やっぱり高齢者ほど踏み間違えやすい!!? ITARDAの最新データから見る踏み間違い死亡事故の現状

やっぱり高齢者ほど踏み間違えやすい!!? ITARDAの最新データから見る踏み間違い死亡事故の現状

 ITARDA(公益財団法人 交通事故総合分析センター)が「ペダル踏み間違いによる事故 ~事故統計分析から多重衝突の実相に迫る~」というデータを発表した。

 内容としては、2018~2020年に発生した死亡事故のデータから、ペダル踏み間違いによる事故がどの年齢に多いのかや、対車両・単独・対人というケース別にみる死亡事故が発生しやすい操作やその構成率の分析を行っている。

 データによると、ペダル踏み間違いによる死亡事故は75歳以上が最も多く、次いで65~74歳となっている。またペダル踏み間違いによる事故(死んではいない)は、車両単独と人対車両という項目でやはり75歳以上が最も多く、次いで65~74歳となっていた。

 今回はこのデータを参考に、高齢者の踏み間違い事故はなぜ多いのかや、その要因について考察していきたい。

文/高根英幸
写真/AdobeStock(トップ写真=buritora@AdobeStock)
出典/ITARDA、IRTAD

【画像ギャラリー】最新データから見る踏み間違い事故の現状と高齢者の踏み間違い事故の要因(7枚)画像ギャラリー

■誰にでも起こりうる事故だが、やはり多い高齢者の比率

日本国内だけで毎日平均1000件前後の交通事故が起きている。なかでも気になるのは高齢ドライバーによるペダル踏み間違いが原因の事故だ(naka@AdobeStock)
日本国内だけで毎日平均1000件前後の交通事故が起きている。なかでも気になるのは高齢ドライバーによるペダル踏み間違いが原因の事故だ(naka@AdobeStock)

 連日報道されるウクライナ危機によってその他のニュースの注目度が低下しているかもしれないが、交通事故は平均すると日本国内だけで毎日1000件前後は起こっている。なかでも気になるのは、やはり高齢ドライバーによるペダル踏み間違いが原因の交通事故だ。

 報道されているから目立つのではとか、若年層でもペダル踏み間違いは多い、など高齢ドライバーの運転ミスが原因ではないとする意見もあるが、深く調べてみればまた違う考え方に辿り着くこともある。

 高齢者の比率が上昇していることも影響しているのだから、交通事故においても自然に高齢ドライバーの比率が上がる、というのは当然のことだ。

 しかしペダル踏み間違い、という原因について注目すれば、それは自然増だけではないことはデータが証明している。なぜならペダル踏み間違いによる死傷事故自体は、2010年から2019年の10年で4割も減少しているからだ。

 そういった意味では報道による注目度上昇が、高齢ドライバー=踏み間違い事故を起こすという印象操作をしている感も否めなくはないが、交通事故が減少している中で高齢ドライバーの比率が大きく上昇しているのだから、高齢ドライバーの特性の何かが関係していることは間違いない。

 確かに若年層ドライバーでもペダル踏み間違いは起こるし、それによって事故を起こしてしまうことはある。ところが若年層では重大事故につながる確率は高齢ドライバーに比べてずっと低いのだ。

ペダル踏み間違い事故の運転者年齢層分布(死亡・重傷 出典:ITARDA)
ペダル踏み間違い事故の運転者年齢層分布(死亡・重傷 出典:ITARDA)

 高齢者の特徴として、最初に踏み間違いなど操作ミスをしたことによってパニックになり、さらにアクセルを強く踏み続けてしまうことで、重大な事故になってしまうためだ。若年層は踏み間違いに気付けば、即座にペダルを踏み替え、例え衝突事故を起こしても軽傷で済む確率がずっと高いのである。

 これは脳の老化が影響している、という分析もある。脳の各機能において、行動を抑制させるのは大脳皮質の前頭葉という部分で、ペダルを踏み込む運動を司るのは、脳の中でも原始的な小脳と呼ばれる部分だ。しかし人間の脳は前頭葉のほうが先に老化していくため、行動を抑制することが難しくなってくるらしい。

 大脳皮質の老化によって前頭葉の機能が低下してしまうと、ペダルを踏み込む動作はできても、調整したり、踏み込むのを止めるという抑制は効きにくくなってしまうのだ。単にパニックになって緊張することで身体が硬直してしまって踏み続ける、というだけではないのである。

 だから年を取ると怒りっぽくなったり、1つのことしか見えなくなったりと行動の抑制が難しくなったりすることも多いらしい。

次ページは : ■ITARDAのデータから見えるペダル踏み間違い事故の実態

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ