先進安全装備と「マニュアル車」の相性がよくない事情

先進安全装備と「マニュアル車」の相性がよくない事情

 最近では標準装備が当たり前になってきている衝突被害軽減ブレーキ。しかし、7月に正式発表されたスバル新型BRZはニューモデルでありながら、マニュアルトランスミッション(MT)車のほうには衝突被害軽減ブレーキであるアイサイトの設定はない……。

 トヨタのカローラスポーツなど、他メーカーではMT車でも衝突被害軽減ブレーキが用意されている車種がある。そんななかで、BRZは新型車でも自動ブレーキを採用しないということは、アイサイトをはじめとした先進安全装備とMT車は何か相性がよくない理由があるということなのか?

 衝突被害軽減ブレーキがMT車には採用されないケースがある事情について、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/スバル、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】6速MT車にも先進安全装備は必要!! 自動ブレーキを装備した日本のMT車を写真でチェック!!


■6速AT車に装備されるアイサイトだが6速MT車には設定なし

 2021年7月に、新型BRZの概要が明らかになった。新型の注目点として、衝突被害軽減ブレーキを作動できるアイサイトコアテクノロジーの採用が挙げられるが、装着しているのは6速ATのみだ。6速MTについては、新型でもアイサイトを装着できない。

7月29日発表された新型BRZは、AT車にはアイサイトが標準装備されたが、6速MTには自動ブレーキも装備されていない
7月29日発表された新型BRZは、AT車にはアイサイトが標準装備されたが、6速MTには自動ブレーキも装備されていない

 スバルでは従来型のWRX STI、あるいは先代フォレスターなどにも6速MTを用意したが、アイサイトは装着されなかった。

 スバルは2個のカメラセンサーを備えるアイサイトを2008年から採用しており、衝突被害軽減ブレーキの分野では長い実績がある。それなのに6速MTに用意されない理由は何か。開発者に尋ねると、以下のように返答された。

 「アイサイトの装着には、各車両に合わせた綿密な開発とセッティングが必要だ。そしてアイサイトを実用化した後のスバル車では、AT(CVT)車の販売台数が圧倒的に多い。6速MTは一部の車種に限られるから、アイサイトはAT専用になっている」。

 つまりアイサイトの装着には、車両との連携を保つために開発の手間が掛かり、販売台数の少ない6速MTは後まわしになっているわけだ。

 しかしBRZはスポーツカーだから、6速MTの販売比率が多い。先代BRZでは、国内販売総数の70%以上が6速MTであった。BRZについては「6速MTを搭載するのは一部の仕様だから、アイサイトをAT専用にした」とはいえない。

新型BRZのAT車には歩行者などにも対応する最新のアイサイトを搭載。これによりプリクラッシュブレーキと全車速追従機能付クルーズコントロールを備える
新型BRZのAT車には歩行者などにも対応する最新のアイサイトを搭載。これによりプリクラッシュブレーキと全車速追従機能付クルーズコントロールを備える

 また衝突被害軽減ブレーキは、人の命や健康に影響を与える安全装備だから、根本的な開発姿勢としてすべての車種に装着すべきだ。販売台数が少ないとか、MT車のユーザーは運転が上手だから不要といった考え方は成り立たない。

次ページは : ■スバルがMT車に衝突被害軽減ブレーキを採用しない理由はエンスト?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ