シエンタとフリードの争い激化から考える「かつてのストリームとウィッシュ、その凄まじき戦い」

シエンタとフリードの争い激化から考える「かつてのストリームとウイッシュ、その凄まじき戦い」

 今夏にいよいよトヨタの5ナンバーサイズミニバン、シエンタがフルモデルチェンジを迎える。対するライバルのホンダフリードは新型が今年中にワールドプレミアされ、2023年初頭から発売されるとみられている。

 そんなトヨタとホンダの5ナンバーサイズミニバンでの争いと言えば、かつての初代ウィッシュと初代&2代目ストリームの仁義なき戦いを思い起こさせる。初代ストリームは7代目シビックをベースにこの市場を開拓した先駆者だったが、初代イストをベースにトヨタは初代ウィッシュで対抗。瞬く間にストリームからこのカテゴリーで盟主の座を奪い取ったのだった。

 その後、ホンダは初代ストリームの2003年のマイチェンで「ポリシーはあるか?」と痛烈なキャッチを掲げてスポーティなアブソルートグレードを設定してトヨタをけん制し、2代目ストリームへのFMCにつなげていくのだが、当時の熱気について初代ストリームLPL&2代目ストリームのRADを務めた藤原裕氏に語ってもらおう。

文/藤原 裕写真/ホンダ、ベストカー編集部

初代ストリームLPL(開発主査)、2代目ストリームRAD(商品統括責任者)を務めた藤原 裕氏
【画像ギャラリー】革新的ミニバンとして大ヒット!! 2代目で熟成もはかなく散ったホンダ ストリームを写真でチェック!!(39枚)画像ギャラリー

■初代ストリームはあのトヨタの開発ドライバー、成瀬氏曰く「素晴らしいクルマだ」

 2000年10月26日、初代ストリームは、「新価値7シーター」のコンセプトで、21世紀に向けた7名乗車のクルマとしての新潮流の創造を目指して「新世紀を予感させる先進スタイル」、「パーソナルでも楽しめるスポーティな走り」、「快適で洗練された革新ミニバン空間」の3つのテーマで開発し、発表した。

2000年10月にデビューした初代ストリーム。ボディサイズは全長4550×全幅1695×全高1590mm、発売から10カ月で累計販売台数10万台を超える大ヒットとなった

 今でも、思い出される話だが、ストリーム発表直後、COTYのカーオブザイヤー選考前夜祭の時、当時のトヨタの開発ドライバーのトップガン、成瀬弘さん(豊田章男さんのドライバー指導者)と初対面だったのだが、その成瀬さんから、「素晴らしいクルマだ」と言われた。たぶん、ストリーム発表後、トヨタは、ストリームを徹底分析していたのだろう。おかげさまで、その年の「カーオブザイヤー」に選出された。

 ストリーム開発は、新型シビックの革新プラットフォームと2L新規パワートレーンの素材があったので、私はそれをベースに日本だけではなく、世界で羽ばたけるクルマを目指した。クルマの走行性能を上げるには、欧州市場をモノにすることが重要であると考えた。

■ホンダ鷹栖テストコースで磨き上げたストリーム

 1998年、フランスでのFIFAワールドカップサッカーの決勝戦で、フランスが優勝した時、ストリームの企画市場調査をしていたのだが、アウトバーンでの走行性能を体感し、ストリームの動的性能のメルクマークとなった。

 ニュルブルクリンクサーキットを模したホンダ鷹栖テストコース(北海道)で、ストリームの動的性能を磨き上げた。ストリーム発表の事前試乗イベントをこの鷹栖テストコースで実施したのだが、ガンさん(黒澤元治さん)がドライバーで、大人6名乗車のストリームをスポーツカーの如く、楽しく乗り回していただいた。

 その結果、欧州でも販売し、オペル「ザフィーラ」に対抗するクルマになった。

 このように、ストリームはホンダが得意とする走行性能を特化させて、それまでのミニバンにはないレベルの箱運び感のない動的性能を具体化した。この性能は、2代目もさらに進化させた。

次ページは : ■ウィッシュに触発されてこだわりぬいた2代目ストリーム