ■直6回帰に舵を切れるのは一部メーカーのみ

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ