日本が世界に誇る至宝!! マツダロードスターの33年を開発前夜から振り返る

日本が世界に誇る至宝!! マツダロードスターの33年を開発前夜から振り返る

 マツダが1989年9月に送り込んだ『ユーノスロードスター』は、ライトウェイト2シーターオープンスポーツという、古典的コンセプトながら、4世代、33年の絶え間ない熟成によって、まさに”至宝”と呼ぶにふさわしい一台へと昇華した。

 ここでは、その物語を紹介していきたい。

※本稿は2022年4月のものです。
文/片岡英明
写真/ベストカー編集部、マツダ
初出:『ベストカー』2022年5月10日号


【画像ギャラリー】デビューから33年 歴代マツダロードスターを写真で振り返る(7枚)画像ギャラリー

■33年間に4代のロードスターが登場

 多くの人が一度は憧れるのが爽快な運転を楽しめるオープンカーだ。マニアにとっては後輪駆動が理想だろう。FR方式のスポーツカーは意のままの気持ちいい走りを存分に楽しめる。また、設計陣からの語りかけも濃密だ。その筆頭といえばマツダの「ロードスター」だろう。

 初登場から33年の間に4代のロードスターが登場した。いずれも魅力的だが、多くの人が最高の傑作と称賛し、強いインパクトを与えたのはユーノスチャンネルから送り出された初代のNA型ロードスターだ。

 1989年夏にセンセーショナルなデビューを飾ったが、誕生までに多くのハードルがあり、苦難を乗り越えての正式発表だった。

■初代は走って楽しい軽量なFRオープンを前提に開発

 スポーツモデルをDNAと考えるマツダは、何度もスポーツカーの先行開発を行っている。1980年代前半にはライトウェイトスポーツカーの構想が浮上し、リサーチが進められた。そして1986年2月の経営会議においてスポーツカー開発が正式に承認されるのである。

 この魅力的な新型車プロジェクトに心を動かされ、開発推進本部の主査に手を挙げたのが平井敏彦さんだ。

  主査に抜擢された平井さんは、人馬一体、バイク感覚の楽しいライトウエイト・オープンスポーツを開発しようと意気込んだ。

 だが、企画設計から「量産車の開発に忙しくて人員を割けない」と冷たく言われ、企画グループからは「非力なスポーツカーは売れないから白紙にもどせ」と突き上げを食らっている。副社長からは「ロータリーエンジンを積め」とも言われた。

 速いか遅いかではなく、走らせて楽しい、という点が大事だと平井敏彦さんは考えている。また、大胆な発想で、クルマ好きの夢を具現化してくれるスポーツカーでないと売れない、とも思っていた。だからクルマ好きであり、割り切った考え方ができるエンジニアを部下に選んだ。

 空白となっている古典的な後輪駆動のFR車とし、運転する楽しさを前面に押し出している。もちろん、最初からソフトトップ装備の軽量なオープンカーしか考えていなかった。

 だが、最大マーケットのアメリカは、その当時、世界一厳しい安全基準を設けている。米国連邦自動車安全基準は、衝突時だけでなく横転した時の安全性についても厳格だ。が、細かく調査すると例外規定があったのでフルオープン化が実現できた。

 ボディはモノコック構造を採用するが、駆動系の周囲にはパワープラントフレームを採用してオープンカーの弱点だった剛性を高めている。

 サスペンションは、軽快なハンドリングを実現するために4輪とも対地キャンバー変化の少ないダブルウイッシュボーンとしている。また、2名乗車時に50対50の前後重量配分になり、ヨー慣性モーメントを低減できるように設計した。

 ブレーキはフロントにベンチレーテッドディスクを装備した4輪ディスクだ。

初代NA型/「ユーノス ロードスター」名で誕生した初代モデル。大ヒットとなり、海外にも影響を与えた名車
初代NA型/「ユーノス ロードスター」名で誕生した初代モデル。大ヒットとなり、海外にも影響を与えた名車

次ページは : ■搭載エンジンについて社内ではロータリーという意見も……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ